お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2022-10-17
15:45
京都 京都テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]3次元空間における数量知覚
相田紗織山口大HIP2022-49
人間や動物は数量を見積もる能力を有している.数量知覚過程には,スービタイジング,数量推定,カウンティングという 3 種類... [more] HIP2022-49
pp.14-17
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-28
17:20
ONLINE オンライン開催 Reverspectiveを用いた奥行き手がかり間の相互作用についての研究
于 涵伊藤裕之九大HIP2021-77
Reverspectiveは、イギリスのアーティスト、Patrick Hughesが制作した一連の魅力的な絵画的作品群で... [more] HIP2021-77
pp.97-102
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-21
15:35
ONLINE オンライン開催 前景と不均等な遮蔽による奥行き知覚への影響
夏井伸隆名手久貴石川和夫東京工芸大
HMDなどを用いて2眼式立体画像を観察するとき,立体感の不自然さや違和感などの問題を生じる場合がある.本実験では,前景に... [more]
IMQ 2021-12-10
11:00
ONLINE オンライン開催 高精細画像提示時の眼球運動と水晶体屈折力の計測
黒木將太松本哲也名大)・竹内義則大同大)・○工藤博章名大IMQ2021-9
本研究では,解像度の異なる円柱画像を注視した際の奥行知覚の検討を行うために,眼球運動と水晶体屈折力を計測し,評価を行った... [more] IMQ2021-9
pp.1-4
HIP 2021-10-21
16:10
ONLINE オンライン開催 空間的に分布する視差情報の時間統合特性
原口史也久方瑠美金子寛彦東工大HIP2021-37
人間は、刺激入力に時間差が存在する情報をある時間的窓をもって統合し処理することができる。例えば、スリット視や分割された絵... [more] HIP2021-37
pp.40-43
ITE-HI, ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE, ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
16:50
北海道 北海道大学
(開催中止,技報発行あり)
立体視標が前景により両遮蔽、片遮蔽されるときの奥行き知覚
夏井伸隆名手久貴石川和夫東京工芸大
2眼式立体画像を撮影・観察するとき,不自然な立体感や立体像の違和感など問題が生じる場合がある.本実験では,前景によってオ... [more]
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
13:25
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]非常に小さな単眼運動視差により、数m以上の大きな奥行きを表現可能とする単眼DFD (Depth-fused 3D) 表示の奥行き知覚特性
岡本匡平水科晴樹陶山史朗徳島大
両眼では奥行き融合が困難な大きな奥行きを有するDFD (Depth-fused 3D) 表示でも,非常に小さな単眼運動視... [more]
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
13:30
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]Head Mounted Displayにより知覚される最大奥行きの拡張を目指して, 表示面までの距離を変化させた場合の奥行き知覚特性の評価
阿比子勇気陶山史朗水科晴樹徳島大
Head Mounted Displayにおける映像知覚時の最大奥行き拡張のため, 観察者とディスプレイまでの距離を光学... [more]
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-24
10:35
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [ポスター講演]Non-overlapped DFD (Depth-fused 3D)表示において、5 m以上から遠距離観察した場合の3D像の視域と融合可能領域
迎山誠志朗高野瑠衣水科晴樹陶山史朗徳島大
Non-overlapped DFD (Depth-fused 3D)表示における奥行き融合が可能な視域の拡大と遠距離観... [more]
HIP 2018-10-23
14:55
京都 京都テルサ 奥行き知覚におけるファミリアリティーの効果
根岸一平金沢工大)・Elizaveta MischenkoElena GorbunovaTadamasa SawadaHSE UniversityHIP2018-69
奥行き情報の手がかりとして両眼網膜像差や絵画的手がかりなどとともに物体に関するファミリアリティーを用いた距離推定がしばし... [more] HIP2018-69
