お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
10:00
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) DNS Cookieの普及・運用状況の実態調査と今後の展望
矢島雅紀早大)・千葉大紀NTT)・米谷嘉朗日本レジストリサービス)・森 達哉早大/NICTICSS2020-28
DNSキャッシュポイズニング攻撃が再び着目されている.
こうした攻撃への対策手法として,2016年に DNS Cook... [more]
ICSS2020-28
pp.13-18
IN, NS
(併催)
2011-03-04
08:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 署名検証処理に着目したDNSキャッシュサーバにおけるDNSSEC性能評価
池田祐次阪井勝彦宮尾 浩NTTIN2010-194
インターネットの重要な基盤技術の1つであるDNSは,偽装応答などの攻撃に対して脆弱であるため,その安全性が危惧されている... [more] IN2010-194
pp.301-306
IN 2010-06-04
11:40
秋田 秋田アトリオン DNSSEC本格運用に向けた検討と課題
岡本賢一郎山本直人久保 太浦賀雅博NTT西日本IN2010-21
DNSSEC はDNS 通信の完全性を保証する機能であり,1999 年にRFC として標準化された.そして,2008年に... [more] IN2010-21
pp.57-61
ICSS 2010-03-26
13:30
福岡 北九州市立大学 セキュアオーバレイネットワーク構築のための名前解決機構の提案
窪田 歩三宅 優KDDI研ICSS2009-62
オーバレイネットワーク技術の発展等によりパーソナルなネットワーク機器同士でのP2P型の通信が容易になるなかでセキュリティ... [more] ICSS2009-62
pp.1-6
IA 2009-09-25
11:00
東京 機械振興会館 DNSサーバでのIPv6逆引き自動生成について
藤原和典日本レジストリサービスIA2009-34
IPv4ではすべてのアドレスに逆引きを設定することが容易であり,実際に多く
のISPではユーザに割り当てられるアドレス... [more]
IA2009-34
pp.9-12
IN 2009-07-10
11:50
北海道 北海道大学 署名パターンに着目したDNSキャッシュサーバのDNSSEC性能評価
若杉泰輔副島裕司島村祐一岡 英一NTTIN2009-35
インターネットの重要な基盤システムであるDNSは偽装応答などの攻撃に対して脆弱であるため,セキュリティを向上させるDNS... [more] IN2009-35
pp.61-66
IN 2009-02-06
10:00
香川 香川大学 DNSキャッシュサーバにおけるDNSSEC性能評価
副島裕司若杉泰輔島村祐一平野 衡岡 英一NTTIN2008-128
インターネットの基盤となる重要なシステムであるDNSは偽装応答などの攻撃に対して脆弱であるため,セキュリティを向上させる... [more] IN2008-128
pp.37-42
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-21
13:50
岩手 岩手県立大学 シミュレーションによるDNSSECのUDPトラフィック解析
力武健次NICT)・中尾康二NICT/KDDI)・下條真司阪大)・野川裕紀東京医科歯科大
DNSSEC, an authentication method of DNS (Domain Name System)... [more] ISEC2005-22 SITE2005-20
pp.97-104
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会