お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMD, R
(共催)
2021-02-12
13:35
ONLINE オンライン開催 高信頼性トリガギャップスイッチにより大気中で発生する12路並列放電アークの写真観察
相沢友勝都立高専R2020-34 EMD2020-25
このトリガギャップスイッチには,主電極と誘導電界発生用コイルが複数組み合わされたスイッチング回路がある.この回路は大気中... [more] R2020-34 EMD2020-25
pp.1-6
OME 2020-12-25
13:20
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時間分解電界誘起光第二次高調波発生法を用いた銅フタロシアニン/MoO3界面における励起子およびキャリアダイナミクスの評価
下澤敬仁田口 大間中孝彰東工大OME2020-9
有機半導体を利用した光電変換は光検出器や太陽電池などに利用されている。光電変換におけるキャリア挙動の素過程は、励起子発生... [more] OME2020-9
pp.7-12
EMCJ 2018-01-18
13:55
岡山 倉敷市芸文館 電気自動車用ワイヤレス電力伝送装置から生じる漏洩磁界特性及び体内誘導電界解析
伊東直基鈴木敬久多氣昌生首都大東京EMCJ2017-90
電気自動車用ワイヤレス電力伝送装置で検討されているコイル形状の中で,スパイラルコイルとDD コイルの2 種類のコイルを用... [more] EMCJ2017-90
pp.13-18
EMT, IEE-EMT
(連催)
2017-11-09
13:10
山形 山形県天童温泉天童ホテル ctDCSによる小脳内誘導電界の解析
山上智義伊藤孝弘ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大EMT2017-50
近年,医療分野において非侵襲的かつ局所的に脳を刺激し脳活動を修飾することへの関心が高まっている.その方法の一つとして,t... [more] EMT2017-50
pp.55-58
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-31
13:10
広島 みやじま杜の宿(広島) 光EFISHG法による有機EL素子の非破壊寿命推定
田口 大間中孝彰岩本光正東工大EMD2016-81 MR2016-53 SCE2016-59 EID2016-60 ED2016-124 CPM2016-125 SDM2016-124 ICD2016-112 OME2016-93
電界誘起光第2次高調波発生法(光EFISHG法)は、有機材料・デバイス内部のキャリア挙動を光学的にプローブできる測定手法... [more] EMD2016-81 MR2016-53 SCE2016-59 EID2016-60 ED2016-124 CPM2016-125 SDM2016-124 ICD2016-112 OME2016-93
pp.59-64
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2016-12-16
10:55
愛知 名古屋工業大学 EV・PHV向け非接触給電システムからの磁界曝露に伴う体内誘導電界の評価
伯田祐輔渡辺俊明松沢晋一郎豊田中研EMCJ2016-100
近年,EV・PHVの充電をワイヤレスで行う非接触給電システムの開発が進められている.しかし,安全性の観点から,電力伝送時... [more] EMCJ2016-100
pp.7-12
MBE 2016-01-21
09:00
鹿児島 鹿児島大学 経頭蓋磁気刺激における大脳皮質表面の脳回及び脳溝の神経軸索に対する誘導電界の評価
吉松裕貴鹿児島大)・田中慶太東京電機大)・塗木淳夫湯ノ口万友鹿児島大MBE2015-84
磁気刺激法とは,磁気刺激コイルにパルス電流を流すことによって生じる誘導電界で生体内の神経や筋を非侵襲的に刺激する方法であ... [more] MBE2015-84
pp.1-4
US 2015-10-09
15:50
石川 金沢工業大学 ScAlN圧電薄膜から励起されたコヒーレントフォノンのBrillouin散乱
趙 恩慧川部昌彦高柳真司同志社大)・鈴木雅視柳谷隆彦早大)・松川真美同志社大US2015-63
Brillouin散乱とは,入射したフォトンと物質内の熱的な格子振動であるフォノンとの非弾性衝突により,入射光の周波数が... [more] US2015-63
pp.27-30
EMCJ 2015-04-28
16:05
栃木 宇都宮大 [特別講演]人体防護に関わる中間周波電磁界の評価方法の動向
山崎健一電中研EMCJ2015-7
IH調理器(電磁調理器)や非接触電力伝送装置など,「中間周波」の電磁界を使用する機器の開発・進展に伴い,それらの電磁界の... [more] EMCJ2015-7
pp.31-33
MW 2014-06-26
14:00
愛知 豊橋技科大 100kHz帯電磁誘導型無線電力伝送システムに対する適合性評価法の一検討
春原 哲平田晃正名工大)・大西輝夫NTTドコモMW2014-49
近年,無線電力伝送の実用化に向けた動向に注目が集まる一方で,無線電力伝送に伴う電磁界の人体に与える影響について関心が寄せ... [more] MW2014-49
pp.41-44
PN, EMT, LQE, OPE, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2013-01-24
13:00
大阪 大阪大学吹田キャンパス Modelling of the electric field induced by transcranial magnetic stimulation in realistic anatomies using the multigrid method
Ilkka LaaksoAkimasa HirataNagoya Inst. of Tech.PN2012-40 OPE2012-149 LQE2012-141 EST2012-76 MWP2012-58
 [more] PN2012-40 OPE2012-149 LQE2012-141 EST2012-76 MWP2012-58
pp.61-64
EMCJ
(第二種研究会)
2012-11-29
09:40
東京 情報通信研究機構 小金井本部 Computational techniques for determining in-vivo threshold currents for magnetophosphenes
Ilkka LaaksoAkimasa HirataNagoya Inst. Techn.
