お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2022-12-16
16:15
富山 富山国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
e(m)-ダイバージェンスを利用した1次元正規分布のなす空間の分割について
藤木 淳福岡大)・赤穂昭太郎産総研
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-11-17
10:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エラー検出付き光学的線形判別フィルタを利用した誘電体表面の微細凹凸識別の汎化能力改善
島田慎吾杉坂純一郎平山浩一安井 崇北見工大EMT2022-53
物体表面の凹凸を高精度で識別するために,様々な光計測手法が開発されている.しかし,照明光の波長以下の微細な構造に関しては... [more] EMT2022-53
pp.53-58
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-06-23
13:50
東京 電気学会会議室 光学的線形判別分析を用いた誘電体表面上の微細な三次元凹凸識別の形状許容性検証
島田慎吾杉坂純一郎平山浩一安井 崇北見工大EMT2022-5
物体表面の凹凸を判別し,欠陥の種類を特定する技術として,様々な光計測手法が開発されている.しかし,光の波長以下の傷や塵埃... [more] EMT2022-5
pp.25-30
NLC 2022-03-07
13:25
ONLINE オンライン開催 文書ベクトルを用いた中国共産党のイデオロギーの分析
御器谷裕樹慶大)・持橋大地統計数理研NLC2021-32
多数のテキスト間の意味上の差異を把握することは社会科学・人文科学の領域においても重要な意味を持つ。本研究は中国共産党のイ... [more] NLC2021-32
pp.24-29
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-23
11:20
ONLINE オンライン開催 e(m)-PCAを用いた2クラス分類に向けて
藤木 淳福岡大)・赤穂昭太郎産総研NC2021-43
これまでの多くのデータ分析手法は,測定値そのものをデータとして扱い,そのデータを線形もしくは非線形写像によって高次元ユー... [more] NC2021-43
pp.55-58
NC, MBE
(併催)
2021-03-04
15:00
ONLINE オンライン開催 光電容積脈波からの呼吸波形信号の抽出による咳嗽検出
遠藤一平河中治樹小栗宏次愛知県立大MBE2020-48
COVID-19や慢性閉塞性肺疾患の初期症状である咳嗽をモニタリングすることで,これらの症状の早期発見に役立つ.一方で,... [more] MBE2020-48
pp.40-43
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-17
10:45
東京 電気通信大学 循環器OCT画像における血管内の脂質性プラークの検出に関する研究
小南貴也呉 海元和歌山大)・久保隆史和歌山県立医科大BioX2018-36 PRMU2018-140
光干渉断層法 (Optical Coherence Tomography : OCT) は冠動脈の短軸断面像をリアルタイ... [more] BioX2018-36 PRMU2018-140
pp.43-48
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-16
11:30
北海道 北海道大学 SFEM-GSによる特徴統合を利用した映像の評価値推定の高精度化
伊藤良起小川貴弘長谷山美紀北大
本稿では,正準相関分析手法として, supervised fractional-order embedding mult... [more]
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
14:55
熊本 くまもと県民交流館パレア 機械学習を用いたフェールチップ判別における適用識別器と判別確度の決定法
柚留木大地大竹哲史大分大)・中村芳行ルネサス エレクトロニクスVLD2017-36 DC2017-42
今日,半導体技術の進歩によるLSIの高集積化によりLSIの低価格化が進んでいる.
LSIの品質を保ちつつ,テストコスト... [more]
VLD2017-36 DC2017-42
pp.55-60
DC 2017-02-21
12:00
東京 機械振興会館 機械学習を用いたフェールチップ判別の性能向上に関する検討
柚留木大地大竹哲史大分大)・中村芳行ルネサス システムデザインDC2016-77
今日,半導体技術の進歩によるLSIの高集積化によりLSIの低価格化が進んでいる.
