お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
09:40
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LSTMを用いた任意パラメータ指定可能なネットワークトラヒック生成
栗山海渡渡部康平長岡技科大IN2022-20
近年,情報化社会に伴って,ユーザの使用する端末の多様化が進んで来ており,多様な端末に応じたネットワークの評価が重要になっ... [more] IN2022-20
pp.27-32
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
10:05
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
GANの意味空間における属性ベクトル場の学習
青嶋雄大松原 崇阪大NC2022-12 IBISML2022-12
敵対的生成ネットワーク (GAN) は非常に高精度に画像を生成することができる.
また,GANの生成画像を意味的に編集... [more]
NC2022-12 IBISML2022-12
pp.94-99
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]局所的な真偽判定を用いた敵対的学習に基づく教師なし音声処理歪み補正
荻野里久西城耕平早大)・藤枝 大OKI)・小川哲司早大SP2022-13
本研究では,収音したいエリアに含まれる音源を強調するエリア収音の後処理として用いる歪み補正器を,教師無し学習する方式につ... [more] SP2022-13
pp.49-54
MI 2022-01-26
13:00
ONLINE オンライン開催 敵対的生成ネットワークによるカラー腹腔鏡超解像画像の生成時における画質と学習効果の関係性
河畑則文北大)・中口俊哉千葉大MI2021-59
パーソナルコンピュータのパフォーマンスの向上により,医療従事者及び研究者は,低価格かつ高性能に医用画像診断支援をすること... [more] MI2021-59
pp.59-64
MI, MICT
(共催) [詳細]
2021-11-05
15:50
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]Pix2pixを用いたスケッチに基づく肺がんCT画像の生成 ~ スタイルブロックの採用による表現力向上の試み ~
遠田 涼寺本篤司藤田医科大)・辻本正和藤田医科大病院)・外山 宏近藤征史今泉和良齋藤邦明藤田医科大)・藤田広志岐阜大MICT2021-42 MI2021-40
医用画像を対象とし,データ不足を補う目的で利用されている敵対的生成ネットワーク(GAN)であるが,生成される病変像のバリ... [more] MICT2021-42 MI2021-40
pp.66-67
CAS, NLP
(共催)
2021-10-14
15:50
ONLINE オンライン開催 ニューラルネットワークとビットワイズニューラルネットワークによる敵対的生成ネットワークの構築
松野匠真ゴーチェ ロヴィック有明高専CAS2021-28 NLP2021-26
敵対的生成ネットワーク(GAN)は,本物に近い偽物のデータを作り出す生成ネットワークと本物と偽物のデータを見分ける識別ネ... [more] CAS2021-28 NLP2021-26
pp.62-67
MI 2021-03-17
11:00
ONLINE オンライン開催 敵対的生成ネットワークによるカラー腹腔鏡超解像画像の最適設計と画質評価
河畑則文東京理科大)・中口俊哉千葉大MI2020-91
敵対的生成ネットワークは,データから特徴を学習することで,実在しないデータを生成する一方で,存在するデータ特徴に沿って変... [more] MI2020-91
pp.186-190
EMM 2021-03-04
14:45
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]敵対的生成ネットワークによる映像改ざん検出法の改良
大迫勇太郎阪大)・河野和宏関西大)・馬場口 登阪大EMM2020-72
近年,映像の利用機会の増加とともに映像編集技術も進歩しているが,この技術が映像改ざんに悪用されるおそれがある.改ざんを防... [more] EMM2020-72
pp.28-33
IE 2021-01-21
14:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]主観画質最大化を目指すGANベース画像符号化
工藤 忍NTTIE2020-37
画像の高解像度化やIoT デバイスの普及によりこれまで以上に効率的な映像蓄積・伝送システムが求められている.画質の評価基... [more] IE2020-37
pp.9-13
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-05-14
13:00
ONLINE オンライン開催 Generative Adversarial Networksのための分別器
大庭武志六井 淳静岡県立大PRMU2020-1
データの自動生成能力を持つ手法の一種である Generative Adversarial Networks(GAN)は高... [more] PRMU2020-1
pp.1-6
CCS 2020-03-26
11:00
東京 法政大学(市ケ谷キャンパス)
(開催中止,技報発行あり)
複数の分布間距離を扱うGenerative Adversarial Networks
比田井真也中野秀洋宮内 新東京都市大CCS2019-39
