お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 299件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, CS
(併催)
2023-01-13
15:35
福岡 キャナルシティ博多
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
有線伝送路等化による有無線統合MIMO伝送の特性改善
依岡寛人東野武史岡田 実奈良先端大OCS2022-68
集約無線局とアンテナサイト間の光ファイバ無線の伝送路の利得が不均衡でかつ周波数応答が非平坦な場合に発生する MIMO 伝... [more] OCS2022-68
pp.45-50
PRMU 2022-10-21
16:10
東京 日本科学未来館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Preliminary Study on Extraction of Cervical Intervertebral Disks from VF using HFE-HE Filter, GC Filter, Multi-channelization and M-Net
Luo ShijieHotaka TakizawaUniv. of Tsukuba)・Kojiro MekataShijonawate Gakuen Univ.)・Hiroyuki KudoUniv. of TsukubaPRMU2022-30
我々は先行研究で,嚥下時X線動画(VF)にM-Netとマルチチャンネル化を適用し,頸椎椎間板の抽出精度を改善できることを... [more] PRMU2022-30
pp.47-49
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]OCCにおける非線形クロストーク補償のための撮像パラメータ最適化
生田時空王佐々木友基丸田一輝東京理科大)・小島 駿東大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
光カメラ通信(Optical Camera Communication, OCC)は,送信機にLEDやディスプレイ,受信... [more]
PN 2022-08-29
09:30
北海道 ハイランドふらの
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スペクトラム狭窄の影響を緩和する予等化フィルタの生成法
石川誉聡白木隆太森 洋二郎長谷川 浩名大PN2022-8
通信トラフィックの急増に費用効率よく対応するためには,シンボルレートの高速化と波長分割多重の高密度化が必要である.しかし... [more] PN2022-8
pp.1-4
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
11:15
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
水中音響MIMO-OFDM伝送における時変チャネル推定および信号検出
とんてんほお張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-103
水中音響(UWA)通信では,直交サブキャリアによる周波数利用効率の向上が見込め,かつ周波数選択性フェージングに耐性のある... [more] RCS2022-103
pp.36-41
MICT, EMCJ
(併催)
2022-03-04
13:25
ONLINE オンライン開催 TDOAに基づいたインプラント機器位置推定法の実験的評価
安江優太安在大祐王 建青名工大MICT2021-107
近年,医療・ヘルスケア通信分野の発展に伴い,無線通信機能を付加したインプラント型の医療機器が注目を集めている.代表的なア... [more] MICT2021-107
pp.34-38
UWT
(第二種研究会)
2022-03-01
14:30
ONLINE オンライン開催 THPを適用した水中光無線通信の検討
中村一彦塙 雅典山梨大
本稿では,水中光無線通信における伝送距離延伸化を目的として,帯域補償と符号間干渉抑圧のために,前置等化器としてTomli... [more]
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
10:55
ONLINE オンライン開催 送信プリコーディングと伝送路補間を用いた陸上音響通信に関する検討
山本捷義久保博嗣立命館大IT2021-31 SIP2021-39 RCS2021-199
本報告では,市販の音響電子機器を活用した72kbps陸上音響通信方式 (TRAC:terrestrial acousti... [more] IT2021-31 SIP2021-39 RCS2021-199
pp.18-23
RCS, NS
(併催)
2021-12-16
13:00
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Performance Evaluation of SC-FDE Considering Radiation Pattern in Millimeter-wave and Terahertz Broadband Communications
Yuto OyamadaShuhei SaitoHirofumi SuganumaWaseda Univ.)・Keita KuriyamaYu OnoHayato FukuzonoMasafumi YoshiokaNTT)・Fumiaki MaeharaWaseda Univ.RCS2021-178
With the growing demand for wireless mobile services and the... [more] RCS2021-178
pp.19-23
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2021-11-18
11:20
ONLINE オンライン開催 分布定数増幅器の等価低域モデルを用いた周波数領域等化精度の評価
大熊泰生池尾綜太楳田洋太郎東京理科大CAS2021-42 MSS2021-22
