お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 138件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, RCS, SIP
(共催)
2023-01-25
11:30
群馬 前橋テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
広帯域信号に対応したマルチバンドフルデュプレクス基地局におけるアナログ自己干渉キャンセラの周波数特性調整手法
松村 武NICTIT2022-60 SIP2022-111 RCS2022-239
帯域内全二重無線通信(IBFD,In-Band Full-Duplex)では,同時に同じ周波数で送受信するため,従来の半... [more] IT2022-60 SIP2022-111 RCS2022-239
pp.178-183
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
09:15
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]後方散乱同期ストリーミングシステムにおける送信漏れ込み低減制御の自動化
高澤祐樹鎌田冬馬神奈川工科大)・徳増 理市川晴久慶大)・田中 博神奈川工科大)・三次 仁慶大)・川喜田佑介神奈川工科大SRW2022-25
著者らは後方散乱通信で複数のバッテリーレスセンサタグから同期ストリーミングを行うシステムの開発を行なっている.後方散乱通... [more] SRW2022-25
p.37
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-15
11:25
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]多項式デジタルプリディストータを用いる帯域内全二重の理論解析
小松和暉松村 武NICTRCS2022-159
帯域内全二重は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.自己干渉は送信機や受信機の増幅器... [more] RCS2022-159
pp.25-30
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
10:15
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
三次元空間HetNet構成におけるネットワーク連携上り回線対応マクロセル及びスモールセル基地局間干渉キャンセラー
金田拓也藤井隆史ソフトバンク)・藤井輝也東工大RCS2022-98
マクロセル内部に同一周波数を用いた複数のスモールセルを設置して構成するHetNet構成は、周波数利用効率を向上させる技術... [more] RCS2022-98
pp.6-11
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
12:05
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
並列干渉キャンセラを用いたFogノードによるD2D通信
シュレスタ ビヌ張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-105
D2D(Device-to-Device)通信では,基地局を介さずにユーザ端末間の直接通信が可能である.セルラー方式の周... [more] RCS2022-105
pp.48-53
RCS 2022-06-17
10:15
沖縄 琉球大学 千原キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
帯域内全二重通信におけるディジタルRFを用いたブラインド自己干渉除去に関する一検討
下村南夏衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大RCS2022-59
帯域内全二重通信 (IBFD: In-Band Full-Duplex) の実現には自己干渉信号の高精度な除去が必要不可... [more] RCS2022-59
pp.206-211
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
09:30
ONLINE オンライン開催 5G信号を用いたFull-Duplex Cellularシステム実現のためのディジタル自己干渉キャンセル方式
森 聖太水谷圭一原田博司京大SRW2021-85
第6世代移動通信システムに向けた周波数利用効率改善技術として,理想的には周波数利用効率を2倍にできる,帯域内全二重通信(... [more] SRW2021-85
pp.66-71
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
09:55
ONLINE オンライン開催 5G信号を用いたFull-Duplex Cellularシステムの物理層無線通信プロトタイプの基礎通信特性
森 聖太水谷圭一原田博司京大SRW2021-86
第6世代移動通信システムに向けた周波数利用効率改善技術として,帯域内全二重通信(In-Band Full-Duplex:... [more] SRW2021-86
pp.72-77
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
13:55
ONLINE オンライン開催 HetNet構成におけるマクロセル基地局上り回線干渉キャンセラーの処理量削減
金田拓也藤井輝也ソフトバンクIT2021-78 SIP2021-86 RCS2021-246
マクロセル内部に同一周波数を用いた複数のスモールセルを設置して構成するHetNet構成は、周波数利用効率を向上させる技術... [more] IT2021-78 SIP2021-86 RCS2021-246
pp.282-287
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
10:50
