お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 158件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-15
11:30
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習とメタヒューリスティックの連携による車載イーサネット設計自動化システムの開発と評価
森 泰浩山本 寛立命館大)・陶山洋次郎泉 達也住友電工)・浦山博史オートネットワーク技研)・小林史歩梅原茂樹谷 英哲住友電工システムソリューションNS2022-54
近年、車両を制御する様々なコンピュータ (ECU) が相互に通信する車載ネットワークとして、イーサネッ トの採用が検討さ... [more] NS2022-54
pp.131-136
EMCJ 2022-04-15
13:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
異なるPowered ESD試験方法による100BASE-T1の通信品質劣化への影響
中谷透也矢野佑典王 建青名工大)・石田武志ノイズ研EMCJ2022-2
国際電気標準会議(IEC)では,車載機器内のEthernetトランシーバICに対するイミュニティの評価方法の標準化が進め... [more] EMCJ2022-2
pp.7-12
PN 2022-03-02
14:00
ONLINE オンライン開催 A Zone-based Optical Architecture for Intra-Vehicle Backbone Networks
Onur AlparslanShin'ichi ArakawaMasayuki MurataOsaka Univ.PN2021-79
 [more] PN2021-79
pp.142-147
EMCJ 2022-01-21
11:20
ONLINE オンライン開催に変更 イーサネット通信システムへのバルク電流注入による外部擾乱耐性の評価
河合航平弘原海拓也塚田 彬神戸大)・岡本 健奥川雄一郎NTT)・三木拓司永田 真神戸大EMCJ2021-64
本稿ではイーサネットの外部擾乱による通信障害発生モデルを構築し、実験データの収集を行った。イーサネットの規格である100... [more] EMCJ2021-64
pp.18-22
EMCJ, IEE-EMC, IEE-SPC
(連催)
2021-12-08
14:30
愛知 名古屋駅前会議室+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
100BASE-T1ケーブルへのESD試験の間接放電で生ずる妨害波の測定及び通信障害へのシミュレーション評価
吉田征弘矢野佑典王 建青名工大)・石田武志ノイズ研EMCJ2021-57
自動車の運転支援システムや自動運転の発展に伴い,高速・大容量の通信規格としてUTP(Unshield Twisted P... [more] EMCJ2021-57
pp.16-21
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-08
09:15
ONLINE オンライン開催 車載通信システムの放射性エミッション推定手法
渡邊 領溝口 幸鈴木陽一朗SOKEN)・太田宙志松本宙也トヨタ自動車EMCJ2021-41 MW2021-53 EST2021-43
車両開発ではユーザーニーズの変動に対応するため,MBD(Model Based Development:モデルベース開発... [more] EMCJ2021-41 MW2021-53 EST2021-43
pp.67-72
NS 2021-10-08
10:40
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]TSNネットワークにおける時分割転送スケジュール計算手法
久保見 慎ジャオ ジェフリ滝田大介谷口幸子山内尚久三菱電機NS2021-79
工場,プラント,列車,自動車といった分野で高精度の機器制御を行うためのネットワークでは,end-to-end の伝送遅延... [more] NS2021-79
p.63
PN 2021-08-30
11:25
ONLINE オンライン開催 超並列伝送における部分故障に対応した縮退運転手法および実験系における評価
石井大耀村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2021-14
将来の通信トラフィック急増に対応するために,空間多重を活用して最大で 400 レーン並列伝送を適用するダイナミックMAC... [more] PN2021-14
pp.15-20
EMCJ 2021-07-01
13:55
ONLINE オンライン開催 表面粗さを適用したハーネスモデル化手法による精度向上技術
渡邊 領溝口 幸鈴木洋一朗SOKENEMCJ2021-19
車両開発では期間短縮の手法としてMBD(Model Based Development:モデルベース開発)が注目されてお... [more] EMCJ2021-19
pp.13-17
RCS 2021-04-22
13:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]JASPAR次世代高速LAN WGの最新活動状況
後藤英樹トヨタ自動車RCS2021-5
JASPAR(Japan Automotive Software Platform and Architecture)次... [more] RCS2021-5
p.20
EMCJ, MICT
(併催)
2021-03-05
