お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 719件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2022-06-23
13:05
長崎 長崎県立大学シーボルト校
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワーク運用自動化のための運用データ連携解析の検討
小林 諭福田健介NIIIA2022-1 ICSS2022-1
ネットワーク運用の自動化を、人の手を介さずデータ駆動で障害を回避・対処する高度な自律制御により実現するSelf-driv... [more] IA2022-1 ICSS2022-1
pp.1-7
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]製作現場からみる漫画音訳の現状と課題
森 菫精華大SP2022-22
音で文字情報を得る視覚障害者にとって、漫画を読むことは難しい. 触図による漫画の展示は研究されているが、音での提供は研究... [more] SP2022-22
pp.94-99
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-16
11:15
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
効率性と公平性の両観点を最適化するP2P型エネルギーシステムモデル
草竹英一篠宮紀彦創価大CAS2022-4 VLD2022-4 SIP2022-35 MSS2022-4
現在、環境に配慮したエネルギー活用のために、多くの国で分散型エネルギーシステムが利用されている。
電力事業者との直接取... [more]
CAS2022-4 VLD2022-4 SIP2022-35 MSS2022-4
pp.17-21
MW 2022-06-09
15:45
長野 JA長野県ビル 13階A会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]高周波回路の基本直感力を高める8つの平面図形
大平 孝豊橋技科大MW2022-27
一般に図形による求解はアナログ視覚的に認識できるのでエンジニアの直感力を高め、洞察力を磨く効果が期待できる。電圧・電流・... [more] MW2022-27
p.20
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
14:55
ONLINE オンライン開催 Little-JILを用いた宇宙機システム運用シナリオのモデル検証
染谷一徳JAXA)・平石邦彦北陸先端大MSS2021-78 NLP2021-149
X線天文衛星「ひとみ」の異常事象のように、運用シナリオに不備がある場合、衛星損失につながる可能性がある。そこで、Mode... [more] MSS2021-78 NLP2021-149
pp.121-126
NS, IN
(併催)
2022-03-10
09:10
ONLINE オンライン開催 フローの経路変動を抑制するTraffic Engineeringのための経路最適化手法
西口雅人藤原貴之中務諭士武井勇樹NTTNS2021-122
ネットワーク資源の利用率を最適化し,ネットワークの輻輳を低減するためのアプローチとして,Traffic Engineer... [more] NS2021-122
pp.1-6
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
17:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) バドミントン競技におけるシャトルを見る際の眩しさの要因評価
岡本 香宍戸英彦吹田真士亀田能成筑波大IMQ2021-26 IE2021-88 MVE2021-55
バドミントンをはじめとする屋内スポーツ施設内の競技において照明が競技者にもたらす不快な眩しさは競技に影響を与える。本研究... [more] IMQ2021-26 IE2021-88 MVE2021-55
pp.84-89
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
16:05
ONLINE オンライン開催 (Zoom) VRシミュレーションによるバスケットボール時の視覚探索運動の定量化
石川晋也宍戸英彦吉田健司亀田能成筑波大IMQ2021-64 IE2021-126 MVE2021-93
バスケットボールでは複雑かつ素早く変化する周囲の状況に対して的確に判断することが求められる.状況判断の重要な要素が視覚探... [more] IMQ2021-64 IE2021-126 MVE2021-93
pp.284-289
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2022-03-08
15:45
京都 京都大学 吉田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
P2Pネットワークとクラウドを用いたコンテンツ需要予測に基づく動的複製配置手法
高橋和正菅原真司千葉工大SITE2021-63 IA2021-76
近年,計算機の高性能化,通信回線の広帯域化などにより大規模ネットワーク上では文書や音楽,動画等の多様なコンテンツがユーザ... [more] SITE2021-63 IA2021-76
pp.101-106
ET 2022-03-04
13:00
ONLINE オンライン開催 WebXRを用いた工学実験システムの開発
