お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN 2021-01-18
10:30
ONLINE オンライン開催 ランダムウォークを用いたハイパーグラフにおけるローカルコミュニティと弱い紐帯の抽出
岡 亮慶大)・高井勇輝理研)・松本直己慶大)・池田正弘理研)・金子晋丈慶大IN2020-41
コンテンツを頂点,その関係性を枝とするグラフを活用したサービスが多く普及している.コミュニティ抽出あるいはグラフクラスタ... [more] IN2020-41
pp.1-6
COMP 2019-12-13
13:00
群馬 群馬大学 伊香保研修所 [招待講演]Spectral Sparsification of Hypergraphs
Tasuku SomaThe Univ. of Tokyo)・Yuichi YoshidaNIICOMP2019-35
 [more] COMP2019-35
p.45
QIT
(第二種研究会)
2018-11-27
16:10
東京 東京大学 パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性
竹内勇貴NTT)・森前智行京大/JST)・林 正人名大/南方科技大/シンガポール国立大
パウリX, Z測定だけでユニバーサル測定型量子計算を行うことが出来るハイパーグラフ状態を提案する。さらに、我々の提案する... [more]
QIT
(第二種研究会)
2017-11-16
16:40
埼玉 埼玉大学 高接続性ハイパーグラフ状態の検証とその量子計算への応用
竹内勇貴阪大)・森前智行群馬大/JST
量子状態の検証とは、与えられた量子状態と望みの量子状態とのフィデリティが高いかどうかを判断するタスクである。検証者が望み... [more]
NS, IN
(併催)
2016-03-04
09:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) フロンティア法によるノードの故障も考慮したネットワーク信頼性評価手法の提案
園田晃己川原 純奈良先端大)・井上 武NTT)・笠原正治奈良先端大)・明石 修川原亮一斎藤 洋NTTNS2015-213
ネットワークの各リンクに静的な故障確率が設定されている場合に,指定された2頂点間が通信可能である確率を求める問題をネット... [more] NS2015-213
pp.261-266
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
11:25
大阪 関西学院大学(大阪梅田) ランダムハイパーグラフの分割に対するカットサイズ分布
野崎隆之山口大IT2015-51 SIP2015-65 RCS2015-283
ブロック対角化による低密度パリティ検査(LDPC)符号の並列符号化法はLDPC符号のハイパーグラフ表現を分割することによ... [more] IT2015-51 SIP2015-65 RCS2015-283
pp.19-24
COMP 2015-03-09
11:10
京都 立命館大学 ハイパーグラフにおける極大独立集合列挙のためのZDD構築手法
菅谷輝治放送大)・戸田貴久電通大)・湊 真一北大COMP2014-45
本研究では,ハイパーグラフの極大独立集合を列挙する効率的な手法を提案する.
提案手法では,ハイパーグラフの頂点を効率よ... [more]
COMP2014-45
pp.19-27
IT 2014-09-19
13:50
千葉 千葉県 鳩山荘 松庵 ブロック対角化によるLDPC符号の符号化法
野崎隆之神奈川大IT2014-48
本稿では,ガロア体上で定義される低密度パリティ検査符号に対して,並列化可能な符号化法の枠組みを提案する.提案する符号化法... [more] IT2014-48
pp.43-48
QIT
(第二種研究会)
2013-11-18
11:40
東京 早稲田大学 定数サイズ部分ハイパーグラフ発見に対する量子アルゴリズム
ルガル フランソワ東大)・西村治道名大)・谷 誠一郎NTT
 [more]
COMP 2010-04-22
15:55
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 全域木詰め込みに基づいたハイパーグラフ分割
福永拓郎京大COMP2010-8
いくつかの辺を取り除くことによってハイパーグラフがk個の連結成分に分割されるとき,その辺の集合はハイパーグラフのk分割カ... [more] COMP2010-8
pp.55-62
COMP 2009-04-17
10:20
京都 京都大学 劣モジュラシステム分割問題に対するアルゴリズム
奥本和正・○福永拓郎永持 仁京大COMP2009-2
有限集合$V$と,劣モジュラ性を持つ$V$上の集合関数$f$の組を
劣モジュラシステムと呼ぶ.
劣モジュラシステムの... [more]
COMP2009-2
pp.7-14
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-22
15:45
福岡 北九州国際会議場 超並列細粒度SIMDプロセッサにおけるオペランド順を考慮した変数のメモリ割り当て最適化手法
小橋 晶谷口一徹田中浩明坂主圭史武内良典今井正治阪大)・中田 清ルネサステクノロジVLD2007-104 DC2007-59
近年, 組み込みシステムにおいて, 大量の演算を行うマルチメディア・アプリケーションが普及し, 組み込みシステムに要求さ... [more] VLD2007-104 DC2007-59
pp.91-96
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会