お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-19
15:15
ONLINE オンライン開催 Reed-Muller符号を使用したFuzzy Extractorに対する差分電力解析によるPUFレスポンスの窃取
渡辺壮柾福田悠太大山達哉吉田康太藤野 毅立命館大ISEC2022-12 SITE2022-16 BioX2022-37 HWS2022-12 ICSS2022-20 EMM2022-20
IoT機器に固有の秘密鍵を生成するために,搭載されたPhysically Unclonable Function (PU... [more] ISEC2022-12 SITE2022-16 BioX2022-37 HWS2022-12 ICSS2022-20 EMM2022-20
pp.29-34
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
11:35
ONLINE オンライン開催 AES instructionを用いたラージブロック置換の改良とその応用
中橋元輝芝 廉太朗阪本光星Liu Fukang兵庫県立大)・伊藤竜馬NICT)・峯松一彦NEC)・五十部孝典兵庫県立大/NICT/JSTIT2021-115 ISEC2021-80 WBS2021-83 RCC2021-90
256 bitや512 bitのブロック長を持つラージブロック置換は,ハッシュ関数や置換ベースのスポンジ関数での利用の観... [more] IT2021-115 ISEC2021-80 WBS2021-83 RCC2021-90
pp.188-195
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
14:55
ONLINE オンライン開催 アンロールド実装されたAESハードウェア特有のサイドチャネル情報漏洩の評価
中嶋彩乃上野 嶺本間尚文東北大VLD2021-100 HWS2021-77
本稿では,アンロールド実装された AES ハードウェアの中間ラウンドから発生する特有のサイドチャネ
ル漏洩の評価につい... [more]
VLD2021-100 HWS2021-77
pp.135-140
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2021-10-19
10:50
ONLINE オンライン開催 周波数・振幅・位相を制御した連続正弦波を用いた暗号モジュールへの故障注入に関する基礎検討
西山 輝藤本大介キム ヨンウ林 優一奈良先端大HWS2021-43 ICD2021-17
連続正弦波を用いた意図的な電磁妨害による故障注入手法は、機器への侵襲や改変を必要とせずに差分故障解析に利用可能な故障を暗... [more] HWS2021-43 ICD2021-17
pp.13-18
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
14:50
ONLINE オンライン開催 ForkSkinnyに対するMILPを用いた差分パス探索
岡崎雅哉名大)・佐々木 悠NTT)・岩田 哲名大ISEC2021-35 SITE2021-29 BioX2021-36 HWS2021-35 ICSS2021-40 EMM2021-40
ForkSkinnyはTweakableブロック暗号SKINNYをもとに設計された共通鍵暗号技術であり,2つの暗号文ブロ... [more] ISEC2021-35 SITE2021-29 BioX2021-36 HWS2021-35 ICSS2021-40 EMM2021-40
pp.153-160
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-16
10:55
ONLINE オンライン開催 入力摂動により差分プライバシを満たす完全分散型機械学習の設計と評価
岡本将一佐藤光哉岩村惠市東京理科大SR2021-34
分散型機械学習が注目されている.これは,端末でのローカル学習と学習結果の共有を繰り返す学習方式であり,学習データを開示し... [more] SR2021-34
pp.67-72
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
13:00
ONLINE オンライン開催 即時に故障検出可能な高効率AESハードウェアの検討
柳生佑介上野 嶺本間尚文東北大HWS2020-31 ICD2020-20
本稿では,即時に故障検出可能な高効率AESハードウェアアーキテクチャの設計について述べる.
