お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
BioX 2022-10-03
17:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 自己主権型アイデンティティの未解決問題 ~ 生体認証を活用したSSIの検討(その1) ~
高橋健太日立BioX2022-60
ユーザが自分のアイデンティティ情報を自分で管理できるようにすべきとする自己主権型アイデンティティ(Self-sovere... [more] BioX2022-60
pp.26-31
KBSE, SWIM
(共催)
2022-05-21
13:45
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
システム思考によるデジタルガバナンス・コードの分析
山本修一郎名古屋国際工科専門職大KBSE2022-8 SWIM2022-8
我が国の企業では本格的なDX (Digital Transformation)の取組は遅れているため,経営者に求められる... [more] KBSE2022-8 SWIM2022-8
pp.47-52
NLP 2021-12-18
16:05
大分 J:COM ホルトホール大分 言葉のデジタル性 ~ ホモサピエンスを生み出す原理 ~
得丸久文著述業NLP2021-68
一般に「現生人類」は「知恵ある人 (ホモサピエンス )」と呼ばれる.しかし 6万 6千年前に喉頭降下
が起きて,母音ア... [more]
NLP2021-68
pp.114-119
SIS 2021-12-03
09:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]適応バンドパス・バンドストップフィルタ
越田俊介八戸工大SIS2021-21
適応バンドパス・バンドストップフィルタは,広帯域信号に混在する未知の狭帯域信号を自動的に検出する用途で用いられる信号処理... [more] SIS2021-21
pp.1-6
MBE 2019-06-21
14:15
北海道 北海道大学 ディジタル位相共役光による散乱抑制におけるコヒーレンス長の影響
任田崇吾石川高専)・加藤祐次北大)・清水孝一早大MBE2019-18
光イメージングにおいて,生体組織の光散乱特性は透視像を劣化させるため,大きな問題となる.我々は散乱抑制にディジタル位相共... [more] MBE2019-18
pp.11-15
NS, OCS, PN
(併催)
2018-06-15
10:25
福島 郡山商工会議所 ストークスベクトル直接検波光受信器の感度解析
菊池和朗大学改革支援・学位授与機構OCS2018-16
ストークスベクトル直接検波光受信器とディジタル信号処理を用いれば,偏波多重強度変調, 直交振幅変調,多値偏波変調信号を復... [more] OCS2018-16
pp.31-36
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-22
13:55
香川 サンポートホール高松 周期性干渉除去におけるサイドバンド選択法
木村祐哉田野 哲侯 亜飛岡山大IT2017-65 SIP2017-73 RCS2017-279
地球環境に配慮して,${rm CO}_2$等の排出の無い電気自動車(EV:Electric Vehicle)が利用される... [more] IT2017-65 SIP2017-73 RCS2017-279
pp.61-65
OCS, OPE, LQE
(共催)
2017-10-27
09:55
熊本 桜の馬場城彩苑(熊本) ストークスベクトル直接検波を用いた三次元光偏波変復調方式における受信感度およびスペクトル効率の解析
菊池和朗大学改革支援・学位授与機構OCS2017-48 OPE2017-80 LQE2017-53
ストークスベクトル直接検波光受信器とディジタル信号処理を用いれば,多値偏波変調信号を復調できる。本論文ではまず,ストーク... [more] OCS2017-48 OPE2017-80 LQE2017-53
pp.61-66
PN, NS, OCS
(併催)
2017-06-16
15:00
秋田 秋田大学 偏波多重PAM信号を復調するストークスアナライザの受信感度解析
菊池和朗大学改革支援・学位授与機構OCS2017-19
ストークスアナライザとディジタル信号処理(DSP)を用いれば,偏波多重・多値強度変調(DP-PAM)信号を直接検波光受信... [more] OCS2017-19
pp.45-50
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
15:25
東京 日立中央研究所 2ステップ逐次比較時間デジタイザの自己校正法とトリガ回路の検討
井田貴士小澤祐喜姜 日晨小林春夫群馬大)・塩田良治ソシオネクストCAS2016-48 NLP2016-74
本稿では、絶対(平均)遅延素子配列のばらつきに対する線形自己校正を備えた2ステップ逐次比較時間-デジタル変換器(SAR ... [more] CAS2016-48 NLP2016-74