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多項式デジタルプリディストータを用いる帯域内全二重の理論解析
小松和暉松村 武NICTRCS2021-144
帯域内全二重は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.自己干渉は送信機や受信機の増幅器... [more] RCS2021-144
pp.7-12
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
13:30
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]HAPS複数ゲートウェイフィーダリンクシステム対応干渉キャンセラーのマルチパス環境下における性能評価
藤井隆史太田喜元ソフトバンクAP2021-101 RCS2021-148
成層圏プラットフォーム(HAPS)を用いて地上のセルラー携帯端末(携帯端末)と直接通信する携帯通信サービスは,サービスエ... [more] AP2021-101 RCS2021-148
pp.3-9(AP), pp.21-27(RCS)
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]協調MIMO伝送におけるヌルビームフォーミングを用いた全二重無線LANシステム
永野航太郎長尾勇平尾知 博九工大
近年の無線端末数の増加や,それに伴うデータトラヒックの増加に対応するため,無線通信資源の有効利 用するための技術への要求... [more]
RCS 2021-10-21
16:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]帯域内全二重の無線実験系構築への取り組み
宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2021-128
著者らは,電波資源を有効利用する技術として帯域内全二重を研究している.その中でも特に,帯域内全二重を実現するためのディジ... [more] RCS2021-128
p.56
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
14:55
ONLINE オンライン開催 波長多重光無線通信におけるLSTMを用いた信号分離の提案
猪俣政貴岩松隆則大柴小枝子京都工繊大CS2021-43
OFDM信号を用いた波長分割多重光無線通信における逐次干渉キャンセラの新たな方法を提案する.逐次干渉キャンセラは,パイロ... [more] CS2021-43
pp.13-16
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-03
09:45
ONLINE オンライン開催 D2D通信における干渉キャンセル機能付きFog Nodeを用いた無線リソース再利用
京嶋裕幸張 裕淵府川和彦東工大RCS2020-209
次世代移動通信におけるM2M(machine to machine)通信は,大量の無線端末を運用すると共に高い信頼性と短... [more] RCS2020-209
pp.37-42
SANE 2021-01-28
15:45
ONLINE オンライン開催 狭帯域干渉キャンセラを用いたチャープシーケンスレーダの提案
安面大樹梅比良正弘王 瀟岩武田茂樹茨城大SANE2020-43
自動運転や運転支援システムに用いる車載レーダとしてチャープシーケンスレーダが有望である。将来の車載レーダの普及により、レ... [more] SANE2020-43
pp.32-37
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-22
13:20
ONLINE オンライン開催 パイロット汚染環境におけるソフトウェア無線機を用いた帯域内全二重通信の自己干渉キャンセラに関する一検討
冨田健介衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大IT2020-93 SIP2020-71 RCS2020-184
帯域内全二重通信 (IBFD: In-Band Full Duplex) は,同一時刻で同一周波数帯の通信路を用いた信号... [more] IT2020-93 SIP2020-71 RCS2020-184
pp.164-169
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
10:25
ONLINE オンライン開催 マルチバンド対応フルデュプレクス基地局実現に向けたアナログ自己干渉キャンセル回路の試作開発
松村 武児島史秀NICTRCS2020-144
第5世代移動通信システム(5G)が商用化され,超高速大容量通信によるQoE(Quality of Experience)... [more] RCS2020-144
pp.54-59
NC, MBE
(併催)
2020-03-05
16:35
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
交流雑音の周波数変動に耐性のある臨床用適応ノイズキャンセラ
福田有哉戸田尚宏愛知県立大MBE2019-91
臨床診断では,微小な生体電気信号の測定において交流雑音が障害となるため,適応フィルタを用いた適応ノイズキャンセラによって... [more] MBE2019-91
pp.57-62
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-23
13:05
広島 広島市青少年センター セルラ移動通信におけるネットワーク連携干渉キャンセラによるセル境界通信品質改善の検討
米田拓海藤井輝也東工大IT2019-52 SIP2019-65 RCS2019-282
5G等の今後の移動通信システムではセル内のどこでも超高速データ伝送が期待されている。全てのセルで同一周波数を繰り返す移動... [more] IT2019-52 SIP2019-65 RCS2019-282
pp.99-104
 138件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会