pp.49-50
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター 再帰性反射材を用いたHUDのための両眼立体視に関する検討
松本愼太郎磯部良太澤邊太志神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATRIMQ2017-24 IE2017-116 MVE2017-66
HUDを用いたARによる情報呈示の提案が,自動車分野をはじめとして多くなされており,HUDが搭載された実用車も増え... [more] IMQ2017-24 IE2017-116 MVE2017-66
pp.1-4
HIP 2017-12-25
13:00
宮城 東北大学電気通信研究所 垂直大きさ視差の平均化処理において,要素群間の輝度差が傾き知覚に与える影響
宮西雄太久方瑠美金子寛彦東工大HIP2017-81
視野中の垂直大きさ視差(VSD: Vertical Size Disparity)は一定の範囲内で平均化処理され,奥行き... [more] HIP2017-81
pp.1-4
HIP 2017-03-09
14:45
大阪 脳情報通信融合研究センター [招待講演]脳機能イメージング法による3D視研究のバーチャルリアリティ技術への応用可能性
番 浩志NICT CiNet/阪大HIP2016-81
バーチャルリアリティ技術に代表される昨今の技術発展により、次世代の映像体験が現実のものとなりつつある。一方で、例えば、バ... [more] HIP2016-81
pp.37-42
HIP 2017-03-10
12:40
大阪 脳情報通信融合研究センター 3次元回転運動を伴う呈示が対象の評価及び脳活動に及ぼす影響
甲原春花井形元彦桂 信太郎繁桝博昭高知工科大HIP2016-88
画面上における商品の呈示手法として,商品を回転させることで3次元構造の知覚を可能にする手法が用いられるようになった.3D... [more] HIP2016-88
pp.79-83
HIP 2016-09-28
14:35
奈良 奈良春日野国際フォーラム 眼球運動から見たインテグラルホログラフィでの奥行き知覚
矢野澄男鈴木 真島根大)・Min-Chul ParkKISTHIP2016-57
カメラを用いた両眼眼球運動測定装置を試作し,測定した眼球運動量からインテグラルフォトグラフィによる3次元画像での奥行き距... [more] HIP2016-57
pp.71-76
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2015-12-01
14:45
宮城 東北大学電気通信研究所 [招待講演]ディスプレイの大きさが運動視差と大きさ手がかりによる奥行き知覚におよぼす効果
玉田靖明荒牧大希小澤勇太佐藤雅之北九州市大HIP2015-90
運動視差は有力な奥行きの手がかりであるが,運動視差による奥行き知覚には限界がある.大きな運動視差は,対象物体の運動知覚を... [more] HIP2015-90
pp.15-20
IMQ 2015-09-04
16:45
鹿児島 鹿児島大学工学部 三次元環境下において注意を必要とする複数移動物体の追跡 ~ 深オブジェクトに変更の初期設定の効果 ~
アニス ウル レーマン木原 健大塚作一鹿児島大IMQ2015-19
複数の移動物体の追跡についての我々の先行研究では、人間がターゲットまたはディストラクタの一つが3D環境下における奥行きを... [more] IMQ2015-19
pp.37-40
IMQ 2015-05-22
15:50
富山 富山大学 内視鏡‐超音波重畳画像の視認性及び奥行き知覚の検討
小熊 諒・○鈴木敏之中口俊哉千葉大IMQ2015-5
腹腔鏡下手術では術中に血管や病変部など臓器内部の情報を取得するため,ポートから挿入可能な超音波プローブが使用される.しか... [more] IMQ2015-5
pp.23-28
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2015-03-03
11:30
東京 成蹊大学 6号館6階 タブレット端末を用いたシースルービジョン時の運動視差が奥行き知覚に与える影響
河内 駿北原 格亀田能成大田友一筑波大IMQ2014-32 IE2014-93 MVE2014-80
本研究では,タブレット端末を用いたシースルービジョンにおいて,ユーザの奥行き知覚に運動視差が与える影響を解析する.シース... [more] IMQ2014-32 IE2014-93 MVE2014-80
pp.33-38
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催) ※学会内は併催
2014-12-01
14:00
宮城 東北大学電気通信研究所 ランダムドット面上における動的輝度変化領域の見かけの奥行き
安岡晶子石井雅博札幌市大HIP2014-68
運動情報と静止情報の異なる特性が併存することで,両領域の間に奥行き知覚が生じるかについて検討した.静止したドット図形の中... [more] HIP2014-68
pp.11-14
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会