お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2024-03-01
10:55
岡山 岡山県立大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
バラクタダイオード装荷型マッシュルーム構造を用いた反射方向と周波数帯を考慮したメタサーフェス反射板
浦上大世奈良先端大)・丸山珠美函館高専)・小野安季良香川高専)・陳 娜岡田 実奈良先端大MW2023-190
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] MW2023-190
pp.78-83
RCS 2023-10-19
14:30
香川 香川大学 幸町キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]6Gの省電力化へ向けたIRSと量子コンピューティングの活用
大山貴博パナソニック システムネットワークス開発研/東北大)・川本雄一加藤 寧東北大RCS2023-134
第6世代移動通信システム(6G)におけるエネルギー利用効率を大きく改善する技術として,伝搬特性の制御を可能とするIRS(... [more] RCS2023-134
pp.27-32
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-10
15:35
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]空間相関を有するライスフェージングチャネルにおけるIRS-Assisted SWIPTの性能解析
三浦優明須藤克弥電通大
IRS-Assisted SWIPTは,電波を任意の方向に反射できる知的反射板を用いることで,送受信機間の直接パスが遮蔽... [more]
RCS, SAT
(併催)
2023-08-31
17:50
長野 JA長野県ビル + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Intelligent Reflecting Surfaceの複数通信事業者間共用
橋田紘明川本雄一加藤 寧東北大RCS2023-113
本研究では,複数の通信事業者(MNO)間でIntelligent Reflecting Surface (IRS)を共用... [more] RCS2023-113
pp.55-60
SeMI, RCS, RCC, NS, SR
(併催)
2023-07-12
13:05
大阪 大阪大学中之島センター+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子計算により通信と測位を制御する自律型IRS利用無線システムにおける位相シフト切替スケジュールの改善の影響
大山貴博パナソニック システムネットワークス開発研/東北大)・川本雄一加藤 寧東北大SR2023-27
第6世代移動通信システムにおけるエネルギー利用効率を大きく改善する技術として,伝搬特性の制御を可能とするIRS(Inte... [more] SR2023-27
pp.7-14
RCS 2023-06-14
11:00
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テラヘルツ帯における時間遅延素子を用いたIntelligent Reflecting Surfaceによる周波数プリズムに関する一検討
関森柊太川本雄一加藤 寧東北大RCS2023-36
近年,大容量かつ超高速な通信の需要が増加しており,ミリ波だけでは周波数資源が不足することが懸念されるため,ミリ波よりもさ... [more] RCS2023-36
pp.49-53
RCS 2023-06-14
11:10
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Intelligent Reflecting Surfaceの分割制御による周波数分割多元接続に関する研究
遠藤大史川本雄一加藤 寧東北大)・岩渕匡史村上友規NTTRCS2023-37
IRS(Intelligent Reflecting Surface)には周波数ごとに異なる反射方向にビームを形成できな... [more] RCS2023-37
pp.54-58
SR 2023-05-12
10:00
北海道 生涯学習センター きらん(東室蘭)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子フィンガープリント法による自律型IRSを用いた測位手法に関する検討
大山貴博パナソニック システムネットワークス開発研)・川本雄一加藤 寧東北大SR2023-16
第6世代移動通信システムにおけるエネルギー利用効率を大きく改善する技術として,伝搬特性の制御を可能とするIRS(Inte... [more] SR2023-16
pp.75-82
MW 2023-03-02
10:40
鳥取 鳥取大学(鳥取) 鳥取キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Memory-Driven MLP-Mixerを用いたIntelligent Reflecting Surface支援ミリ波システムにおけるビーム予測に関する研究
浦上大世賈 昊暉陳 娜岡田 実奈良先端大MW2022-159
深層学習 (DL) に基づくIntelligent Reflecting Surface (IRS) 支援ミリ波システム... [more] MW2022-159
pp.13-18
AP 2023-02-15
15:45
宮城 東北大学 青葉山キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
液晶を用いたIRSにおける反射素子間の配線に関する検討
松永和己沖田光隆鈴木大一岡 真一郎ジャパンディスプレイAP2022-208
ミリ波の通信環境拡大に向けて,電波の反射方向を任意な方向へ動的に切り替えられる機能を有したIRS(Intelligent... [more] AP2022-208
pp.63-67
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-24
10:00
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
実環境における透明反射フィルムの電波伝搬特性及びその形状変化による影響の評価
関森柊太松浦大裕加藤 航遠藤大史水谷健人川本雄一加藤 寧東北大IT2022-29 SIP2022-80 RCS2022-208
