お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2021-10-19
10:50
ONLINE オンライン開催 周波数・振幅・位相を制御した連続正弦波を用いた暗号モジュールへの故障注入に関する基礎検討
西山 輝藤本大介キム ヨンウ林 優一奈良先端大HWS2021-43 ICD2021-17
連続正弦波を用いた意図的な電磁妨害による故障注入手法は、機器への侵襲や改変を必要とせずに差分故障解析に利用可能な故障を暗... [more] HWS2021-43 ICD2021-17
pp.13-18
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
13:00
ONLINE オンライン開催 即時に故障検出可能な高効率AESハードウェアの検討
柳生佑介上野 嶺本間尚文東北大HWS2020-31 ICD2020-20
本稿では,即時に故障検出可能な高効率AESハードウェアアーキテクチャの設計について述べる.
提案アーキテクチャは,差分... [more]
HWS2020-31 ICD2020-20
pp.36-41
IT 2013-01-21
13:40
東京 電気通信大学 命令バイパスDFAを用いたCLEFIAの鍵導出法
伊藤宏樹吉川英機神永正博志子田有光東北学院大IT2012-53
差分故障解析(DFA)はハードウェアに対して, 外部から強制的に誤動作を発生させて,得られた異常暗号文と正常暗号文を利用... [more] IT2012-53
pp.25-30
OPE, OFT
(共催)
2012-03-02
10:55
東京 機械振興会館 パルス光ブリルアン利得解析によるスプリッタ下部測定技術
高橋 央ファン シンユウ古敷谷優介伊藤文彦NTTOFT2011-76 OPE2011-202
光アクセスネットワークの主形態のPONにおいて、故障位置探索のために所外スプリッタからお客様宅までのOTDR試験をする場... [more] OFT2011-76 OPE2011-202
pp.19-22
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
09:25
大阪 大阪大学 Triviumに対するセットアップタイミング違反にもとづく新しい故障差分攻撃
李 奇五味澤重友岩本 貢太田和夫崎山一男電通大IT2010-118 ISEC2010-122 WBS2010-97
本論文はストリーム暗号であるTrivium に対してセットアップタイム違反に基づく新しい故障差分解析(DFA)を報告する... [more] IT2010-118 ISEC2010-122 WBS2010-97
pp.333-339
NLP, CAS
(共催)
2004-09-13
15:15
京都 京大 桂キャンパス 直流送電を含む電力系統の不連続解に起因する過渡ダイナミクス
薄 良彦引原隆士京大)・Hsiao-Dong ChiangCornell Univ.
本報告では直流送電を含む電力系統の過渡ダイナミクス・安定性を検討する. 交直連系系統の過渡安定性を微分代数方程式(Dif... [more] CAS2004-25 NLP2004-37
pp.21-26
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会