お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 373件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE 2023-02-02
13:30
東京 国立情報学研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
深層学習による不完全情報の画像認識 ~ 立体的に積まれた積み木の数の推定問題への応用 ~
中澤拓斗久保田 繁山形大IE2022-51
人間は不完全な情報を知覚した場合にも、あらかじめ持っている知識を利用して情報を補うことで、正しい認識を獲得することができ... [more] IE2022-51
pp.1-5
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2022-12-08
11:15
東京 産総研臨海副都心センター(東京) ノベルゲーム型オンデマンド教材を用いた聴覚障害学生の学習行動分析
若月大輔筑波技大)・塩野目剛亮帝京大)・新井達也筑波技大WIT2022-7
聴覚障害者が映像を視聴する際,字幕は内容を把握や理解をする上で非常に重要である.我々は字幕を主体としたノベルゲーム型の映... [more] WIT2022-7
pp.17-22
KBSE, SC
(共催)
2022-11-04
16:00
長野 野沢温泉 桐屋旅館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
在宅高齢者の生活ログに基づいたALPS支援ルール推薦手法の検討 ~ 人感センサログによる場所と時刻の活用 ~
明石拓弥中村匡秀神戸大)・佐伯幸郎高知工科大)・安田 清阪工大)・陳 思楠神戸大KBSE2022-35 SC2022-30
我々は以前に介護者の負担を減らしつつ,特定の時間と場所で支援情報の提示によって高齢者の在宅生活の支援が出来る音声情報提示... [more] KBSE2022-35 SC2022-30
pp.25-30
AI 2022-09-15
15:25
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数情報源への選好を考慮した商品購入支援システムについて
李 偉健菊地真人大囿忠親名工大AI2022-23
オンラインでの商品購入において,購入元となるサイトからの情報のみならず,多様な情報源からの情報収集が望ましい.多様な情報... [more] AI2022-23
pp.31-36
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-01
14:25
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別招待講演]災害時の携帯対応臨時無線中継システム ~ Role as a Life Line としての役割 ~
藤井輝也東工大NS2022-65 IN2022-30 CS2022-38
雪、土砂、瓦礫の下に埋もれた遭難者の人命救助では一刻も早く遭難者の位置を特定することが重要である。遭難場所が携帯通信のサ... [more] NS2022-65 IN2022-30 CS2022-38
pp.29-34(NS), pp.19-24(IN), pp.1-6(CS)
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
13:30
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Joint-Conditional Mutual Information Based Feature Subset Selection for Remotely Sensed Hyperspectral Image Classification
U A Md Ehsan AliKeisuke KameyamaUniv. TsukubaNC2022-16 IBISML2022-16
Hundreds of contiguous bands of remotely sensed hyperspectra... [more] NC2022-16 IBISML2022-16
pp.115-122
RCS 2022-06-17
09:20
沖縄 琉球大学 千原キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時系列情報を用いたCD-SMDS法に基づく屋内位置推定に関する一検討
西 祐耶高橋拓海阪大)・飯盛寛貴アブレウ ジュゼッペJUB)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大RCS2022-55
センサ端末の小型化,省電力化,および多機能化に伴い,無線通信ネットワーク は様々な応用分野を下支えする基盤技術となりつつ... [more] RCS2022-55
pp.182-187
ICTSSL 2022-05-27
15:55
富山 富山大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
緊急救命避難支援のための携帯端末センサ情報と人の検知を融合した災害発生検知法の一検討
和田友孝金山祐太関西大)・大月一弘神戸大ICTSSL2022-8
我々は局所的災害時の避難支援を目的として,緊急救命避難支援システム(ERESS:Emergency Rescue Eva... [more] ICTSSL2022-8
pp.39-44
MSS, NLP
(共催)
2022-03-28
13:50
ONLINE オンライン開催 スマート農業における物理センサと人間センサからの知識抽出 ~ プランター栽培データによる予備実験 ~
遠矢健太井上杜太郎内平直志北陸先端大MSS2021-63 NLP2021-134
