お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 264件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2022-06-08
10:45
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
GPU-FPGAの直接データ転送方式の検討
河西 駿長名保範琉球大RECONF2022-16
今日のHPC 分野では一般に高性能なCPU のクラスタや、電力律速を回避するためにGPU (Graphics Proce... [more] RECONF2022-16
pp.68-73
SR 2022-05-11
15:40
東京 NICT本部(小金井)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]GPUによるvRANアクセラレーション ~ NVIDIAプラットフォームとAerial SDKの解説 ~
橋本典征野田 真エヌビディアSR2022-3
5G、そしてBeyond 5Gに向けた新しいトレンドとして、汎用ハードウェアを用いて仮想化され、業界標準のオープンな仕様... [more] SR2022-3
pp.13-17
IE 2022-01-24
11:10
東京 国立情報学研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
疎な4次元光線情報の奥行き分布に応じた稠密補間処理の効率化
吉野秀道東京理科大/NII)・児玉和也NII)・浜本隆之東京理科大IE2021-27
自然な臨場感を与える光線再現型の立体映像システムの構築に向けて,光線取得に用いる超多眼撮像系の低コスト化が要求されている... [more] IE2021-27
pp.1-4
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-25
09:30
ONLINE オンライン開催 GPUを用いた並列処理による物体間最小距離近似計算アルゴリズムの高速化
福田真珠美黒川恭一松原 隆岩井啓輔防衛大VLD2021-62 CPSY2021-31 RECONF2021-70
衛星を安全に運用するためには他の衛星やデブリとの衝突を予測し回避することが必要だが,総当たり計算を行う必要があるこの予測... [more] VLD2021-62 CPSY2021-31 RECONF2021-70
pp.73-77
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2021-12-27
15:00
ONLINE 国立情報学研究所(NII)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
GPUを用いた高次元データに対する逆k最近傍検索の高速化
対比地恭平筑波大)・天笠俊之CCSDE2021-18
逆$ k $最近傍検索とは,あるクエリ点が与えられたときに,それを$ k $最近傍に持つようなすべてのデー タ点を検索す... [more] DE2021-18
pp.19-24
SWIM, SC
(共催)
2021-08-27
15:55
ONLINE オンライン開催 (FIT2021との併催) ヘテロデバイス自動オフロード時の電力使用量削減評価
山登庸次NTTSWIM2021-25 SC2021-23
近年,少コアCPUだけでなく,GPU,FPGA,メニーコアCPU等のヘテロなデバイスを利用したシステムが増えている.しか... [more] SWIM2021-25 SC2021-23
pp.75-80
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-25
16:00
ONLINE オンライン開催 Mesh TensorFlowを用いたモデル並列学習におけるCPU-GPU間のデータ転送最適化
横手宥則三輪 忍八巻隼人本多弘樹電通大CPSY2020-56 DC2020-86
深層学習には膨大な計算時間を要することから、複数GPUを用いた並列化が行われることが多い。深層学習の並列化方式の1つのモ... [more] CPSY2020-56 DC2020-86
pp.37-42
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-26
10:55
ONLINE オンライン開催 FPGA/GPU協調によるネットワーク型不正侵入検知システムの構築
菊地駿太産総研/東大)・池上 努Akram ben Ahmed産総研)・工藤知宏東大/産総研)・小林諒平藤田典久朴 泰祐筑波大VLD2020-59 CPSY2020-42 RECONF2020-78
近年,CPUの性能向上が鈍化していることなどにより,複数種類のプロセッサを組み合わせて処理を行うヘテロジーニアスコンピュ... [more] VLD2020-59 CPSY2020-42 RECONF2020-78
pp.113-118
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
13:30
ONLINE オンライン開催 GPUを用いたMRI拡散信号シミュレーション法高速化の検討
中村和浩木下俊文秋田脳研MBE2020-15
脳血管を模擬したMRI拡散信号シミュレーションモデルでは,生理的条件に近いシミュレーションをおこなおうとすると計算時間が... [more] MBE2020-15
pp.15-18
MI 2020-09-03
15:10
ONLINE オンライン開催 名古屋大学スーパーコンピュータ「不老」における医用画像処理
大島聡史小田昌宏片桐孝洋森 健策名大MI2020-32
名古屋大学情報基盤センターでは2020年7月1日に新しいスーパーコンピュータ「不老」のサービス運用を開始した。「不老」は... [more] MI2020-32