近年,大容量かつ超高速な通信の需要が増加している.そこで,低周波数帯に比べて伝送できる情報量が多い高周波数帯の利用が期待... [more] IT2022-29 SIP2022-80 RCS2022-208
pp.1-6
RCS, NS
(併催)
2022-12-15
09:45
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Efficient Beam Prediction for Intelligent Reflecting Surface-Assisted mmWave Systems based on Memory Driven Simple Transformer Deep Learning Model
Taisei UrakamiHaohui JiaNa ChenMinoru OkadaNAISTRCS2022-185
 [more] RCS2022-185
pp.1-6
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
13:55
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Performance Evaluation of Intelligent Reflecting Surface Considering the Effect of Blockage
Shota MurokiShuhei SaitoFumiaki MaeharaWaseda Univ.SRW2022-30 SeMI2022-65 CNR2022-23
 [more] SRW2022-30 SeMI2022-65 CNR2022-23
pp.48-49(SRW), pp.64-65(SeMI), pp.33-34(CNR)
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-15
14:05
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
60GHz帯における透明反射フィルムの電波反射特性に関する実験的評価
橋田紘明日比龍平川本雄一加藤 寧東北大)・江南俊夫野本博之積水化学)・阿野 進ATRRCS2022-160
近年の通信需要増加に伴い,より高速かつ大容量の伝送が可能な高周波数帯の開拓が進められてきた.しかし,高周波数帯の特徴であ... [more] RCS2022-160
pp.31-36
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-17
09:30
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自律型Intelligent Reflecting Surfaceを用いた無線通信システムと量子コンピューティングによるリソース割当方法に関する一検討 ~ 複数通信事業者によるIRSの共用 ~
大山貴博パナソニック システムネットワークス開発研)・川本雄一加藤 寧東北大RCS2022-174
第6世代移動通信システムにおけるエネルギー利用効率を大きく改善する技術として,伝搬特性の制御を可能とするIRS(Inte... [more] RCS2022-174
pp.112-117
RCS 2022-10-27
13:30
愛媛 愛媛大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]Intelligent Reflecting Surfaceを利用した次世代の無線システムに関する研究
川本雄一東北大RCS2022-134
本講演では6G実現に向けた技術要素の一つとして注目を集めているIntelligent Reflecting Surfac... [more] RCS2022-134
p.27
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
13:25
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
深層強化学習によるチャネル状態情報を用いないIntelligent Reflecting Surfaceの制御方法に関する検討
橋田紘明川本雄一加藤 寧東北大)・岩渕匡史村上友規NTTRCS2022-85
IRS(Intelligent Reflecting Surface)は本来不確定要素として扱われてきた電波伝搬を,無線... [more] RCS2022-85
pp.84-89
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
13:50
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自律型Intelligent Reflecting Surfaceを用いた無線通信システムと量子コンピューティングによるリソース割当方法に関する一検討
大山貴博パナソニック システムネットワークス開発研)・川本雄一加藤 寧東北大RCS2022-86
第6世代移動通信システムにおけるエネルギー利用効率を大きく改善する技術として,伝搬特性の制御を可能とするIRS(Inte... [more] RCS2022-86
pp.90-95
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
14:15
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Joint Transmissionにおけるアクセスポイント及びIntelligent Reflecting Surfaceの組み合わせ最適化によるデータレート向上に関する一検討
中里達哉川本雄一加藤 寧東北大RCS2022-87
近年,無線LAN(Local Area Network)は生活において欠かせないものとなっている.4K・8KビデオやVR... [more] RCS2022-87
pp.96-100
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
14:30
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
静的遮蔽空間における通信品質改善のためのIRS配置手法
藤井和貴須藤克弥電通大SR2022-31
直進性の強い電波を用いるBeyond 5Gでは,基地局周囲のユーザであったとしても遮蔽により通信不能になる場合がある. ... [more] SR2022-31
pp.54-60
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会