お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2015-07-13
13:25
東京 東京工業大学 Fichtner-Freudenberg表現による一般化ビームスプリッターを用いた量子論理回路の定式化について
小平慶太渡邉 昇東京理科大IT2015-22
近年,量子コンピュータにつて研究されている.量子コンピュータは現在使われているコンピュータに比べ,計算速度が圧倒的に速い... [more] IT2015-22
pp.29-34
IT 2015-07-13
13:50
東京 東京工業大学 二つの直交した入力状態を用いたFTMゲートの定式化について
小淵貴裕沖 英幸渡邉 昇東京理科大IT2015-23
本研究ではフレトキンとトフォリによって考案された可逆かつ保存的なFTゲートの光学的モデルであるFTMゲートを用いる。FT... [more] IT2015-23
pp.35-40
IT 2010-07-23
15:20
東京 工学院大学 4ビームスプリッターを用いた量子論理ゲートの誤り確率について
高尾裕亮佐藤弘基渡邉 昇東京理科大IT2010-32
現在のコンピューターを動作させるための原理の一つである論理ゲートは入力線と出力線の数が異なるため入力と出力の関係を可逆的... [more] IT2010-32
pp.119-123
IT 2005-07-21
16:00
大阪 大阪府大 互いに直交する量子状態を用いた4ビームスプリッターゲートの誤り確率について
山中俊幸渡邉 昇東京理科大
現在の計算機の中で基本的に用いられる論理ゲートは、非可逆的であり、情報損失などの様々な問題を引き起こすことが知られている... [more] IT2005-40
pp.25-29
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会