pp.69-74
EE, IEE-SPC
(併催)
2020-03-05
14:29
長崎 壱岐文化ホール( 長崎県壱岐市 )
(開催中止,技報発行あり)
GPUを用いたコイルサイズを制約とするWPTシステムにおける転送効率最大化
朱 聞起グエン キエン関屋大雄千葉大EE2019-80
磁気結合型無線電力伝送システムの開発において、コイルサイズ等の制約条件の下で、システム最適化設計による電力転送効率の向上... [more] EE2019-80
pp.31-36
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
17:00
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
視覚数理モデルシミュレーションの高速化と錯視画像の探索
柳田悠介佐藤俊治策力木格吉永 努電通大NC2019-89
視覚数理モデルの数値シミュレーションを実行することで,特定の時系列画像がヒトの錯視を誘発させるか否かを推定することが可能... [more] NC2019-89
pp.77-82
SAT, SANE
(併催)
2020-02-20
14:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) AIアクセラレータによるチャープZ変換の高速化手法
水戸部 賢松尾咲希後町将人柿谷 彬白石 將三菱電機SANE2019-115
周波数分割MIMO(Multi input Multi output) レーダにおける受信信号の長時間積分では, 移動目... [more] SANE2019-115
pp.91-95
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
16:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 [招待講演]回路による計算の諸側面
中野浩嗣広島大VLD2019-79 CPSY2019-77 RECONF2019-69
本講演では,著者がこれまでに行ってきた並列処理やFPGA向けハードウェアアルゴリズムの研究について解説する.特に,理論的... [more] VLD2019-79 CPSY2019-77 RECONF2019-69
p.157
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-24
11:00
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 ソフトウェアスイッチによるマルチGPU深層学習のパラメータ集約
古川雅輝井坪知也松谷宏紀慶大VLD2019-83 CPSY2019-81 RECONF2019-73
近年、GPUを搭載した複数のマシンをリモート接続したGPUクラスタを用いた分散深層学習が注目を集めている。GPUクラスタ... [more] VLD2019-83 CPSY2019-81 RECONF2019-73
pp.175-180
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-24
11:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 CUDAを用いたハッシュ関数Keccakに対応するレインボーテーブル生成の高速化
グェン ダット トゥオン岩井啓輔松原 隆黒川恭一防衛大VLD2019-84 CPSY2019-82 RECONF2019-74
本稿では,GPU用統合開発環境CUDAを用いたハッシュ関数Keccakに対応するレインボーテーブル生成の高速化実装を提案... [more] VLD2019-84 CPSY2019-82 RECONF2019-74
pp.181-186
TL 2019-12-22
09:35
愛媛 愛媛大学 〒790‐8577 松山市文京町3番 −1 AIを利用した打音判定システム
福村飛翔伊藤 篤宇都宮大)・日比野克彦ポート電子TL2019-44
橋梁やトンネルなどの社会インフラは, 経済活動において非常に重要であるが, 近年, 老朽化が進んでおり,点検業務の需要の... [more] TL2019-44
pp.7-12
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
13:50
東京 学習院大学 [ポスター講演]GPUを用いた量子ダイナミクスの高速シミュレーション
河瀬良亮藤井啓祐阪大
近年、誤り訂正機能のない中規模の量子コンピュータ(NISQ)が台頭してきた。このNISQ上で動作する量子アルゴリズムは、... [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-25
10:55
北海道 北見市民会館 ネットワーク接続型GPUを用いたR-GCNの分散処理
木畑登樹夫松谷宏紀慶大CPSY2019-24 DC2019-24
ナレッジ・ベースを表す関係グラフデータは、ソーシャルネットワークのデータ収集など、様々なアプリケーションで用いられている... [more] CPSY2019-24 DC2019-24
pp.103-108
MI 2019-07-05
17:10
北海道 はこだて未来大学 [ショートペーパー]GPUを用いた血管径可視化手法の高速化
上田 満岡山県立大)・近藤真史茅野 功川崎医療福祉大)・横川智教佐藤洋一郎岡山県立大)・杉原雄策松本和幸岡山大病院MI2019-23
血管や消化器系等の管状組織の診断では,その管径や狭窄形態が重要な所見となるが,その判断は医師の主観的な評価に委ねられてい... [more] MI2019-23
pp.21-22
 264件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会