お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1152件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(共催)
2022-12-03
11:25
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 視覚神経系の特性を模擬する時空間フィルタ回路
山地勇樹奥野弘嗣阪工大MBE2022-33 NC2022-55
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] MBE2022-33 NC2022-55
pp.47-50
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:05
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FPGA-SoMを用いたASIC試作チップ評価システムの構築
今井 雅弘前大)・吉瀬謙二東工大)・米田友洋NIIVLD2022-19 ICD2022-36 DC2022-35 RECONF2022-42
ASIC 試作チップの評価には、各チップの仕様に基づいた評価システムが必要であり、汎用性に乏しい。本 稿では、FPGA-... [more] VLD2022-19 ICD2022-36 DC2022-35 RECONF2022-42
pp.1-6
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-29
10:45
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自律駆動DMAエンジンを搭載したFPGA演算システム
横野智也山部芳朗田仲顕至有川勇輝石崎晃朗NTTVLD2022-28 ICD2022-45 DC2022-44 RECONF2022-51
近年,様々な情報処理基盤は性能及び効率を向上させるために,FPGA,GPU や ASIC を用いた特殊なアクセラレータで... [more] VLD2022-28 ICD2022-45 DC2022-44 RECONF2022-51
pp.55-60
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-29
11:35
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチFPGAシステムの高位合成シミュレーション手法に関する検討
池原陽大本吉圭吾福田航生眞邉泰斗柴田裕一郎長崎大)・上野知洋佐野健太郎理研VLD2022-30 ICD2022-47 DC2022-46 RECONF2022-53
複数の FPGA を接続した FPGA クラスタにアプリケーションを実装する際,既存の高位合成設計環境では,単一モジュー... [more] VLD2022-30 ICD2022-47 DC2022-46 RECONF2022-53
pp.67-71
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
10:45
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ニューロンCMOSインバータを用いたFGC付き4入力可変論理回路のチップ試作とその評価
伊藤祥磨西口大嗣福原雅朗東海大VLD2022-45 ICD2022-62 DC2022-61 RECONF2022-68
近年,回路の再構成が可能であるFPGA (Field Programmable Gate Array) の需要が高まって... [more] VLD2022-45 ICD2022-62 DC2022-61 RECONF2022-68
pp.150-155
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
15:10
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
軽量なワンタイムパスワード認証方式を用いたJTAGアクセス機構のFPGA実装と面積評価
岡本 悠馬 竣王 森レイ甲斐 博高橋 寛愛媛大)・清水明宏高知工科大VLD2022-48 ICD2022-65 DC2022-64 RECONF2022-71
サイバーフィジカルシステム(CPS)を実現するためには,実世界におけるエッジデバイスの耐故障およびセキュリティの保証が必... [more] VLD2022-48 ICD2022-65 DC2022-64 RECONF2022-71
pp.168-173
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
16:40
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
敵対的サンプル攻撃対策をVitis-AIで実現するためのモデル量子化手法の実装と評価
福田悠太吉田康太藤野 毅立命館大VLD2022-51 ICD2022-68 DC2022-67 RECONF2022-74
深層ニューラルネットワーク(DNN)では,敵対的サンプル(Adversarial examples, AEs)生成攻撃が... [more] VLD2022-51 ICD2022-68 DC2022-67 RECONF2022-74
pp.182-187
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
16:15
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FPGA Implementation of Learned Image Compression
Heming SunWaseda U)・Qingyang YiUTokyo)・Jiro KattoWaseda U)・Masahiro FujitaUTokyoVLD2022-53 ICD2022-70 DC2022-69 RECONF2022-76
Learned image compression (LIC) has reached a superior codin... [more] VLD2022-53 ICD2022-70 DC2022-69 RECONF2022-76
pp.194-199
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2022-11-18
16:00
高知 Kochi Startup BASE