農業効率を高める最も有望なアプローチの1つとして農業IoT(Internet of Things)の活用が挙げられる.し... [more] MSS2021-63 NLP2021-134
pp.43-44
KBSE 2022-03-09
14:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) ALPS:Assisted Living by Personalized Speakerの実装と評価実験
明石拓弥中村匡秀神戸大)・安田 清阪工大)・佐伯幸郎高知工科大KBSE2021-44
加齢による認知機能の減退は,当事者の在宅生活の質を低下させるだけでなく,家族介護者にも大きな負担となる.そこで我々は認知... [more] KBSE2021-44
pp.18-23
KBSE 2022-03-10
13:05
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 視線情報と編集ログに基づくステートマシン図課題の躓き調査
木村拓馬小形真平信州大)・槇原絵里奈同志社大)・岡野浩三信州大KBSE2021-55
ステートマシン図教育では,学習者がモデル記述課題を解く中で躓くことがある.教育者は,学習者の躓きを解消できるよう支援すべ... [more] KBSE2021-55
pp.84-89
EMM 2022-03-07
13:05
ONLINE 長崎大学 文教スカイホール
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[ポスター講演]デジタルイラスト描画補助システムの提案
樋口 叡新見道治九工大EMM2021-92
イラストの描画練習において,描画補助や描画物に対する評価を受けられるシステムが,上達するためには有用である.そこで本研究... [more] EMM2021-92
pp.1-6
NLC 2022-03-07
14:40
ONLINE オンライン開催 自動車旅行の支援に向けた車載器走行記録からの傾向分析の試み
玉腰寛人徳久雅人木村周平鳥取大NLC2021-34
本稿では自動車旅行の支援となる情報を自動車の走行記録から取得する方法について述べる.情報技術による自動車内でのエクスペリ... [more] NLC2021-34
pp.35-40
SR 2022-01-25
15:45
ONLINE オンライン開催 符号化MIMO-OFDMシステムにおける一般化相互情報量を用いた機械学習に基づく適応符号化変調方式に関する一検討
長谷川喜久濱 優人落合秀樹横浜国大SR2021-83
従来のMIMO-OFDMにおける適応変調符号化技術としては,平均信号対雑音電力比~(Signal-to-Noise po... [more] SR2021-83
pp.118-124
PRMU 2021-12-17
15:15
ONLINE オンライン開催 Task-independent redundancy reduction method using regularization for efficient neural network training
Charvi VitthalFlorian BeyeKoichi NiheiHayato ItsumiNECPRMU2021-58
 [more] PRMU2021-58
pp.188-194
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 OpenPoseを用いた手話動作識別における指情報追加による識別精度の向上に関する検討
若尾 吏小田切 航佐藤辰也川喜田佑介西村広光田中 博神奈川工科大
手話動作識別手法として,これまでOpenPoseにより得られる手話動作の首,肩,肘,手首の節点の位置情報を使用してきた.... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 聞き手の反応を集約し温冷覚情報でフィードバックするオンライン会議支援システム
萩山直紀笹川真奈佐野文香瀬古俊一NTT
オンライン会議が広く普及しているが聞き手の反応が分かりにくいため,聞き手の反応を参加者が把握する認知負荷が高いという欠点... [more]
ET 2021-12-11
15:50
ONLINE オンライン開催 プログラミング初学者がスマートフォン教材で学習したときの興味の変化の観察
田中大樹平山 亮阪工大ET2021-40
小学生を対象に,ビジュアルプログラミングでプログラミングの興味度合いの変化を調査した結果,プログラミングの興味・関心が向... [more] ET2021-40
pp.63-67
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2021-12-09
16:25
ONLINE オンライン開催 「音声コミュニケーションと障がい者」の発刊の意義
市川 熹千葉大)・長嶋祐二工学院大)・岡本 明筑波技大)・加藤直人情報経営イノベーション専門職大)・○酒向慎司名工大)・滝口哲也神戸大)・原 大介豊田工大)・幕内 充国立障害者リハビリテーションセンターWIT2021-42
著者らが執筆した「音声コミュニケーションと障がい者」(日本音響学会編,音響サイエンスシリーズ22,コロナ社)は,音声の知... [more] WIT2021-42
pp.54-57
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:40
ONLINE オンライン開催 ガウス過程を用いた無線チャネル予測手法
オウ イトNTT)・仲地孝之琉球大)・井上 武間野 暢工藤理一NTTSIS2021-12
将来のチャネル状態情報(CSI)を高精度に予測することで、無線リソースをプロアクティブに制御でき、高品質な無線伝送サービ... [more] SIS2021-12
pp.11-16
 373件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会