Magnetophosphenes are sensations of light that are generated... [more]
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2011-12-09
14:25
愛知 名古屋工業大学 中間周波数帯における電磁調理器周辺磁界の測定法による検討
野島智之青学大)・和氣加奈子パク サンウク渡辺聡一NICT)・橋本 修青学大EMCJ2011-107
本研究では電磁調理器周辺磁界について同時磁界測定アレイシステムを用いた詳細な測定とIEC62233に基づく簡易的な測定方... [more] EMCJ2011-107
pp.75-80
US 2011-07-28
11:55
京都 京都電子工業株式会社 第三工場2階 大ホール ZnO圧電薄膜によるGHz域の励起フォノンを利用した高速Brillouin散乱測定
杉本剛士佐野広幸同志社大)・柳谷隆彦名工大)・高柳真司松川真美同志社大US2011-25
Brillouin散乱法は透明媒質中に伝搬している音波の音速を非破壊・非接触で測定できる技術であり,GHz域の縦波および... [more] US2011-25
pp.15-19
MBE 2011-01-27
15:50
鹿児島 鹿児島大学 磁気刺激用ダブルコイルの配置に対する誘導電流分布の考察
大岩孝輔塗木淳夫湯ノ口万友鹿児島大)・玉利陽三鹿児島高専MBE2010-88
磁気刺激法は,磁気刺激用コイルにパルス電流を流すことにより生じる誘導電流で,非侵襲的に神経・筋組織の刺激を行う方法であり... [more] MBE2010-88
pp.51-54
EMCJ 2010-11-19
10:55
東京 機械振興会館 人体近傍電界通信機器による植え込み医療機器への誘導電圧の検討
芳野裕樹多氣昌生首都大東京EMCJ2010-74
近年,人体近傍電界通信技術を使った機器が販売されるようになった.しかし,この技術は人体を電界に曝露することによる健康への... [more] EMCJ2010-74
pp.21-26
OME, OPE
(共催)
2010-11-12
13:00
東京 機械振興会館地下3階2号室 パルス電圧印加によるテトラセン電界効果トランジスタ内の電界発光メカニズム
大嶋優記金 英輝間中孝彰岩本光正東工大OME2010-55 OPE2010-125
テトラセン電界効果トランジスタ(FET)に対して、パルス電圧を印加した際に観測されるエレクトロルミネッセンス(EL)の発... [more] OME2010-55 OPE2010-125
pp.1-5
US 2010-09-30
13:25
宮城 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 Brillouin散乱法による同軸共振器と圧電薄膜を用いた励起フォノンの観測
佐野広幸同志社大)・柳谷隆彦名工大)・高柳真司松川真美同志社大US2010-66
Brillouin散乱法は透明媒質中に伝搬する音波を非破壊で測定できる技術であり,微小領域の媒質中を伝搬するGHz帯の縦... [more] US2010-66
pp.99-103
OPE, OME
(共催)
2009-11-13
10:35
東京 機械振興会館 光第2次高調波発生法による積層有機EL素子の界面電荷蓄積時間の評価
田口 大長田憲司郎マーティン ワイス間中孝彰岩本光正東工大OME2009-56 OPE2009-151
積層有機EL試料(IZO/NPB/Alq/Al)にパルス電圧を印加し、電場誘起光第2次高調波発生(EFISHG)法を用い... [more] OME2009-56 OPE2009-151
pp.19-23
SDM, OME
(共催)
2008-04-12
11:25
沖縄 沖縄県青年会館 金属触媒誘起固相成長法による多結晶Ge/絶縁膜の低温形成 ~ 電界印加効果、触媒種効果 ~
萩原貴嗣都甲 薫佐道泰造九大SDM2008-20 OME2008-20
次世代TFTのチャネル材料として期待される多結晶Ge/絶縁膜の極低温形成(≦250℃)を目指し金属触媒誘起固相成長法を検... [more] SDM2008-20 OME2008-20
pp.101-106
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会