お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 131件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
11:55
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
二次元情報における多挿入・反転・消失誤り訂正符号
中村 謙野崎隆之山口大IT2022-39 SIP2022-90 RCS2022-218
2次元符号は平面上に配置されたデータの集合である.
萩原は削除/反転/消失訂正が可能な2次元符号を構成し,その復号法を... [more]
IT2022-39 SIP2022-90 RCS2022-218
pp.54-59
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2022-12-09
10:35
愛媛 愛媛大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DNAストレージのための有限状態符号の誤り訂正能力の評価
鎌部 浩岐阜大)・丸茂 巧NTT東海データ)・路 サン岐阜大MRIS2022-26
世界中で生成されるデジタルデータの総量は指数関数的に増加しており,従来の記録装置では,全てのデジタルデータを記録すること... [more] MRIS2022-26
pp.42-47
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Rydberg原子量子コンピュータに対する表面符号の消失誤り訂正プロトコルの提案
小林史佳メルカリ/阪大)・永山翔太メルカリ/慶大
光ピンセットアレイによるRydberg原子量子コンピュータは量子コンピュータや量子通信のプラットフォームとしてのよい性質... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
16:20
ONLINE オンライン開催 量子削除誤りおよび単一量子削除誤り訂正符号の構成例
萩原 学千葉大
まず量子削除誤りに関する基礎的な事項を紹介する。特に、量子挿入誤り、量子ユニタリ誤り、古典削除/挿入誤りなどとの関係を絡... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
13:30
ONLINE オンライン開催 エラー確率が不均質な表面符号の復号のフェニック木を用いた高速化
新居智将東大)・鈴木泰成徳永裕己NTT
代表的な量子誤り訂正符号である表面符号でエラーを推定するには、量子ビットごとのエラー率に対応する重みづけがされた最小重み... [more]
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
11:10
ONLINE オンライン開催 改竄を修復可能なメッセージ認証コード
古谷 勇井上明子峯松一彦NECIT2021-114 ISEC2021-79 WBS2021-82 RCC2021-89
本研究では,汎用領域とセキュア領域を併用するシステムモデルを用いて,データの完全性の検証と改竄箇所の修復を可能とする手法... [more] IT2021-114 ISEC2021-79 WBS2021-82 RCC2021-89
pp.180-187
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-22
15:45
ONLINE オンライン開催 超直交畳み込み符号を適用したIEEE 802.15.6 UWB物理層に関する検討
高林健人岡山県立大)・田中宏和広島市大)・榊原勝己岡山県立大NLP2021-112 MICT2021-87 MBE2021-73
医療・ヘルスケア機器・ロボットを用いた在宅医療や遠隔医療システムを構築するための医療・ヘルスケアIoT(Internet... [more] NLP2021-112 MICT2021-87 MBE2021-73
pp.187-192
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
18:10
ONLINE オンライン開催 2層化されたQRコードとその原理 ~ ホログラムQRコードの開発 ~
川原大弥山崎康平神戸大)・瀧田 愼兵庫県立大)・白石善明森井昌克神戸大ICM2020-48 LOIS2020-36
二次元コードの一つであるQRコードはウェブページへのアクセス,特に最近では決済への利用等,幅広い用途に用いられている.Q... [more] ICM2020-48 LOIS2020-36
pp.81-86
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
14:25
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]光無線ターボ符号通信システムのための高速伝送方式
孫 冉羽渕裕真小澤佑介茨城大WBS2020-30 ITS2020-26 RCC2020-33
光無線通信の信頼性向上のため、誤り訂正符号の導入が検討されている。誤り訂正符号の一つであるターボ符号における
代表的な... [more]
WBS2020-30 ITS2020-26 RCC2020-33
pp.126-130
IT 2020-12-03
16:40
ONLINE オンライン開催 ノイズを含む盗聴通信路符号化の実装と安全性評価
髙﨑幸太郎小川朋宏電通大IT2020-62
Wynerの盗聴通信路符号化においては,正規受信者と盗聴者が用いる通信路のノイズ差を利用することで,盗聴者には一切の情報... [more] IT2020-62
pp.206-211
EMM 2020-03-05
16:45
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]電子透かし法における誤り訂正能力を改善するための連想記憶モデルの検討
深田和真川村正樹山口大EMM2019-118
連想記憶モデルを用いた電子透かし法において抽出した透かし情報の誤り訂正を行う手法を提案する.