LSIの品質を保ちつつ,テストコスト... [more]
DC2016-77
pp.17-22
MBE, NC
(併催)
2016-12-07
10:30
愛知 豊橋技術科学大学 判別分析法による映像酔いを反映する生理指標の導出
真船祐樹木竜 徹棚橋重仁新潟大MBE2016-57
映像酔いの生理学的評価手法として心拍変動や血圧から得られる自律神経系指標が用いられてきた.しかし,自律神経系指標は時間領... [more] MBE2016-57
pp.1-6
ITE-ME, ITE-IST
(共催)
BioX
(連催) [詳細]
2016-06-20
14:40
石川 石川四高記念文化交流館 歩行時の床振動特徴による個人識別
杉本涼輔眞野悠磨金 主賢中島一樹富山大BioX2016-1
疾病の早期発見・治療のため,家庭内のトイレや浴槽から生理情報を自動取得するセンサシステムが研究・開発されている.しかし,... [more] BioX2016-1
pp.15-18
PRMU, BioX
(共催)
2015-03-19
17:10
神奈川 慶応大学矢上キャンパス 顔面微小特徴点セットの3次元構造に基づく個人認証
吉沼孝夫福井和広筑波大BioX2014-58 PRMU2014-178
顔の表面にはホクロやシミなどの特徴点が数多く存在し,その位置関係は個人に固有のパターンを形成する.本研究では,このような... [more] BioX2014-58 PRMU2014-178
pp.117-122
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
13:30
神奈川 東工大(すずかけ台) 講演音声における発話形式の違いを考慮した話者認識手法の検討
中辻康太同志社大)・西田昌史名大)・山本誠一同志社大SP2014-123
話者認識技術は,討論音声などの多人数会話の音声データに対して,議事録の自動作成や話者毎の発話検索のために必要とされている... [more] SP2014-123
pp.141-146
WIT 2014-03-07
14:55
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス ALS患者のYes/No意思伝達方法の改良 ~ ケーススタディによる課題の把握と解決策 ~
小澤邦昭仙石淳子内藤正美東京女子大)・尾形 勇金澤恒雄エクセル・オブ・メカトロニクスWIT2013-74
病気が進行したALS患者が介護者の質問にYes/Noで回答する意思伝達の研究をして来た.近赤外光により脳血液量の波形を測... [more] WIT2013-74
pp.43-48
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2014-02-17
12:00
北海道 北海道大学 高速度カメラを用いた路車間可視光通信における時間・空間勾配値を基にしたLEDアレイ捕捉手法
臼井俊亮山里敬也岡田 啓藤井俊彰高橋桂太名大)・荒井伸太郎香川高専)・圓道知博長岡技科大ITS2013-39 IE2013-104
本稿では送信機としてLEDアレイを,受信機として高速度カメラを用いる
路車間可視光通信に着目する.この通信において
... [more]
ITS2013-39 IE2013-104
pp.55-60
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2014-02-17
14:05
北海道 北海道大学 ICAを用いた構造的分類に基づく静止画像符号化方式
川村和也亀田昌志岩手県立大ITS2013-43 IE2013-108
国際標準の静止画像符号化方式であるJPEGにも採用されているDCT(離散コサイン変換)は,画像の輝度信号を周波数信号に変... [more] ITS2013-43 IE2013-108
pp.79-84
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2013-09-02
11:00
鳥取 鳥取大学 個人差と個人内変動を分離した統計的顔形状モデル
小島真一豊田中研PRMU2013-35 IBISML2013-15
近年Point Distribution Model(PDM)と呼ばれる顔形状を数十点の点群で表現するモデリング手法が顔... [more] PRMU2013-35 IBISML2013-15
pp.13-18
WIT 2013-08-30
13:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 生体信号を利用したALS患者のYes/No意思伝達方法 ~ 判別分析法とサポートベクターマシンの比較検討 ~
小澤邦昭仙石淳子内藤正美東京女子大)・尾形 勇金澤恒雄エクセル・オブ・メカトロニクスWIT2013-35
病気が進行したALS患者が介護者の質問にYes/Noで回答する意思伝達の研究をして来た.この方法では,近赤外光により脳血... [more] WIT2013-35
pp.65-70
HCS 2013-08-24
15:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 生体信号を利用したALS患者のYes/No意思伝達方法
小澤邦昭仙石淳子内藤正美東京女子大)・小幡亜希子木戸邦彦日立)・尾形 勇金澤恒雄エクセル・オブ・メカトロニクスHCS2013-45
病気が進行したALS患者が介護者の質問にYes/Noで回答できるようにする研究をして来た.これは,近赤外光により脳血液量... [more] HCS2013-45
pp.67-71
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会