お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2018-07-20
10:30
奈良 やまと会議室 擬似乱数系列を用いたビット置換符号化変調に対するシェーピング
由利昌司柴田 凌細谷 剛八嶋弘幸東京理科大IT2018-20
本研究では,擬似乱数系列を用いたビット置換符号化変調に対するシェーピング手法の提案を行う.提案法では,符号化器に入力され... [more] IT2018-20
pp.45-50
IT 2016-09-02
09:35
佐賀 ニューハートピア ビット置換符号化変調に対するパイロットビットを用いたシェーピング手法の提案
谷口裕暉細谷 剛八嶋弘幸東京理科大IT2016-34
本研究ではビット置換符号化変調(BICM:bit-interleaved coded modulation)に対して,パ... [more] IT2016-34
pp.1-6
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-08-01
10:25
京都 京都テルサ ビットインターリーブを用いたSpinal符号に関する一検討
尾形 駿石橋功至電通大RCS2014-127
本稿では新しいレートレス符号であるSpinal符号のビット誤り率特性を解析し,Spinal符号化器の問題点を明らかにする... [more] RCS2014-127
pp.203-208
IT 2014-05-16
14:50
大分 別府国際コンベンションセンター 空間結合に基づく反復通信路推定の性能改善
堀尾修平・○竹内啓悟電通大IT2014-8
反復通信路推定・復号の性能を改善することを目的として,空間結合ビットインターリーブ符号化変調(BICM)方式を提案する.... [more] IT2014-8
pp.37-42
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会