Generative Adversarial Networks (GAN)は2つのネットワークを交互に訓練することで学習... [more] CCS2019-39
pp.21-24
EMM 2020-03-05
16:45
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]敵対的生成ネットワークを用いた映像改ざん領域検出
大城将健阪大)・河野和宏関西大)・馬場口 登阪大EMM2019-122
昨今のYouTube等の映像利用機会増加に伴って映像編集技術が向上しており,映像の正真性を保証するような改ざん検出システ... [more] EMM2019-122
pp.107-112
MI 2020-01-29
13:50
沖縄 沖縄県青年会館 Cramer Generative Adversarial Networksを用いて生成した硬性白斑画像についての検討
藤田真穂畑中裕司砂山 渡滋賀県立大)・村松千左子滋賀大)・藤田広志岐阜大MI2019-85
糖尿病網膜症による失明予防のためには,早期発見と治療が必要である.眼底画像の初期病変検出の研究では畳み込みニューラルネッ... [more] MI2019-85
pp.85-89
IMQ, HIP
(共催)
2019-07-19
16:20
北海道 札幌市立大学 サテライトキャンパス 敵対的生成ネットワークにより文から生成される画像の意味的評価に関する検討
柳 凜太郎藤後 廉小川貴弘長谷山美紀北大IMQ2019-5 HIP2019-33
入力文を表現する画像を生成する研究において,生成
された画像の質を評価することは,その手法の有効性を示すために重要であ... [more]
IMQ2019-5 HIP2019-33
pp.21-24
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:15
東京 電気通信大学 音素・口形素の特徴表現と敵対的生成ネットワークによる発話顔生成
安井崇朗中島悠太馬場口 登阪大BioX2018-53 PRMU2018-157
本稿では,入力音声に基づいて対象人物の発話顔を生成する手法を提案する.従来手法では,大量の発話データ(音声信号と映像)を... [more] BioX2018-53 PRMU2018-157
pp.143-148
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
14:45
大阪 大阪大学中之島センター 敵対的生成ネットワークを用いた深層学習による地中レーダ画像の超解像化
園田 潤仙台高専)・木本智幸大分高専PN2018-75 EMT2018-109 OPE2018-184 LQE2018-194 EST2018-122 MWP2018-93
地中レーダでは地中に入射した電波の誘電率差で生じる反射波により地中物体を検出する技術であり,近年劣化が社会問題化している... [more] PN2018-75 EMT2018-109 OPE2018-184 LQE2018-194 EST2018-122 MWP2018-93
pp.237-242
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2018-10-19
13:35
青森 八戸商工会館(青森県八戸市) 敵対的生成ネットワークを用いた深層学習による地中レーダ画像からの地中モデル逆推定
園田 潤仙台高専)・木本智幸大分高専EMCJ2018-53 MW2018-89 EST2018-75
地中レーダでは地中に入射した電波の誘電率差で生じる反射波により地中物体を検出する技術であり,近年劣化が社会問題化している... [more] EMCJ2018-53 MW2018-89 EST2018-75
pp.115-119
SANE 2018-10-12
13:30
東京 電気通信大学 Automatic Target Recognition based on Generative Adversarial Networks for Synthetic Aperture Radar Images
Yang-Lang ChangBo-Yao Chen・○Chih-Yuan ChuSina HadipourNTUT)・Hirokazu KobayashiOITSANE2018-51
Synthetic Aperture Radar (SAR) is an all day and all weather... [more] SANE2018-51
pp.41-44
EST 2018-09-06
16:05
沖縄 久米島イーフ情報プラザ(沖縄県久米島町) 敵対的生成ネットワークを用いた深層学習による地中レーダ画像からのクラッタ除去
園田 潤仙台高専)・木本智幸大分高専EST2018-51
地中レーダでは地中に入射した電波の誘電率差で生じる反射波により地中物体を検出する技術であり,近年劣化が社会問題化している... [more] EST2018-51
pp.47-51
ICSS, IA
(共催)
2018-06-26
11:40
愛媛 愛媛大学 南加記念ホール Generative Adversarial Networksを利用したマルウェアの特徴量摘出手法に関する検討
古本啓祐伊沢亮一高橋健志井上大介NICTIA2018-13 ICSS2018-13
多くの亜種が含まれるマルウェアファミリの分類を目的として,静的・動的解析結果からマルウェアの特徴量を取得し,機械学習技術... [more] IA2018-13 ICSS2018-13
pp.77-82
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会