お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2022-03-08
14:55
京都 京都大学 吉田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パブリックブロックチェーンの電力消費と環境負荷低減策の考察
金子雄介日本総研SITE2021-60 IA2021-73
暗号資産・デジタル証券・NFTの構成要素であるパブリックブロックチェーンは,PoW(Proof-of-work)の作業量... [more] SITE2021-60 IA2021-73
pp.83-88
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
14:25
ONLINE オンライン開催 暗号ハッシュ関数を利用した仮想通貨採掘の時間分散に対する計算機実験評価
池辺 慶櫻井幸一九大ISEC2021-36 SITE2021-30 BioX2021-37 HWS2021-36 ICSS2021-41 EMM2021-41
仮想通貨は取引を行う際にマイニングという,計算困難な問題の解の探索を行っている.探索の性質上,マイニングにかかる時間には... [more] ISEC2021-36 SITE2021-30 BioX2021-37 HWS2021-36 ICSS2021-41 EMM2021-41
pp.161-166
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-10
11:55
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
暗号通貨MoneroへのKleptographic攻撃に関する考察
南 翔西出隆志筑波大IT2019-91 ISEC2019-87 WBS2019-40
Kleptographic攻撃とは,攻撃対象の暗号・署名システムに攻撃者の公開鍵を埋め込み,さらにその暗号・署名システム... [more] IT2019-91 ISEC2019-87 WBS2019-40
pp.7-14
NS, IN
(併催)
2020-03-05
11:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
Proof-of-Stakeブロックチェーンの中央集権化へのコイン年齢の影響
高山 柊永山流之介大月 魁首藤一幸東工大NS2019-207
ブロックチェーン技術で採用される合意プロトコルの一種にProof-of-Stakeがある.Proof-of-Stakeを... [more] NS2019-207
pp.175-178
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
11:40
東京 電気通信大学 国内外の仮想通貨取引所の実態調査(2)
藤谷知季面 和成筑波大IT2018-107 ISEC2018-113 WBS2018-108
Coincheck社におけるNEMの大量流出やテックビューロ社における複数の仮想通貨(暗号資産)の大量流出を契機に,仮想... [more] IT2018-107 ISEC2018-113 WBS2018-108
pp.193-200
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-25
16:15
北海道 札幌コンベンションセンター 利息を記録可能な仮想通貨管理プログラムの設計
金子雄介三井住友フィナンシャルグループ/日本総研)・長田繁幸日本総研)・安土茂亨ハウインターナショナル)・岡田仁志NII)・山崎重一郎近畿大ISEC2018-27 SITE2018-19 HWS2018-24 ICSS2018-30 EMM2018-26
ブロックチェーン技術による分散台帳を利用する仮想通貨は,二重使用を防止するために,すべての取引で入金額の和と出金額の和が... [more] ISEC2018-27 SITE2018-19 HWS2018-24 ICSS2018-30 EMM2018-26
pp.143-148
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
13:45
北海道 札幌コンベンションセンター 市販の暗号鍵管理デバイスに関する考察
磯部光平長谷川佳祐伊藤忠彦セコムISEC2018-40 SITE2018-32 HWS2018-37 ICSS2018-43 EMM2018-39
暗号鍵管理デバイスは、暗号技術を安全に利用するために広く使われてきた。昨今では、エンドユーザ自身が市販されている暗号鍵管... [more] ISEC2018-40 SITE2018-32 HWS2018-37 ICSS2018-43 EMM2018-39
pp.327-332
ISEC 2018-05-16
14:00
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス ダークネット観測情報を用いた仮想通貨ネットワークの分析
今村光良筑波大/野村アセットマネジメント)・面 和成筑波大ISEC2018-6
ビットコインをはじめとする仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる分散台帳を基盤としたP2P型のネットワークシステムである。... [more] ISEC2018-6
pp.29-34
ISEC 2018-05-16
14:25
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス コインチェック事件における流出NEMの追跡に関する実態調査
佐藤哲平筑波大)・今村光良筑波大/野村アセットマネジメント)・面 和成筑波大ISEC2018-7
CoinCheck 社より大量のNEMが流出した事件を受け,有志により,流出先を識別するための目印としてモザイクを用いた... [more] ISEC2018-7
pp.35-41
ISEC 2018-05-16
14:50
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 国内外の仮想通貨取引所の実態調査
藤谷知季筑波大)・今村光良筑波大/野村アセットマネジメント)・面 和成筑波大ISEC2018-8
coincheck 社における NEM コインの大量流出を契機に,取引所が抱える問題が取り上げられた.仮想通貨の取引所に... [more] ISEC2018-8
pp.43-49
IN 2016-01-21
16:50
愛知 名古屋企業福祉会館 [招待講演]ブロックチェーン技術とその可能性
藤村 滋渡邊大喜大橋盛徳中平 篤宮崎泰彦丸山剛一阿久津明人NTT)・岸上順一室蘭工大IN2015-101
ブロックチェーン技術は仮想通貨bitcoinの中核技術であり,中央集権的な機構を想定しない分散環境においても,データの一... [more] IN2015-101
pp.35-40
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会