周波数領域等化を用いて回路に対するチャネル関数の推定と歪み補償の精度評価では、通常、回路シミュレータを用いて帯域信号を回... [more] CAS2021-42 MSS2021-22
pp.28-33
EA, ASJ-H
(共催)
2021-08-20
16:00
ONLINE オンライン開催 聴覚モデルに基づく空間的マスキング効果の推定 ~ 帯域雑音マスカと純音プローブ音の場合 ~
高根昭一田中直道安倍幸治西口正之渡邉貫治秋田県立大EA2021-25
空間的マスキング効果は 両耳聴によるマスキングをマスカおよびプローブ音(マスキー)の音源配置との関係でみたもので,その全... [more] EA2021-25
pp.27-32
RCS 2021-06-24
13:10
ONLINE オンライン開催 OTFS変調におけるガウス信念伝搬法に基づく多次元信号検出に関する一検討
伊藤裕也衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大)・大澤 昇山崎浩輔岸 洋司KDDI総合研究所RCS2021-54
本稿では,OTFS (Orthogonal Time Frequency Space) 変調された信号を,自己繰り返し型... [more] RCS2021-54
pp.151-156
NS, NWS
(併催)
2021-01-22
16:10
ONLINE オンライン開催 分散キーバリューストアOSSに対する負荷の軽減と均等化の実装法
杉山幸輝見越大樹大山勝徳西園敏弘日大NS2020-122
仮想ノードを用いる分散キーバリューストアの負荷を軽減,均等化する提案方式に対するOSS上での実装を示す.データを担当する... [more] NS2020-122
pp.70-73
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
15:45
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]Turbo Equalization to Lossless/Lossy Distributed Multiterminal Source Coding: How are they connected? -- Towards Distributed Hypothesis Testing over IoT Networks --
Tadashi MatsumotoJAISTIT2020-80 SIP2020-58 RCS2020-171
 [more] IT2020-80 SIP2020-58 RCS2020-171
p.99
OCS, CS
(併催)
2021-01-14
13:55
ONLINE オンライン開催 400Gb/s多段ノード光伝送における高速SOP変動と 信号帯域狭窄化が受信Q値に与える影響に関する検討
近森 峻備海正嗣吉田 剛斧原聖史鈴木巨生三菱電機OCS2020-28
多段ノード光伝送において,高速SOP変動が400Gb/s信号の受信性能に与える影響を実験により評価した.特に,400Gb... [more] OCS2020-28
pp.7-11
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
10:00
ONLINE オンライン開催 A Study on Performance Analysis of Single-carrier Modulation with Frequency Domain Equalization in Millimeter-wave and Terahertz Broadband Communications
Shuhei SaitoHirofumi SuganumaWaseda Univ.)・Keita KuriyamaYu OnoHayato FukuzonoMasafumi YoshiokaNTT)・Fumiaki MaeharaWaseda Univ.RCS2020-143
This report investigates the system capacity of millimeter-w... [more] RCS2020-143
pp.50-53
SAT, RCS
(併催)
2020-08-20
10:15
ONLINE オンライン開催 地上自由空間光伝送実験におけるチャネル推定と等化を用いたpolar符号の性能改善の検討
藤田紳吾岡本英二名工大)・竹中秀樹國森裕生遠藤寛之藤原幹生北村光雄NICT)・清水亮介電通大)・佐々木雅英豊嶋守生NICTSAT2020-13
空間光通信では大気揺らぎによる受信電力の低下によりバースト誤りが発生する.我々は過去に誤り訂正符号としてpolar符号適... [more] SAT2020-13
pp.19-24
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
16:25
ONLINE オンライン開催 音響通信のための多値QAMシングルキャリアブロック伝送方式とそのフレーム構成の検討
山本捷義久保博嗣立命館大RCS2020-91
本報告では,2重選択性環境に有効なシングルキャリアブロック (SCB:single carrier block)伝送方式... [more] RCS2020-91
pp.69-74
EA, ASJ-H
(共催)
2020-08-07
14:30
ONLINE オンライン開催 聴覚モデルに基づく空間的マスキング効果の推定の試み
高根昭一安倍幸治西口正之渡邉貫治秋田県立大EA2020-17
空間的マスキング効果は,両耳聴によるマスキングをマスカおよびマスキーの音源配置との関係でみたもので,その全容を明らかにす... [more] EA2020-17
pp.23-27
RCS 2020-06-24
15:45
ONLINE オンライン開催 インターリーバ紐づけ型受信ビームフォーミングと送信チャネル等化を組み合わせたIDMAに基づくランダムアクセス
室城勇人東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2020-29
本稿では,インターリーバ分割多元接続(IDMA: interleave division multiple access... [more] RCS2020-29
pp.37-42
 299件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会