お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, SS
(共催)
2019-01-16
10:50
沖縄 沖縄県青年会館 最適速度交通流モデルに基づく並列多段工程を有する生産ラインの分配パラメータ設計
佐野 徹小西啓治阪府大)・伊藤岳大若山永哉NECMSS2018-70 SS2018-41
最近の「製品寿命の低下」「消費者ニーズの多様化」などに伴う需要の変化に対応する生産システムの構 築が望まれている.本報告... [more] MSS2018-70 SS2018-41
pp.85-90
EMCJ 2018-07-27
15:45
東京 機械振興会館 接触部の荷重が信号伝達特性に与える影響の測定法に関する検討
相原健志東北大)・林 優一奈良先端大)・水木敬明曽根秀昭東北大EMCJ2018-32
電子機器を接続するコネクタ等の接触部では経年劣化や整備不良などの原因により接触不良が生じる.過去の検討により,接触が不十... [more] EMCJ2018-32
pp.61-66
EMD, R
(共催)
2017-02-17
15:10
滋賀 オムロン草津事業所 鉄道用途における重負荷形リードスイッチの信頼性について
濱田健次郎張 琳松田恭史吉瀬克己安川コントロールR2016-66 EMD2016-93
重負荷形リードスイッチ(磁気で駆動するガラス管封入接点)は,使用環境の厳しい鉄道分野に適用できる信頼性,安全性が非常に優... [more] R2016-66 EMD2016-93
pp.37-43
R 2016-12-16
14:40
神奈川 マホロバマインズ三浦(神奈川県三浦市) IEC/TC56/2016年発行IEC TR 63039“確率論的リスク分析”について
佐藤吉信JACOR2016-55
IEC TR 63039は,確率論的なリスク分析に関する次のような指針を提供する:a) 基本的な概念及び用語の定義;b)... [more] R2016-55
pp.7-12
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-08
10:15
沖縄 名桜大 通信ネットワークにおける故障頻度改善効果の解析法
草彅慶太・○林 正博東京都市大CQ2015-138
本論文では、通信ネットワークを構成する要素の故障による故障発生件数が、全体の故障発生件数に占める割合がどの程度であるかを... [more] CQ2015-138
pp.171-176
AP
(第二種研究会)
2016-02-29
14:20
海外 Telecommunications University, Nha Trang A Proposal of Wireless Sensor Network System for Slope Failure Detection Using Smartphones
侯 亜飛藤本まなと諏訪博彦荒川 豊奈良先端大)・Julian Webber矢野一人塚本悟司熊谷智明ATR)・畑山満則京大
Due to frequency occurrence of Typhon and heavy rain and the... [more]
EMD 2015-11-06
12:40
宮城 東北大学工学部青葉記念会館 Estimation of Inductance at Surface Structure in Contact Surfaces of Coaxial Connector
Tomoya SatoTohoku Univ.)・Yu-ichi HayashiTohoku Gakuin Univ.)・Takaaki MizukiHideaki SoneTohoku Univ.EMD2015-81
When a connector has contaminated surfaces or weak contact f... [more] EMD2015-81
pp.77-82
CQ 2015-07-07
11:35
奈良 奈良先端技術大学 A New Method of Approximation for Computing Failure Frequency of System
Masahiro HayashiTokyo City Univ.CQ2015-35
本論文は、システム稼働率の下限値と上限値を多重線形多項式を用いて近似できる時、これらの近似を、システム故障頻度の上限値と... [more] CQ2015-35
pp.81-86
EMD 2013-11-16
10:30
海外 華中科技大学(中国・武漢) Investigation of Noise Interference due to Connector Contact Failure in a Coaxial Cable
Yu-ichi HayashiTakaaki MizukiHideaki SoneTohoku Univ.EMD2013-82
 [more] EMD2013-82
pp.31-33
IPSJ-DPS, IPSJ-GN, IPSJ-EIP
(共催)
CQ, MoNA
(併催) [詳細]
2013-09-12
10:10
石川 金沢工業大学 通信ネットワークの故障頻度過渡解析法の検討
鴻上 翼林 正博東京都市大CQ2013-32
本研究では、通信ネットワークにおける故障発生件数の多さの時間変動に関わる信頼性評価尺度である瞬間故障頻度と瞬間回復頻度を... [more] CQ2013-32
pp.23-28