16:35
ONLINE オンライン開催 パルス性妨害波に対するEthernetのイミュニティ評価におけるシミュレーションを用いたフレームエラーレートの変化に関する検討
石橋健太松嶋 徹福本幸弘九工大EMCJ2020-83
近年,自動運転技術の発達により,車載通信の大容量化が求められており,通信容量が比較的大きいEthernetを車載用途に転... [more] EMCJ2020-83
pp.57-62
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
14:15
ONLINE オンライン開催 楕円曲線ディジタル署名チップを用いたマルチノードIoTシステムにおけるデータ真正性の検証実験
高橋佑弥松丸琢弥門田和樹神戸大)・佐藤俊寛沖殿貴明電子商取引安全技研組合)・三木拓司三浦典之永田 真神戸大VLD2020-85 HWS2020-60
IoTの社会実装において、末端ノードおよび遠隔サーバによる暗号処理の効率化と高速化が求められている。現在のところ、ソフト... [more] VLD2020-85 HWS2020-60
pp.97-101
EMCJ 2020-05-15
15:25
ONLINE オンライン開催 パルス性妨害波によるEthernet通信品質劣化の調査(1) ~ 100BASE-TX and 1000BASE-T ~
リ ミンソン矢野佑典和田修己京大EMCJ2020-9
近年,車載ネットワークで扱う情報量の増大に伴い,高速・大容量の通信方式として車載Ethernetが注目されている.また,... [more] EMCJ2020-9
pp.27-32
MWP, PN, EMT
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2020-01-30
11:00
京都 同志社大学 [招待講演]IEEE802.3プレナリー会議出席報告 ~ 車載イーサネットの標準化を中心に ~
各務 学名工大PN2019-37 EMT2019-77 MWP2019-51
有線LANで最も普及している通信規格であるイーサネットの物理層規格はIEEE802.3ワーキンググループ(WG)で策定し... [more] PN2019-37 EMT2019-77 MWP2019-51
pp.15-16
NS, NWS
(併催)
2020-01-23
14:55
沖縄 石垣島商工会館 [奨励講演]低遅延ストリームスケジュール算出手法の性能評価
久保見 慎松下竜真滝田大介堀田善文三菱電機NS2019-164
ネットワークの大容量化,経済化の観点からイーサネット化が進む産業用ネットワークでは,要求遅延や優先度が異なる多数のストリ... [more] NS2019-164
pp.19-23
OFT 2020-01-17
10:30
愛知 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター 光ケーブル切替工事の効率化を実現する通信光モニタ技術の検討
榎本圭高嶌津聡志川田秀雄海老根 崇NTTOFT2019-55
GE-PON及びメディアコンバータを用いたFTTHユーザの増加に伴い,光ケーブルの切替工事が増大している.所外光ケーブル... [more] OFT2019-55
pp.43-48
IA 2019-11-14
15:30
東京 関西学院大学 東京丸の内キャンパス(サピアタワー) [ポスター講演]Performance Evaluation of Automotive IP Network using Network Emulator: Preliminary Results
Fumiya OhuraRyuichiro maegawaRyo NakamuraYasuhiro YamasakiHiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2019-36
In recent years, with the development of a technology called... [more] IA2019-36
p.61
PN 2019-11-15
13:50
神奈川 慶應義塾大学 ダイナミックMACにおける階層型ラウンドロビンマッパーエミュレータの実装
杉浦叶典村上正樹岡本 聡山中直明慶大PN2019-31
ネットワークトラヒック増大に対応するため,マルチコア・マルチモードファイバによる空間多重技術が開発されている.空間多重光... [more] PN2019-31
pp.49-54
OCS, LQE, OPE
(共催)
2019-10-17
09:35
鹿児島 サンプラザ天文館(鹿児島) 空間光学系を用いた多レーン集積光送信モジュールにおける効率的調芯手法の開発
村尾覚志望月敬太池田一貴白尾瑞基長谷川清智有賀 博三菱電機OCS2019-27 OPE2019-65 LQE2019-43
多レーン集積光送信モジュール(TOSA)は,パッケージ内で光信号を合波し,シングルモード光ファイバ(SMF)に出力させる... [more] OCS2019-27 OPE2019-65 LQE2019-43
pp.1-6
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
16:50
岩手 MALIOS(盛岡) [招待講演]自動運転時代の車載光イーサネットネット ~ 最新技術と標準化動向 ~
各務 学名工大)・河崎朱里山下達弥豊田中研
自動運転の高度化に伴い、車両内で扱うデータ量が急増している。特にセンサ信号やドメイン間のバックボーンでは、高速で高信頼性... [more]
 158件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会