お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
15:45
ONLINE オンライン開催 リアルタイムBluetoothプロトコルファジングシステム
王 博鈴木亜香JVCケンウッド)・楫 勇一名大IT2020-137 ISEC2020-67 WBS2020-56
近年,Bluetooth 通信を行う IoT (Internet of Things) 製品の実用化と普及に伴い,ソフト... [more] IT2020-137 ISEC2020-67 WBS2020-56
pp.152-159
HWS 2020-04-07
11:15
ONLINE オンライン開催 IoTPoCoFuzz: IoT機器に対する消費電力を考慮したファジング
水野慎太郎西垣正勝大木哲史静岡大HWS2020-4
本稿では,外部からの入力を可能とする事で,IoT機器といった入力やファザーの起動に制限のある機器でファジングを実施可能な... [more] HWS2020-4
pp.19-24
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
14:10
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
AddressSanitizerを併用したデバイスドライバに対するファジングの有効性検証
石井健太郎神戸大)・伊沢亮一NICT)・森井昌克神戸大ICSS2019-76
OSの中核機能であるカーネル内で動作するデバイスドライバは,脆弱性を悪用された場合,そのコンピュータの制御を奪われる恐れ... [more] ICSS2019-76
pp.49-53
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-22
15:50
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 データ生成プログラムを利用したデータ項目の型推定に基づく変異ベースファジング
樋口瑛子石浦菜岐佐難波学之関西学院大VLD2019-62 CPSY2019-60 RECONF2019-52
本稿では, ソフトウェアのセキュリティを対象としたファジングの効率を向上させるための情報を, データを生成するプログラム... [more] VLD2019-62 CPSY2019-60 RECONF2019-52
pp.49-53
ICSS 2017-11-20
14:15
大分 別府国際コンベンションセンター [招待講演]コネクテッドカーに対するサイバーセキュリティアセスメント事例と今後の展望
神薗雅紀PwCサイバーサービスICSS2017-38
コネクテッドカーの目覚ましい台頭の裏に,様々なサイバーセキュリティの脅威や脆弱性が報告されている.特に大きく取り上げられ... [more] ICSS2017-38
pp.1-4
ICSS 2016-11-25
14:40
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 脅威モデリング連携型ファジングテスト手法の提案
西尾泰彦城間政司CCDS)・井上博之CCDS/広島市大ICSS2016-41
本研究の目的は,IoTシステムのセキュリティを確保できるファジングテスト手法を確立することである.セキュリティの確保のた... [more] ICSS2016-41
pp.15-20
DC 2010-10-14
14:40
東京 機械振興会館 Webアプリケーションの脆弱性検出を目的とした自動テストツールの性能評価
中井亮介土屋達弘菊野 亨阪大DC2010-21
本研究ではWebアプリケーションの脆弱性検出ツールを用いた実験を行い,False Positiveの割合などを基準として... [more] DC2010-21
pp.19-23
ISEC 2007-12-19
17:25
東京 機械振興会館 SIPプロトコルに対するFuzzing攻撃の検知システムとその実証実験
小澤真佐也中大)・エリック チェン伊藤光恭NTT)・羽鳥光俊中大ISEC2007-128
近年利用者が増加してきているVoIPネットワークに対する脅威として,いろいろな攻撃手法が存在する.その中にSIPプロトコ... [more] ISEC2007-128
pp.115-121
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会