お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR, UWT
(併催)
2023-01-27
11:30
東京 東海大学 高輪キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]東海道新幹線のための無線通信装置とアンテナの開発
松村善洋丹下智之西山武志笹木栄志JR東海)・西本研悟圷 浩行三菱電機)・井倉裕之荒川智樹NEC)・眞田幸俊慶大SR2022-77
東海道新幹線のための新型静電アンテナ と ミリ波列車無線 の開発経緯 について概略を紹介する。静電
アンテナに関して ... [more]
SR2022-77
pp.28-34
LOIS, IPSJ-DC
(連催)
2022-07-07
14:55
ONLINE オンライン開催 3s2sub:スマートフォン内蔵型加速度計による転倒検知ためのデータ分割方式提案
郭 鵬宇中山雅哉東大LOIS2022-7
 [more] LOIS2022-7
pp.18-23
MBE, IEE-MBE
(連催)
2022-06-17
15:50
ONLINE オンライン開催 高齢者のための歩容見守り方式の検討 ~ 慣性センサと無線通信の適用 ~
戸谷伸之北海道情報大)・北川広大八戸高専)・和田親宗九工大MBE2022-11
高齢化社会において,在宅中や屋外における転倒事故が多数発生し,重症化や転倒を恐れて外出を控えることが多くなっている.高齢... [more] MBE2022-11
p.13
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-05
15:35
ONLINE オンライン開催 シルバーカーに着脱可能な段差検知および通知デバイス
島田友憲岩井将行東京電機大WIT2020-32
高齢者は身体機能の低下を防ぐため,日常的に外出行動をして運動する事が必要であるが,転倒する危険性もある.本研究では,転倒... [more] WIT2020-32
pp.16-19
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-01
10:25
ONLINE オンライン開催 加速度センサを用いたLSTMに基づく転倒検知
魚谷義也葉 臣山本幸平大槻知明慶大SeMI2020-59
近年,高齢化に伴い高齢者の転倒事故の増加が問題となっている.これに対し,加速度センサによる転倒検知法が研究・開発されてい... [more] SeMI2020-59
pp.7-12
MoNA 2019-01-16
10:30
京都 キャンパスプラザ京都(京都駅前) [奨励講演]網内分散型深層学習MicroDeepの実装と転倒検知への応用
福島悠太山口弘純東野輝夫阪大MoNA2018-59
近年,センシングデータを無線でリアルタイム集約する無線センサネットワーク(Wireless Sensor Network... [more] MoNA2018-59
pp.13-18
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
13:00
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス [ポスター講演]センシング機能付きパッシブRFIDタグを用いた高齢者の転倒検知システムの提案
戸田光一篠宮紀彦創価大ASN2018-57 SRW2018-22
日本では,高齢者の人口が増加するなか,介護人員の不足が問題となっている.この問題を解決する為,カメラやウェアラブルデバイ... [more] ASN2018-57 SRW2018-22
pp.31-34(ASN), pp.7-10(SRW)
CNR, IN
(共催)
MoNA
(併催) [詳細]
2017-11-17
09:00
福岡 北九州国際会議場 網内学習型ネットワークによる転倒検知システムの実現
三浦太樹福島悠太濱谷尚志山口弘純東野輝夫阪大MoNA2017-19
家庭やケア施設などで高齢者の転倒を素早く検知し,適切な処置を実施することは,見守りのみならず,早期治癒や後遺障害の予防に... [more] MoNA2017-19
pp.25-30
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-19
14:00
大分 別府 花菱ホテル ドップラー解析に基づくアレイアンテナを用いた転倒検知
縣 侑吾大槻知明豊田健太郎慶大ASN2016-72
高齢者の独り暮らしの増加に伴い, 高齢者を見守るシステムの構築が急務となっている.カメラやウェアラブルセンサを用いる方法... [more] ASN2016-72
pp.19-24
IA 2015-11-12
14:30
千葉 成田ビューホテル Challenges and Issues in Combining Smartphone and Force Sensor Insole for Fall Detection in the Elderly
Romtham SripotchanartPetcharat SuriyachaiPrince of Songkla Univ.IA2015-49
Nowadays, a smartphone is widely used as a communication dev... [more] IA2015-49
pp.65-69
PRMU, CNR
(共催)
2015-02-20
09:30
宮城 東北大学 距離画像センサを用いた高齢者の転倒検出システムの構築
飯尾尊優塩見昌裕萩田紀博ATRPRMU2014-136 CNR2014-51
介護施設において高齢者の転倒を早急に発見することは重要である。本研究では、環境に設置された距離画像センサを用いて高齢者の... [more] PRMU2014-136 CNR2014-51
pp.107-111
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-08-01
15:40
京都 京都テルサ アレーセンサを用いた未学習転倒の検知
日野裕介洪 志勲大槻知明慶大ASN2014-80
家庭での高齢者の事故の中で,転倒事故は最も大きい割合を占める.