pp.55-60
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-23
10:00
北海道 北海道大学 仮想位相共役技術を用いた光断層イメージングの特性解析
後藤優太岡本 淳渋川敦史富田章久北大
位相共役を仮想光学系によって実現する技術を用いた光断層イメージングを新たに提案する.本技術はランダム拡散板による光波の変... [more]
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
16:40
神奈川 東工大(すずかけ台) ことばには意味がない(デジタル言語学) ~ 複雑概念「自己増殖オートマトン」の意味のメカニズム ~
得丸公明自然思想家NLC2014-35
動物の記号反射において,記号は反射的行動を引き起こす引き金に過ぎない.意味は記号ではなく,反射を生みだす受信回路にある.... [more] NLC2014-35
pp.23-28
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-01
12:50
東京 機械振興会館 [招待講演]デルタシグマ変調技術を用いた時間ディジタル変換回路 ~ 時間領域アナログ回路のキーコンポーネント ~
小林春夫群馬大ICD2014-75 CPSY2014-87
(1) 日本発の2つの技術 ”デルタシグマ変調技術”(東大・早大名誉教授 安田靖彦先生)と”時間ディジタル変換回路”(高... [more] ICD2014-75 CPSY2014-87
pp.13-18
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-11-14
13:00
広島 NHK広島放送局 シンボルレートのAD変換を用いたディジタルコヒーレント光受信器
菊池和朗東大OCS2014-87
本論文では,ディジタルコヒーレント光受信器におけるクロック抽出技術とAD変換のサンプリングレートに関して議論する。まず,... [more] OCS2014-87
pp.65-70
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
15:20
北海道 サン・リフレ函館 「ディジタルパーソン」概念とプライバシー侵害 ~ 情報倫理学とドラマトゥルギー理論による理解 ~
大谷卓史吉備国際大ISEC2014-28 SITE2014-23 ICSS2014-32 EMM2014-28
本稿においては、ディジタル社会において今後さらに深刻さが増すであろう「ディジタルパーソン」(“digital perso... [more] ISEC2014-28 SITE2014-23 ICSS2014-32 EMM2014-28
pp.205-212
MW 2011-12-15
16:00
山口 山口大学 線形補間型DDSの残留誤差補正用メモリサイズ削減手法
田島賢一川上憲司三菱電機MW2011-130
本報告では,線形補間型直接ディジタルシンセサイザ(DDS)の残留誤差補正方式と,残留誤差補正用メモリのサイズ削減手法につ... [more] MW2011-130
pp.27-31
EE, IEE-HCA
(連催)
2011-05-27
13:00
東京 機械振興会館 ディジタルオフセット制御DC-DCコンバータ
黒木貴幸佐藤輝被西嶋仁浩鍋島 隆大分大EE2011-1
本論文では,スイッチングDC-DCコンバータの定常偏差を低減することを目的に,簡単でなおかつコードサイズが小さい新しいア... [more] EE2011-1
pp.23-28
ISEC 2011-05-13
14:45
東京 機械振興会館 情報とは何か ~ 論理ネットワーク層で処理され直接行動を生む災害情報の事例から ~
得丸公明システムエンジニアISEC2011-4
筆者は2007年に,今から13万年前から6万年前の居住が確認されている世界最古の現生人類遺跡,南アフリカのクラシーズ河口... [more] ISEC2011-4
pp.23-30
COMP 2011-03-09
10:00
東京 中央大学 デジタル原理と「聞く」オートマトン ~ ヒトの進化を生みだすメカニズム ~
得丸公明衛星システム・エンジニアCOMP2010-47
ヒトというオートマトンのメカニズムはまだ解明されていない.筆者は,ヒトの言語のデジタル性を考究し,ヒトは音声コミュニケー... [more] COMP2010-47
pp.1-8
IA 2011-02-18
13:50
東京 機械振興会館 ヒト・デジタル言語のOSI参照モデルによる解析(その2) ~ 生命論理と生命記憶 ~
得丸公明衛星システムエンジニアIA2010-77
オートマトンとは,ネットワークの別称ではないだろうか.OSI参照モデルによる言語のメカニズム解析を試みていると,ネットワ... [more] IA2010-77
pp.35-40
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会