お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 348件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE, SAT
(併催)
2023-03-02
11:00
沖縄 宮古島市中央公民館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
最適ドローン数を適用したリレー型GPSによる測位誤差改善効果
山中梨緒杉山隆利工学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
LOIS, ICM
(共催)
2023-01-19
15:00
福岡 北九州国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
GPSデータに基づく粒度変更可能な生活圏を用いた個人認証のための類似度計算方式の検討
遠山大督原 直阿部匡伸岡山大ICM2022-35 LOIS2022-35
本研究では,GPSデータから抽出した生活圏を用いて,個人認証を行うことを目的としている.生活圏は滞在地や移動経路といった... [more] ICM2022-35 LOIS2022-35
pp.25-30
SR 2022-11-08
10:55
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
QZSSショートメッセージSS-CDMA通信システム ~ 天空率による衛星信号受信誤差の評価 ~
北 寛登小熊 博富山高専)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2022-60
我々は準天頂衛星システムを用いて災害時には安否確認システムとして活用できるショートメッセージ通信システムの提案を行ってい... [more] SR2022-60
pp.84-90
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-01
14:25
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別招待講演]災害時の携帯対応臨時無線中継システム ~ Role as a Life Line としての役割 ~
藤井輝也東工大NS2022-65 IN2022-30 CS2022-38
雪、土砂、瓦礫の下に埋もれた遭難者の人命救助では一刻も早く遭難者の位置を特定することが重要である。遭難場所が携帯通信のサ... [more] NS2022-65 IN2022-30 CS2022-38
pp.29-34(NS), pp.19-24(IN), pp.1-6(CS)
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
10:40
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
新宿エリアにおける受信電力と擬似距離に基づく反射回数/入射角推定によるGPS測位誤差改善効果
斎藤晃一杉山隆利工学院大SAT2022-30
GPS測位ではGPS衛星と受信点間の電波伝搬時間により計算される擬似距離からGPS測位演算を行っているが,特に反射波の受... [more] SAT2022-30
pp.12-17
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
16:05
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MADOCAによる移動体測位の性能改善
浪江宏宗阿部伊織アウン ミン カン正岡 瞭防衛大SANE2022-25
準天頂衛星「みちびき」が放送する,高精度測位補正技術MADOCA は,cm 級の測位補正を,日本と周辺国(アジア・オセア... [more] SANE2022-25
pp.18-19
CS 2022-07-14
13:55
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別招待講演]低コストで複数AUVチーム運行を実現するための海中無線通信を利用した海中測位システム
和田知久琉球大CS2022-24
通常のAUVによる海底探索では図1に示すように、海底での位置を母船より得て、その後は慣性航行装置で、海中の位置を把握する... [more] CS2022-24
p.46
SANE 2022-07-01
13:50
茨城 JAXA筑波宇宙センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
準天頂衛星システムのcm級測位補強サービスCLASによる水泳運動計測の基礎実験
浪江宏宗アウン ミン カン阿部伊織正岡 瞭防衛大SANE2022-16
これまで、水泳中における泳者の三次元位置、速度、加速度等の科学データの計測・収集は、上方や水中からのカメラ映像、また、研... [more] SANE2022-16
pp.8-11
CAS, CS
(共催)
2022-03-04
15:30
ONLINE オンライン開催 GNSSデータに基づく電離圏電子数と計器バイアスの推定に関する研究
岩崎拓磨内匠 逸名工大)・毛利元昭愛知大CAS2021-98 CS2021-100
GEONETから取得したデータを用いて,計器バイアス及びVTECの推定を行う.異なる季節の日の計器バイアスを推定すること... [more] CAS2021-98 CS2021-100
pp.130-135
PRMU 2021-12-16
14:45
ONLINE オンライン開催 中断時系列分析を用いた人流抑制の効果推定
土井一磨筑波大)・大西正輝産総研PRMU2021-35
ある事象へ介入を行った場合にその事象が変容したかどうかを調べる手法として介入効果推定があげられる.
