お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2019-11-09
16:30
広島 広島市立大学 主成分分析を用いた学生の分類について
李 雅文能上慎也東京理科大ET2019-57
本稿では、経営学部一年生の試験の得点に関するダミーデータを用い、学生の成績と得意科目、及びその学生のタイプ(理系か文系か... [more] ET2019-57
pp.55-58
ET 2019-03-15
14:50
徳島 鳴門教育大学 テスト得点を考慮した科目難易度とGPAの提案
吉田里奈能上慎也東京理科大ET2018-94
現在,多くの大学では学生の成績評価方法としてGPA(Grade Point Average)が導入されており,その評価方... [more] ET2018-94
pp.41-46
SWIM 2013-11-29
14:20
神奈川 東京工芸大学 科目難易度と個人成績を考慮した新しいGPAの提案
稲垣麻央能上慎也東京理科大SWIM2013-14
現在,学生の成績評価方法としてGrade Point Average(GPA)が多くの大学で導入されている.GPAとは,... [more] SWIM2013-14
pp.15-22
IN, NS
(併催)
2011-03-03
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター アドホックネットワークにおける自律分散クラスタリング技術の適用可能性の検証
高山裕紀作元雄輔首都大東京)・高野知佐広島市大)・会田雅樹首都大東京IN2010-166
著者らはこれまでに,アドホックネットワークにおける自律分散クラスタリング技術として,拡散現象にくりこみ変換を適用し,ドリ... [more] IN2010-166
pp.133-138
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会