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高位合成指向ゲームライブラリにおけるセミ・フルパラレル記述法を用いた多重背景スクロールの開発
李 吉永山脇 彰九工大CAS2022-59 MSS2022-42
より良い社会生活の実現に向けて,広く普及しているモバイル端末の更なる高性能・省電力化が求められている.モバイル端末に動的... [more] CAS2022-59 MSS2022-42
pp.105-110
SANE 2022-11-10
13:50
千葉 千葉大学 (西千葉キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高位合成を用いたCP-SAR画像処理システムの開発
青山拓未難波一輝ヨサファット テトォコ スリ スマンティヨ千葉大SANE2022-56
観測対象に触れることなく, 遠隔から観測を行うリモートセンシング技術において, 円偏波合成開口レーダは重要な役割を期待さ... [more] SANE2022-56
pp.35-38
RECONF 2022-09-07
14:10
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
遺伝的アルゴリズムを用いたSpiking Neural Networkの効率的学習とFPGAアクセラレータによる高速化
渡邉大樹佐藤幸紀豊橋技科大RECONF2022-26
Spiking Neural Network(SNN)は,ニューロモーフィック・アーキテクチャの有望なモデルの一つである... [more] RECONF2022-26
pp.1-6
RECONF 2022-09-07
15:20
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]動きベクトル検出用3D画像フィルタのFPGAへの実装
陳 宇晨ウェイ カイジ西 宏章天野英晴慶大RECONF2022-28
高速に物体追跡を行う手法として、画像圧縮に用いる動きベクトルを利用する方法が提案されている。本研究ではこの手法をFPGA... [more] RECONF2022-28
pp.13-14
RECONF 2022-09-07
15:40
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]配送問題最適化用AmoebaTopのマルチFPGA上での実装
黄 鹏宇Wei Kaijie天野英晴慶大)・青野真士Amoeba EnergyRECONF2022-30
AmoebaTopは、工場配送スケジュールに用いることができるアメーバ最適化ソルバーである。このソルバーをスケジュールす... [more] RECONF2022-30
pp.17-18
RECONF 2022-09-07
15:50
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]音源位置特定処理のFPGAボードへのオフロード
侯 中陽Wei Kaijie天野英晴慶大)・中臺一博東工大RECONF2022-31
ロボット用音響処理システムHARKは、さまざまな処理モジュールを組み合わせてユーザが必要とする処理を実現する。このうち音... [more] RECONF2022-31
pp.19-20
RECONF 2022-09-07
16:00
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]音源分離処理のFPGA上での実装
覃 梓权Wei Kaijie天野英晴慶大)・中臺一博東工大RECONF2022-32
ロボット音響処理用ソフトウェアHARKは、モジュールをつなぎ合わせることにより、必要な処理を実現することができる。音源分... [more] RECONF2022-32
pp.21-22
RECONF 2022-09-08
13:50
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PYNQ-Z2を用いたハイブリッド型学生実験の実現
小島拓也國分海渡齋藤 真富田祐永前田志温東大RECONF2022-39
およそ2年半にわたるコロナ禍を経て、感染拡大防止と教育活動の両方を維持するという観点から対面参加とオンライン参加を選択可... [more] RECONF2022-39
pp.57-58
RECONF 2022-09-08
14:00
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低遅延脳波処理のためのPYNQを用いた生体計測システムプロトタイプ
因間龍星原 雅剛中谷裕教大川 猛東海大RECONF2022-40
脳波 (EEG) 計測により得られた信号に基づいて、脳活動のダイナミクスと認知機能の関係を探る研究は、現在主にオフライン... [more] RECONF2022-40
pp.59-60
RECONF 2022-09-08
14:10
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PYNQ上で動作する複数ROS2ノード自動生成ツールの開発
岡崎英佑東海大)・菅谷みどり芝浦工大)・大川 猛東海大RECONF2022-41
IoTや5G通信における通信基盤として期待されるMECでの計算機は高効率であることが求められる。また、計算機上で動作する... [more] RECONF2022-41
pp.61-62
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
14:45
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]NTNを見据えた衛星搭載機器の研究開発動向
谷 重紀早馬道也江島二葉石原秀樹田中裕之三菱電機)・粟野穰太谷島正信JAXASAT2022-33 RCS2022-108
従来の衛星通信は比較的閉じられたネットワークであったが,NTNの標準化に伴い多種多様なユースケースが検討されはじめている... [more] SAT2022-33 RCS2022-108
pp.25-29(SAT), pp.61-65(RCS)
NLP 2022-08-02
14:40
ONLINE オンライン開催 エルゴード的セルオートマトンを用いた蝸牛モデルの非線形音声処理
久保田一季法政大)・武田健太郎香川大)・鳥飼弘幸法政大NLP2022-34
本研究では,エルゴード的セルオートマトンを用いた蝸牛モデルを提案する.提案モデルは単音刺激に対して周波数選択性を持つ.ま... [more] NLP2022-34
pp.29-34
 1152件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会