満江祐人手島裕詞坂口彰浩佐世保高専)・上原信知杉本和英国立高専機構ET2021-61
本研究では,WebXRを用いた工学実験システムを開発し,実際の実験機器を準備することなく仮想空間上で工学実験を行うシステ... [more] ET2021-61
pp.59-64
ET 2022-03-04
14:55
ONLINE オンライン開催 登山危険予知トレーニングに有効な映像教材の検討
阿部大弥田母神理沙嶌田 聡日大ET2021-71
本稿では、登山を対象とした危険予知トレーニング(KYT)において、実践知の獲得や発見を促すための映像教材について検討する... [more] ET2021-71
pp.113-116
IA 2022-01-28
13:35
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数カメラシステムにおける人物追跡のための特徴量伝搬方式
松本 哲義久智樹阪大IA2021-53
近年の防犯カメラの普及により,多数の場所にカメラが設置されている.これらの複数のカメラを使って人物追跡することが考えられ... [more] IA2021-53
pp.1-4
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-24
10:45
ONLINE オンライン開催 RTOS利用システムのフルハードウェア化における通信機能の実装
篠原由季乃石浦菜岐佐関西学院大VLD2021-52 CPSY2021-21 RECONF2021-60
リアルタイムシステムの応答性能を向上させる手法として, 大迫・六車らはタスク/ハンドラ等のカーネルオブジェクトと RTO... [more] VLD2021-52 CPSY2021-21 RECONF2021-60
pp.19-24
AP, WPT
(併催)
2022-01-21
15:30
鳥取 鳥取県立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
広場小セルアクセス環境におけるミリ波帯電波伝搬メカニズムの解明とチャネルモデルパラメータの抽出
熊倉啓一朗塚田 響唐 率欽鈴木直也高橋莉玖金 ミンソク新潟大AP2021-155
本稿では,大学キャンパス内の広場環境における60 GHz帯ミリ波伝搬測定により得られた伝搬メカニズムとクラスタ特性につい... [more] AP2021-155
pp.116-121
KBSE 2022-01-21
13:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) クラス図とソースコード間のラウンドトリップエンジニアリング支援ツール
山崎貴弘日本工大)・田中昂文玉川大)・櫨山淳雄学芸大)・橋浦弘明日本工大KBSE2021-40
アジャイル開発手法など, 設計とコーディングを何度も行き来する(ラウンドトリップエンジニアリング)プロジェクトにおいて,... [more] KBSE2021-40
pp.26-31
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 一般ヒューマンコミュニケーション学 ~ 研究・理論構築・社会実践の方法論的考察 ~
西村 歩慶大)・塚常健太都立大)・新井田 統KDDI総合研究所
本稿の目的は“ヒューマンコミュニケーション研究”特有の研究手法・研究規範を多面的に明らかにしていくことである.ヒューマン... [more]
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2021-12-09
10:55
ONLINE オンライン開催 手話学習支援システム ~ 手話キーフレームを用いた同期映像フィードバック機能の提案 ~
猪岡 翔芝浦工大)・筒口 拳崇城大)・米村俊一芝浦工大WIT2021-36
手話の学習者は,手指の形/手指の動き/表情等それぞれの個別的な要素と,各要素がどのように連携して動くのかという全体的な要... [more] WIT2021-36
pp.22-27
RISING
(第三種研究会)
2021-11-16
09:30
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セグメントルーチング環境における経路最適化を用いたネットワークスライシング
猪野 潤西辻 崇朝香卓也都立大
セグメントルーチング環境において経路最適化を用いた新たなネットワークスライシング方式を提案する.ネットワークスライシング... [more]
ET 2021-11-06
11:05
ONLINE オンライン開催 プログラム・コード作成における学習者相互評価と能力評価の検討
中山 実東工大)・宇都雅輝電通大)・Temperini, MarcoSapienza大)・Sciarrone, FilippoRomaTre大ET2021-23
プログラミングスキルの評価は,作成されたコードを対象に行われることが多いが,そのパフォーマンス評価に相互評価を導入するこ... [more] ET2021-23
pp.7-12
HCS 2021-10-29
15:30
ONLINE オンライン開催 A study design to investigate a post-interactive dialogue video from a lecture video in video-based learning
Ari NugrahaTomoo InoueUniv. of TsukubaHCS2021-38
 [more] HCS2021-38
pp.22-26
 719件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会