お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2021-12-16
10:45
ONLINE オンライン開催 多次元系列データにおける変化点検出のための選択的推論
杉山諒太戸田博己名工大)・Vo Nguyen Le Duy名工大/理研)・稲津 佑名工大)・竹内一郎名工大/理研PRMU2021-28
多次元系列データにおいて平均構造の変化を検出することは重要な課題である.このとき,全ての系列で変化が起きることは稀である... [more] PRMU2021-28
pp.25-30
IBISML 2021-03-03
15:15
ONLINE オンライン開催 多次元系列データの変化点検出のための選択的推論
杉山諒太戸田博己Vo Nguyen Le Duy稲津 佑名工大)・竹内一郎名工大/理研IBISML2020-51
多次元系列データにおいて平均構造に注目して変化を検出することは重要な課題である.このとき,すべての系列で同様の変化が起き... [more] IBISML2020-51
pp.63-70
R 2019-10-25
14:00
長崎 福江文化会館 ソフトウェア信頼性評価のためのマルチブルチェンジポイントモデル
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2019-38
複数回のチェンジポイントを考慮したマルコフ型不完全デバッグモデルについて議論する.チェンジポイントとは,ソフトウェア信頼... [more] R2019-38
pp.1-6
CQ 2018-05-31
14:00
千葉 千葉大学西千葉キャンパス アカデミック・リンク・センター ヘテロジニアスネットワークにおける変化点検出を用いた基地局動的切替手法
松山瑛吾松田崇弘滝根哲哉阪大CQ2018-18
無線アクセスネットワークでは,周波数利用効率や消費電力効率の向上のため,通信範囲の大きな基地局 (macro base ... [more] CQ2018-18
pp.1-6
MSS, NLP
(併催)
2018-03-13
14:15
大阪 大阪大学豊中キャンパス 多変数非線形時系列データの変化点の検出
小寺 怜中村知道兵庫県立大NLP2017-108
世の中の現象の多くは,時間と共に不規則な変動をしている.
それらの不規則な変動に何らかの相関構造があるとき,それらは何... [more]
NLP2017-108
pp.37-42
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-06
15:05
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 モバイルネットワークにおける変化点予測手法の一検討
和田真弥湯 聿津KDDI総合研究所)・松田崇弘阪大)・泉川晴紀小野智弘KDDI総合研究所)・滝根哲哉阪大CQ2016-118
モバイルネットワークのトラヒックは通信の利用場所や利用状況変化によって時間的・空間的に大きく変動する場合があり,通信品質... [more] CQ2016-118
pp.43-47
CQ 2017-01-20
16:25
大阪 大阪大学中之島センター モバイルアクセストラヒックの時間・空間変動と部分空間追跡法を用いた変化点検出手法についての一検討
松田崇弘平原千里阪大)・廣田祐生KDDI)・泉川晴紀花野博司小野智弘KDDI総合研究所)・滝根哲哉阪大CQ2016-110
モバイルアクセスネットワークのトラヒックは時間的・空間的に大きく変動する場合があり,トラヒックの効率的な計測はネットワー... [more] CQ2016-110
pp.115-120
R 2016-07-29
13:30
北海道 小樽経済センター(4階Aホール) チェンジポイントを考慮したハザードレートモデルに基づく最適リリース問題に関する考察
井上真二山田 茂鳥取大R2016-13
ソフトウェアのテスト工程では,フォールトターゲットの変更やモジュール間のフォールト混入率の違い等により,ソフトウェア故障... [more] R2016-13
pp.1-6
AI 2015-12-04
15:15
福岡 九州工業大学サテライト福岡天神 時系列データにおける顕在的構造変化検知
春日瑛大澤幸生東大)・吉野貴晶蘆田峻一大和証券AI2015-21
近年,異常検知に関する技術がリスク回避やセキュリティ対策,行動分析などを目的として多方面での実務において着目されている.... [more] AI2015-21
pp.51-55
R 2014-05-23
16:20
愛知 金城学院大学 ソフトウェア信頼性評価のための初期潜在フォールト数の切断分布に基づいたチェンジポイントモデルに関する一考察
井上真二山田 茂鳥取大R2014-7
本研究では,ソフトウェアテスト期間中における環境の変化を考慮したソフトウェア信頼度成長モデル(チェンジポイントモデル)に... [more] R2014-7
pp.35-40
R 2013-05-17
13:35
広島 グリーンヒルホテル尾道 ソフトウェア信頼性モデルにおけるチェンジポイントの検出と信頼性評価への適用
井上真二林田志保山田 茂鳥取大R2013-7
観測されるソフトウェア故障発生現象を把握しながら定量的なソフトウェア信頼性評価を実現する上で,ソフトウェアハザードレート... [more] R2013-7
pp.37-42
IBISML 2011-11-10
15:45
奈良 奈良女子大学 Change-Point Detection in Time-Series Data by Relative Density-Ratio Estimation
Song LiuMakoto YamadaMasashi SugiyamaTokyo Inst. of Tech.IBISML2011-70
The objective of change-point detection is to discover abrup... [more] IBISML2011-70
pp.187-198
R 2011-10-21
15:05
福岡 九州大学箱崎キャンパス(福岡市) 複数回のチェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価に関する一考察
井上真二山田 茂鳥取大R2011-30
従来のソフトウェア信頼度成長モデルの構築枠組みでは,ソフトウェア故障発生現象やソフトウェアフォールト発見事象に関する確率... [more] R2011-30
pp.17-22
IBISML 2011-03-29
11:40
大阪 阪大中之島センター リンクの確率構造を用いたソーシャルネットワークにおける話題拡大検出
高橋俊允冨岡亮太山西健司東大IBISML2010-128
拡大しつつある話題のリアルタイムな検出は,ソーシャルネットワーキングサービスの普及などによる,リアルタイムなコミュニケー... [more] IBISML2010-128
pp.169-176
NLP 2009-11-11
11:30
鹿児島 屋久島環境文化村センター リカレンスプロットを用いた変化点検出手法の提案
岩山幸治平田祥人合原一幸鈴木秀幸東大NLP2009-87
近年,多くの非線形時系列解析手法が提案されてきた.しかしながら,その中には時系列の定常性を仮定したものがあり,そうした手... [more] NLP2009-87
pp.31-34
R 2007-05-18
16:00
広島 広島大学 チェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価法に関する一考察
井上真二山田 茂鳥取大R2007-12
これまでに提案されているソフトウェア信頼度成長モデルのほとんどは,ソフトウェア故障発生現象の確率的性質がテスト期間中を通... [more] R2007-12
pp.25-30
IN, MoNA
(併催)
2006-11-16
12:50
熊本 熊本大学 同時多発する未知イベントに対する情報集約による偽陽性アラート排除検知方法の性能評価
村瀬 勉NEC)・福島行信岡山大)・小林正好NEC)・○藤原弘輝横平徳美岡山大IN2006-93
未知のウィルス・ワームの攻撃・感染の検知方法として、攻撃行動・感染行動に起因する変化点検出を利用する方法が有望視されてい... [more] IN2006-93
pp.25-30
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会