自己想起型連想記憶モデル... [more]
EMM2019-118
pp.85-90
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
10:45
広島 広島市青少年センター 単一削除誤りに対する量子誤り訂正符号の構成
中山 歩萩原 学千葉大IT2019-68 SIP2019-81 RCS2019-298
本論文では,単一削除誤りに対する量子誤り訂正符号の構成について議論する.はじめに,量子状態における単一削除誤り,および,... [more] IT2019-68 SIP2019-81 RCS2019-298
pp.185-189
EA, EMM
(共催)
2019-11-22
14:00
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス(野々市市) [ポスター講演]音響データハイディングに基づく防災放送に関する一考察
池口恭司城定悠人小嶋徹也東京高専EA2019-54 EMM2019-82
音響データハイディングを用いて防災無線のサイレン音に災害情報を埋め込み,音声による放送のみで,インターネット接続を必要と... [more] EA2019-54 EMM2019-82
pp.11-14
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
17:50
東京 学習院大学 2体ハミルトニアンを用いた断熱量子計算のための誤り抑制
鈴木遼太郎藤井啓祐阪大
断熱量子計算をノイズから守ることは、大規模化をする上で必要不可欠である。最近、2体ハミルトニアンを用いると1次元イジング... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-11-19
12:10
東京 学習院大学 5以上の素数次元におけるマジック状態蒸留プロトコルの等価性の条件
近藤泰大森 立平東工大
マジック状態蒸留プロトコルはフォールトトレラント計算に必要不可欠である.特にBravyiとKitaevの手法(以後BKプ... [more]
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
14:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 3次元NAND型フラッシュメモリにおけるニューラルネットワークを用いた寿命予測と高信頼化手法
阿部真輝竹内 健中大ICD2019-30 IE2019-36
NAND型フラッシュメモリには、データを保持できる時間や読み出し回数といったメモリの寿命が存在する。そこで、ニューラルネ... [more] ICD2019-30 IE2019-36
pp.7-12
EMM 2019-03-13
15:15
沖縄 沖縄県青年会館 [ポスター講演]誤り訂正符号の訂正能力と連想記憶モデルの引き込み領域の関係
押川晃寛川村正樹山口大EMM2018-101
自己想起モデルを用いた電子透かし法を提案した.
自己想起モデルは引き込み領域内で透かしの誤りを訂正することができる.
従... [more] EMM2018-101
pp.51-56
EMM 2019-01-11
11:50
宮城 東北大学 電気通信研究所 自己同期回復機能を有する最適な誤り訂正復号器
栗林 稔舩曵信生岡山大EMM2018-90
電子透かし技術において,クリッピング攻撃への耐性を考慮すると同じ透かし情報を繰り返し埋め込む手段が有効的である.その場合... [more] EMM2018-90
pp.45-50
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-12-06
13:30
愛媛 愛媛大学 マスキングによる2次元LDPC符号の性能
鎌部 浩路 サン岐阜大MRIS2018-20
Matchaらはある構成方法を用いて,二次元LDPC符号を提案している.
彼らは,
その符号が訂正可能なバースト... [more]
MRIS2018-20
pp.1-5
CCS 2018-11-23
13:00
兵庫 神戸大学 [招待講演]Error-correction in neuro-inspired spike signaling
Ferdinand PeperNICTCCS2018-42
Inspired by the spike-based signaling between neurons, we in... [more] CCS2018-42
pp.51-56
 131件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会