CQ 2012-07-13
15:25
愛媛 愛媛大学 通信会社の経営指標に対する信頼性の影響
林 正博東京都市大CQ2012-40
本論文は、通信会社の経営指標に対する信頼性の影響を分析する方法を提案する。既に、一つの経営指標として、市場シェアに対する... [more] CQ2012-40
pp.137-142
EMD, R
(共催)
2012-02-17
11:00
京都 オムロンラーニングセンタ 新規アクリルポリマーの近傍におけるリレー接点の接触抵抗特性に関する実験的検討
長谷川 誠小林菜々絵千歳科技大)・河野良行安藤 寛カネカR2011-43 EMD2011-117
著者らは既に、シリコーン系材料の代替品としての利用を意図したシリコーン成分を含有しない新しい反応硬化形アクリルポリマーか... [more] R2011-43 EMD2011-117
pp.7-12
EMD 2011-11-17
17:10
秋田 秋田大学 手形キャンパス Contact Resistance Characteristics of Relays Operated in Vapors Evaporated from Cured Polymeric Products
Nanae KobayashiMakoto HasegawaChitose Inst. of Science & Tech.)・Yoshiyuki KohnoHiroshi AndoKanekaEMD2011-85
The authors have already reported that when relays were oper... [more] EMD2011-85
pp.97-102
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-08
16:35
長崎 やすらぎ伊王島 通信ネットワークの信頼性評価尺度の検討
林 正博NTTCQ2010-84
不稼働率は、障害発生回数の多さを表す故障頻度と、障害復旧に要する時間の長さを表すMTTRを乗算した値であり、通信ネットワ... [more] CQ2010-84
pp.99-104
EMD, R
(共催)
2011-02-18
13:55
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) 揮発ガス雰囲気中で動作するリレー接点の接触抵抗特性に関する実験的検討
長谷川 誠小林菜々絵千歳科技大)・河野良行カネカR2010-44 EMD2010-145
シリコーンを含有しないアクリル系ポリマー材料、ならびに従来のシリコーン系ポリマー材料からの揮発ガス成分がリレー接点の接触... [more] R2010-44 EMD2010-145
pp.13-18
EMD 2010-11-11
14:30
海外 西安交通大学(中国、西安) 樹脂材料の近傍で動作するリレー接点の接触抵抗特性に関する実験的検討
小林菜々絵長谷川 誠千歳科技大)・河野良行カネカEMD2010-85
A commercially-available mechanical relay (AgSnIn contacts) ... [more] EMD2010-85
pp.77-80
EMD 2010-11-12
09:00
海外 西安交通大学(中国、西安) An Analysis of EM Radiation from Transmission Line with Loose Contact of Connector
Yu-ichi HayashiTakaaki MizukiHideaki SoneTohoku Univ.EMD2010-99
 [more] EMD2010-99
pp.133-136
EMD, R
(共催)
2010-02-19
13:25
大阪 パナソニック「松心会館」 リレー接点の接触抵抗特性に対するシリコーン系及び非シリコーン系ポリマー硬化物の影響に関する実験的検討(その3)
長谷川 誠千歳科技大)・河野良行カネカR2009-52 EMD2009-119
非シリコーン系アクリルポリマー材料ならびに接触障害対策グレードのシリコーン系ポリマー材料からの揮発ガス成分がリレー接点の... [more] R2009-52 EMD2009-119
pp.13-18
ICD 2009-12-14
10:50
静岡 静岡大学(浜松) [招待講演]電源雑音とプロセッサ動作エラーのオンチップ評価技術
深澤光弥ルネサステクノロジ)・永田 真神戸大ICD2009-77
CMOSデジタルLSIの論理動作は電源電圧降下に対し高感度であり,過大な電圧降下は動作エラーを引き起こす.本稿では90-... [more] ICD2009-77
pp.7-12
EMD 2009-11-20
11:20
東京 日本工業大学 神田キャンパス Effect of Contact Point Distribution to the High-Frequency Impedance on a Coaxial Connector
Yu-ichi HayashiTohoku Univ.)・Songping WuJun FanMissouri Univ. of Sci. and Tech.)・Takaaki MizukiHideaki SoneTohoku Univ.EMD2009-94
 [more] EMD2009-94
pp.109-112
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会