お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2019-07-26
10:30
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 f分離可能Bregman歪み尺度における推定方程式の不偏性と推定量の性質
小林真佐大渡辺一帆豊橋技科大IT2019-22
本研究では,単調増加関数$f$とブレグマンダイバージェンスを用いた目的関数のクラスにおける推定方程式の不偏性について議論... [more] IT2019-22
pp.37-42
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]f平均によるディリクレ過程平均法の一般化と影響関数の解析
小林真佐大渡辺一帆豊橋技科大IBISML2018-50
ディリクレ過程平均法はクラスタリングの代表的手法である$K$-平均法を拡張した手法であり,クラスタ数をデータから推定する... [more] IBISML2018-50
pp.45-52
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]ブレグマン単調作用素分解とその応用事例について
丹羽健太NTT)・バスティアン クラインヴィクトリア大ウェリントンIBISML2018-80
単調作用素分解(MOS)は,2種類の凸関数の和で構成されたコストの最適化問題に対して,並列処理するための強力な理論体系で... [more] IBISML2018-80
pp.271-278
IT 2016-12-13
15:50
岐阜 高山グリーンホテル [招待講演]Bregman Divergence and its Applications
Takafumi KanamoriNagoya Univ.IT2016-44
 [more] IT2016-44
pp.15-20
PRMU 2013-12-12
15:50
三重 三重大学 Bregman Divergence Regularized Machineによる酵素活性部位予測
レラトー レイサ・○加藤 毅群馬大)・長野希美産総研PRMU2013-78
酵素に分類されるタンパク質は活性部位と呼ばれる
局所的な部位のみによって機能を果たすため,
同じ機能を持つ酵素を見つ... [more]
PRMU2013-78
pp.61-66
IBISML 2012-06-19
11:00
京都 京都キャンパスプラザ 劣モジュラ制約下におけるオンライン予測
末廣大貴畑埜晃平来嶋秀治瀧本英二九大)・永野清仁東大IBISML2012-3
 [more] IBISML2012-3
pp.15-22
NC 2011-07-25
13:45
兵庫 神戸大学大学院工学研究科 ブレグマン情報量を用いたベイズ学習の局所変分近似
渡辺一帆奈良先端大)・岡田真人東大)・池田和司奈良先端大NC2011-25
局所変分法はベイズ学習において事後分布を近似する一つの手法として用いられている.局所変分法では,計算困難な周辺尤度に対す... [more] NC2011-25
pp.25-30
IBISML 2010-11-04
15:00
東京 東大生産研 [ポスター講演]ブレグマン距離を用いた密度比推定の統一的枠組み
杉山 将東工大)・鈴木大慈東大)・金森敬文名大IBISML2010-64
(事前公開アブストラクト) Estimation of the ratio of probability densiti... [more] IBISML2010-64
pp.33-44
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会