介入効果推定の中で... [more]
PRMU2021-35
pp.61-66
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
14:55
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
受信性能差を補正した時系列受信データを用いた高精度位置指紋法の計算量の削減
辻野孝弘藤井輝也東工大RCS2021-151
GPSを利用しない位置推定法として,予め位置ごとに複数の基地局の電波の受信電力を測定した位置指紋データを用意しておいて,... [more] RCS2021-151
pp.40-45
SANE 2021-08-26
16:15
ONLINE オンライン開催 ドップラの異なるマルチパス波を抑圧する移動体搭載型GNSS受信機
寺田 翼網嶋 武高橋龍平三菱電機SANE2021-27
都市部のGNSS測位ではマルチパスが擬似距離に影響を与え測位誤差をもたらす.ナローコリレータ等の擬似距離誤差低減手法では... [more] SANE2021-27
pp.26-31
RCS, SAT
(併催)
2021-08-27
16:20
ONLINE オンライン開催 高層ビル群環境下での受信電力と疑似距離に基づく反射回数と入射角推定を用いたGPS測位誤差改善効果
斎藤晃一杉山隆利工学院大SAT2021-37
GPS測位ではGPS衛星とGPS受信機間の電波伝搬時間により計算される疑似距離からGPS測位演算を行っているが,特に反射... [more] SAT2021-37
pp.49-54
RCS, SAT
(併催)
2021-08-27
17:10
ONLINE オンライン開催 ドローンを用いたリレー型GPSにおける受信機配置に対する測位誤差特性
吉田恒平杉山隆利工学院大SAT2021-39
近年,GPS(Global Positioning System)が広く活用されているが,高層ビルなどが多く存在する都市... [more] SAT2021-39
pp.61-66
SANE 2021-05-13
10:25
ONLINE オンライン開催 軍民両用技術として見た電子戦技術の新たな展開
小林正明SANE2021-2
軍事分野では,警戒監視,目標捕捉,射撃管制,ミサイル誘導,通信,航法等において様々な電磁波が利用され,敵の電磁波の利用を... [more] SANE2021-2
pp.5-10
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-06
09:55
ONLINE オンライン開催 準天頂衛星の補強サービスと2アンテナ式GPSを用いた歩行者移動経路の高精度測位に関する実証実験
牧野秀夫新潟大)・中澤陽平高千穂大)・前田義信高橋 昌新潟大)・小林 真若月大輔筑波技大)・井筒 潤杉田 暁福井弘道中部大WIT2020-35
視覚障碍者に対する屋外歩行時の測位や大規模災害発生時における救急隊員などへの位置情報提供を目的に,準天頂衛星と2アンテナ... [more] WIT2020-35
pp.32-36
SANE, SAT
(併催)
2021-02-19
13:00
ONLINE オンライン開催 地球圏外を飛行する小型宇宙機の軌道決定のためのOne-wayレンジング手法
名田悠一郎東大)・川口淳一郎JAXASANE2020-67
小型宇宙機によるミッションが増加しており、地球周回のみならず深宇宙探査を行うものなども出てきている。地球近傍では、GPS... [more] SANE2020-67
pp.52-56
SANE 2021-01-29
16:10
ONLINE オンライン開催 広域マルチラテレーションにおけるGPS障害対策の改善
宮崎裕己長縄潤一田嶋裕久小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2020-56
広域マルチラテレーション(WAM)は,航空機が送信する信号を複数の受信局で検出して,信号の到達時間差(TDOA)から測位... [more] SANE2020-56
pp.96-101
ET 2020-12-12
13:50
ONLINE オンライン開催 GPSログを用いたハンググライダーの旋回評価支援システムの検討
塚崎圭一越智洋司井口信和近畿大ET2020-40
ハンググライダーの飛行評価の1つに旋回行動がある.しかしそれを客観的に評価することは困難である.本研究ではGPS飛行軌跡... [more] ET2020-40
pp.33-36
SR 2020-11-20
11:15
ONLINE オンライン開催 LoRa出力電力差による伝搬特性差分を考慮したシステム構成の検討 ~ 野々市市コミュニティバス経路において ~
石川柊斗矢部 晃坂内遼太郎金沢工大)・袖 美樹子国際高専SR2020-42
バスロケーションシステムは地域住民の足であるコミニュティバスの到着に対する不安を解消することを目的としており,バスにGP... [more] SR2020-42
pp.128-134
 348件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会