お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2021-10-21
11:15
ONLINE オンライン開催 ダイナミックTDDセルフリー大規模MIMOのための幾何平均最大化による資源割当およびビームフォーミング設計に関する一検討
福榮秀都電通大)・飯盛寛貴アブレウ ジュゼッペJUB)・石橋功至電通大RCS2021-121
本稿では,ダイナミック TDD(Time Division Duplex) を用いたセルフリー大規模 MIMO(Mu... [more] RCS2021-121
pp.19-24
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-17
10:30
神奈川 慶應義塾大学 構造的不確かさをもつ環境における分散送信電力制御アルゴリズムのロバスト安定化
八木聖太小蔵正輝奈良先端大)・岸田昌子NII)・杉本謙二奈良先端大)・林 和則阪市大RCS2019-30
分散送信電力制御アルゴリズムの1つにFoschini-Miljanicアルゴリズムがある.このアルゴリズムによって,複数... [more] RCS2019-30
pp.43-46
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
16:10
東京 電気通信大学 [招待講演]歩容認証のための幾何制約条件下での動的計画法を用いた歩行者軌跡の抽出(BTAS 2018)
槇原 靖荻 岳仁八木康史阪大BioX2018-66 PRMU2018-170
防犯カメラ映像を用いた歩容認証は,歩き方から個人の識別を行う技術で犯罪捜査などに用いられている.歩容認証は,人物の検出・... [more] BioX2018-66 PRMU2018-170
p.207
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-01-31
14:20
大阪 大阪大学 中之島センター [招待講演]幾何計画法の制御応用
小蔵正輝奈良先端大IT2018-49 SIP2018-79 RCS2018-256
幾何計画法は最適化問題の一種である.変数が非負であるという特徴をもち,通信,確率統計,構造設計など幅広い分野で用いられて... [more] IT2018-49 SIP2018-79 RCS2018-256
p.83
IE, ICD, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2013-10-08
11:50
青森 弘前大学 コラボ弘大 リーク電流抑制を伴う低電力設計方式による9bit, 20MS/s SAR ADC設計
陳 功李 明玉董 青中武繁寿北九州市大)・楊 波設計アルゴリズム研VLD2013-60 ICD2013-84 IE2013-60
集積回路のナノスケール製造プロセスでは、
レイアウト依存効果(Layout Dependent Effect, LDE... [more]
VLD2013-60 ICD2013-84 IE2013-60
pp.77-82
IE, SIP, ICD, VLD, IPSJ-SLDM
(共催) [詳細]
2012-10-19
14:30
岩手 ホテルルイズ(盛岡)【変更】 幾何学計画法によるSRAMマクロ合成手法
張 宇董 青中武繁寿北九州市大)・楊 波李 静設計アルゴリズム研VLD2012-54 SIP2012-76 ICD2012-71 IE2012-78
本研究では、幾何学計画法(Geometric Programming) に基づき、超微細プロセスにおける6T-SRAM ... [more] VLD2012-54 SIP2012-76 ICD2012-71 IE2012-78
pp.77-82
IPSJ-SLDM, VLD
(連催)
2012-05-31
10:20
福岡 北九州国際会議場 GP最適化法に基づくSTI制約を考慮したコンパレータ回路エネルギーモデルの提案
陳 功張 宇楊 波董 青中武繁寿北九州市大VLD2012-8
低電力アナログ回路設計においては、STI ストレスによる電流ばらつきは無視できない。この論文では、
プリアンプとラッチ... [more]
VLD2012-8
pp.43-48
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-04
09:20
神奈川 YRP 双方向MIMOマルチホップネットワークにおける最適ノード配置と電力制御
リンダラニリナ ラマモンジソンイ ジョンヒョン阪口 啓荒木純道東工大RCS2009-285
近年, 高速レートのマルチホップネットワークを実現するための双方向MIMO中継技術が提案されている. また, 中継ノード... [more] RCS2009-285
pp.155-160
IE, ITE-BCT, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
2007-11-29
14:40
佐賀 佐賀大学 The Optimal Color Correction of Multicamera Systems
Mehrdad Panahpour TehraniAkio IshikawaShigeyuki SakazawaAtsushi KoikeKDDI R&D LabsIE2007-94
一般に、被写体空間を多数のカメラで撮影したとき、カメラによって撮像される色が異なる。本論文では、被写体上の点の撮像色が完... [more] IE2007-94
pp.23-28
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会