お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2017-09-23
14:50
京都 京都工芸繊維大学 英語シャドーイング音声の自動評価に向けて ~ 教員による評価データの分析を中心に ~
坪田 康京都工繊大)・伊藤佳世子京大TL2017-40
近年,シャドーイングが英語力の伸長に効果があるという研究報告が増えてきているが,人手での評価は非常に手間がかかるため,授... [more] TL2017-40
pp.13-18
ET 2016-11-18
11:35
静岡 プラザ ヴェルデ 授業の改善点を推定できる階層型アイテムバンクを用いて授業の改善方法を推薦するシステム
中村修也石井隆稔藤森 進赤倉貴子東京理科大ET2016-59
学生による授業評価アンケートの教員に対するフィードバックは,抽象的項目の集計結果のみであることが多い.そのため,具体的な... [more] ET2016-59
pp.23-28
ET 2014-03-08
17:30
高知 高知工業高等専門学校 毎時限授業評価に基づく教授行動の推定モデルの改善に向けた分析的検討
米谷雄介東本崇仁赤倉貴子東京理科大ET2013-121
多くの大学が学生による授業評価を実施している.しかし授業評価は学生による主観的評価にすぎず,具体的な改善点がわからないと... [more] ET2013-121
pp.171-176
ET 2013-03-29
15:40
愛媛 愛媛大学(城北地区) 総括評価を利用した教員の講義改善を支援するための講義映像フィードバックシステム
米谷雄介東本崇仁東京理科大)・古田壮宏奈良教大)・赤倉貴子東京理科大ET2012-113
我々は大学教員が講義の改善点を把握するための支援システムを提案する.講義映像とともに教員の教授行動のデータが提示されるこ... [more] ET2012-113
pp.179-184
SP 2013-02-28
13:10
愛知 大同大学 日本語韻律教育の支援を目的としたオンラインアクセント辞書と読み上げチューターの開発
峯松信明中村新芽鈴木雅之東大)・平野宏子吉林外学院)・中川千恵子早大)・中村則子慶大)・田川恭識早大)・橋本浩弥廣瀬啓吉東大SP2012-115
日本語の韻律教育を支援すべく,日本語教師と協力して自然言語処理技術,音声言語処理技術を用いたオンラインアクセント辞書と読... [more] SP2012-115
pp.1-6
TL 2011-06-24
16:20
東京 機械振興会館 言語使用の場と言語テキストの評価
前坊香菜子一橋大)・難波彩子早大)・坪田 康壇辻正剛京大)・○原田康也早大TL2011-7
教育・学習の場においては、授業の進め方に関する指示・授業内容・学習活動の多くが言語的に表現・伝達され、そこで使用される書... [more] TL2011-7
pp.37-42
ET 2011-03-04
15:55
徳島 徳島大学(変更されました) ビデオ教材を対象とする授業評価システムにおける授業評価フィードバック機能の開発と評価
殿村貴司米谷雄介古田壮宏赤倉貴子東京理科大ET2010-143
著者らは,VOD・非同期型のe-Learning System 上で,ビデオ再生に同期させて授業評価を行うシステムの開発... [more] ET2010-143
pp.293-298
ET 2008-07-19
10:20
福島 福島大学 街なかブランチ ニューラルネットワークを用いた実習レポート評価支援システムの開発
渡邊博之日大ET2008-18
大学の実験や演習の授業では,多くの場合,レポートの提出が要求される。学生自身が理解したことや考えたことがレポートに正しく... [more] ET2008-18
pp.7-12
ET 2005-10-15
16:10
広島 広島市立大 ポートフォリオ評価支援システムのための形式的記述手法の提案
森本康彦富士常葉大/長岡技科大)・喜久川 功東京工芸大)・植野真臣長岡技科大)・横山節雄宮寺庸造学芸大
近年,教育現場においてポートフォリオ評価が注目され,それに伴い電子ポートフォリオを扱うシステムが開発されている.しかしな... [more] ET2005-49
pp.63-68
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会