提案アーキテクチャは,差分... [more]
HWS2020-31 ICD2020-20
pp.36-41
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-11
09:30
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
KCipher-2に対する差分攻撃への耐性評価
寶木 仁阪本光星兵庫県立大)・峯松一彦NEC)・五十部孝典兵庫県立大/NICTIT2019-108 ISEC2019-104 WBS2019-57
本稿では, CYPTREC暗号リストの電子政府推奨暗号にストリーム暗号としては唯一選定されているKCipher-2の差分... [more] IT2019-108 ISEC2019-104 WBS2019-57
pp.121-126
EA, EMM
(共催)
2019-11-23
09:30
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス(野々市市) [招待講演]マルチメディア・コンテンツにおける音楽およびキャラクタ音声の感性工学的研究 ~ コンテンツ制作のための科学的設計指針づくり ~
山田真司金沢工大EA2019-63 EMM2019-91
著者は近年,アニメ,ゲームなどの映像と音楽,音声が組み合わされたマルチメディア・コンテンツに関する感性工学的研究を行って... [more] EA2019-63 EMM2019-91
pp.57-61
EMM, IT
(共催)
2019-05-24
13:30
北海道 旭川市国際会議場 ブロック暗号BIGの高階差分特性
芝山直喜航空自衛隊)・五十嵐保隆金子敏信東京理科大IT2019-12 EMM2019-12
BIGは2019年にDemeriらによって提案された128ビットブロック暗号であり,鍵長は128ビットである.なお,ラウ... [more] IT2019-12 EMM2019-12
pp.61-66
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
16:45
東京 電気通信大学 [招待講演]現代暗号研究の事始め ~ 1つのケーススタディ ~
太田和夫電通大IT2018-115 ISEC2018-121 WBS2018-116
フェロー受賞記念講演として、1983年3月に暗号研究をスタートしてから36年間の研究・教育経験を振り返って、皆さんに興味... [more] IT2018-115 ISEC2018-121 WBS2018-116
p.249
EMM, IT
(共催)
2017-05-22
16:00
山形 山形大学(米沢キャンパス) ブロック暗号Fewの高階差分特性
芝山直喜航空自衛隊)・五十嵐保隆金子敏信東京理科大IT2017-7 EMM2017-7
Fewは2014年にManojらによって提案された64ビットブロック暗号である.これまでに,安全性の自己評価において差分... [more] IT2017-7 EMM2017-7
pp.37-42
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
14:10
愛知 名城大 [招待講演]位置情報プライバシーの最新技術動向
村上隆夫産総研BioX2016-42 PRMU2016-205
近年,スマートフォンやカーナビゲーションシステムの普及に伴い,経路検索やPOI(Point-of-Interest)検索... [more] BioX2016-42 PRMU2016-205
pp.51-56
DC, SS
(共催)
2016-10-27
14:05
滋賀 彦根勤労福祉会館(彦根市) スマートグリッド通信におけるフォールトトレランスとプライバシーを考慮したデータ集約に関する一考察
小笠原亮太新井雅之日大SS2016-23 DC2016-25
スマートグリッド通信によるデータ集約の際に,個々人のプライバシー情報保護を考慮することは重要である.本稿では先行研究であ... [more] SS2016-23 DC2016-25
pp.31-36
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
15:40
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 10段構成のMidori64に対する高階差分攻撃
高橋勇介五十嵐保隆金子敏信東京理科大ICSS2015-73
Midori64はBanikらが2015年に提案した秘密鍵長128ビットのSPN型64ビットブロック暗号アルゴリズムであ... [more] ICSS2015-73
pp.159-164
ISEC 2015-12-18
15:45
東京 機械振興会館 [招待講演]高階差分攻撃と積分攻撃
金子敏信東京理科大ISEC2015-58
高階差分攻撃と積分攻撃は、共通鍵暗号に対する汎用な攻撃法の一つである。前者は、差分の繰り返しで定義される高階差分特性を使... [more] ISEC2015-58
pp.23-29
ISEC 2015-05-15
13:55
東京 機械振興会館 ブロック暗号PRINCEに対する丸め差分攻撃
瀬戸口 聡鹿児島大)・五十嵐保隆金子敏信東京理科大)・福島誠治八野知博鹿児島大ISEC2015-2
PRINCEはBorghoffらによって2012年に提案された秘密鍵長128bitのSPN型64bitブロック暗号である... [more] ISEC2015-2
pp.9-14
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2014-12-19
16:05
静岡 静岡大学 Security Evaluation of CSSAL Countermeasure against Side-Channel Attacks Using Frequency Spectrum Analysis
Cancio MonteiroYasuhiro TakahashiToshikazu SekineGifu Univ.EMCJ2014-82
暗号処理デバイスからの情報漏洩は,暗号データを処理する際に生じる電力/電磁界放射に相関性がある.したがって,演算時に電力... [more] EMCJ2014-82
pp.75-80
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
11:05
北海道 サン・リフレ函館 Piccoloの新しい高階差分特性
芝山直喜航空自衛隊)・金子敏信東京理科大ISEC2014-34 SITE2014-29 ICSS2014-38 EMM2014-34
Piccoloは2011年に渋谷らによって提案された64ビットブロック暗号である.これまでに,Piccoloには6ラウン... [more] ISEC2014-34 SITE2014-29 ICSS2014-38 EMM2014-34
pp.247-252
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
15:10
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 共通鍵ブロック暗号LBlockの高階差分特性(II)
芝山直喜航空自衛隊)・金子敏信東京理科大ICSS2013-94
LBlockは2011年にWuらによって提案された鍵長80ビットの64ビットブロック暗号である.これまでに,LBlock... [more] ICSS2013-94
pp.237-242
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会