高齢者の転倒を検知する方法には様々なものがあるが,それ... [more]
ASN2014-80
pp.213-217
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-08-01
16:05
京都 京都テルサ 低解像度赤外線アレイセンサを用いた転倒検知
増山翔太洪 志勲大槻知明慶大ASN2014-81
近年,超高齢社会となった日本では高齢者を見守るシステムの需要が高まっている.高齢者の事故の多くは転倒・転落によるもので,... [more] ASN2014-81
pp.219-224
MBE 2014-06-13
15:45
北海道 北海道大学 熱画像センサを用いた入浴動作における転倒判定
宮坂智哉北海道科学大)・東海林正敬リトルスノー)・田中敏明東大)・佐賀匡史チノー)・春名弘一井野拓実棚橋嘉美難波志帆山下政司北海道科学大MBE2014-25
熱画像センサを用い,プライバシーに配慮して入浴時の見守りや転倒・異常を検出するシステムを検討した.健常者を被験者として入... [more] MBE2014-25
pp.63-66
SIS 2013-12-13
10:00
鳥取 とりぎん文化会館(鳥取) Detection of Sporadic Heavy Rain Using Rainfall Attenuation in Microwave Mesh Network
Gemalyn AbrajanoTakeshi HigashinoMinoru OkadaNAISTSIS2013-46
Since microwave links are greatly attenuated by rainfall, in... [more] SIS2013-46
pp.105-110
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
10:35
福岡 福岡工業大学 深度センサによる高齢者の見守りシステム
黒澤 瞬渋沢 進茨城大IMQ2012-37 IE2012-141 MVE2012-98 WIT2012-47
近年, ひとり暮らしをする高齢者の増加に伴い, 高齢者の生活を遠隔地から見守る社会的な必要性が生じている.ひとり暮らしで... [more] IMQ2012-37 IE2012-141 MVE2012-98 WIT2012-47
pp.17-22
BioX
(第二種研究会)
2012-08-27
17:00
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス Privacy-preserved fall detection by an infrared ceiling sensor network
Shuai TaoMineichi KudoHidetoshi NonakaHokkaido Univ.
 [more]
RCS, NS, USN
(併催)
2012-07-19
10:40
岩手 岩手大学 複数ドップラーセンサを用いた転倒検知
冨井翔一朗大槻知明慶大USN2012-17
近年,電波のドップラー効果を利用して人の行動をセンシングするドップラーセンサを用いた行動識別が注目されている.ドップラー... [more] USN2012-17
pp.1-6
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2012-05-22
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 見守りのための電波型センサを用いた転倒検知方式
磯部 翔前野蔵人OKI)・鎌倉稔成中大HCS2012-7 HIP2012-7
高齢の親を心配する子供によって,ビデオやマイクを使った遠隔コミュニケーションツールも登場してきているが,映像等で常時コミ... [more] HCS2012-7 HIP2012-7
pp.37-42
ICD
(ワークショップ)
2010-08-16
- 2010-08-18
海外 ホーチミン市百科大学 Application of System on Chips (SoCs) for Recent Robotic Researches
Bui Trung ThanhNguyen Dinh UyenMai LinhIU
This paper presents a process of applying advanced integrate... [more]
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会