お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2021-10-24
16:20
ONLINE オンライン開催 規範モデルとしての経営日本語教育コースの開発と実践 ~ GMAIS(Global Model Architecture Information System)とPIACS(Practica Inntelligence Acquisition & control system )による総合経営日本語教育システム ~
沢 恒雄遊工学研TL2021-21
専門日本語教育の関連では、規範モデルたるものがない。日本語に加えて専門領域の2面からの教育が求められる。思考支援システム... [more] TL2021-21
pp.22-27
NLC 2021-09-16
17:55
ONLINE オンライン開催 日本語教育のオノマトペ基準について考察
沢 恒雄遊工学研NLC2021-17
日本語教育におけるオノマトペ教育に関する実績も教材開発の研究実績は少ない。
今回は、岡谷英夫博士の博士論文の紹介を核と... [more]
NLC2021-17
pp.51-56
HCS 2021-08-21
14:20
ONLINE オンライン開催 オンライン学習環境における学習者支援の方略 ~ 日本語教師のネットワーク構築と活動の事例から ~
尹 智鉉中大HCS2021-21
新型コロナウィルス感染症の流行により,日本国内外の多くの教育現場では急遽オンライン教育への移行を余儀なくされた.本発表で... [more] HCS2021-21
pp.25-27
ET 2020-09-10
16:10
石川 北陸先端科学技術大学院大学 金沢駅前オフィス PythonとJuliusを用いた日本語韻律の自律学習支援プログラムの検討
石山友之JFET2020-21
本研究ではPythonによる日本語韻律の自律学習支援プログラムの試作と検討を行った.Pythonのライブラリによる録音と... [more] ET2020-21
pp.63-68
TL 2018-07-28
16:40
東京 慶応大学 [ポスター講演]6年間の学習を経てもなお(最も)頻繁に観察される日本人英語学習者の文法的誤り
山田敏幸群馬大TL2018-25
本研究は、6年間の英語学習を経てもなお、日本人英語学習者に最も頻繁に観察される文法的誤りを調査する。一連の自由英作文課題... [more] TL2018-25
pp.65-70
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]アフレコ自動採点を目的とした発話の分節的・韻律的比較に関する実験的検討
大鶴拓哉峯松信明齋藤大輔東大EA2017-114 SIP2017-123 SP2017-97
日本語教育,特に音声教育の現場において,日本語学習者によるアフレコ大会が流行している。本研究では学習者によるアフレコ音声... [more] EA2017-114 SIP2017-123 SP2017-97
pp.75-80
TL 2017-03-21
15:45
愛知 名古屋国際センター 3F第1研修室 英語表現分類体系を用いた英語学習支援サイト
宮崎正弘ラングテックTL2016-73
ネットに繋がったパソコン,タブレット,スマホを用い,体系的な英文法を習得・確認すると共に,英語と日本語の文構造・表現の違... [more] TL2016-73
pp.49-54
TL 2016-12-18
13:45
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 プロジェクト合宿を通じた継承語としての日本語教育
坂本 樹早大TL2016-61
「長野なみあい国際キャンプ」とは、海外の学校や国内のインターナショナルスクールに通う子どもが、日本語や日本文化などを学ぶ... [more] TL2016-61
pp.115-120
TL 2016-07-23
11:00
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス 事態把握の違いを用いた語学学習法(2)
佐野 洋東京外国語大TL2016-13
前稿( [1])では,事態の把握の仕方の違いに着目した語学学習法の提案を行った.特徴は,認知的な事態把握の方法を明示化し... [more] TL2016-13
pp.1-6
TL 2016-07-23
15:15
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス 理論言語学と言語心理学と外国語学習 ~ 知の循環モデル ~
山田敏幸群馬大TL2016-16
言語研究においてこれまで、理論言語学、言語心理学、外国語学習はそれぞれ独自の方法で研究されてきた。三者の有機的な関係を築... [more] TL2016-16
pp.19-24
HCS 2016-01-22
11:30
奈良 やまと会議室(奈良市) 3歳児における心的状態語の使用の個人差の検討 ~ 養育環境と社会認知発達との関連 ~
辻 弘美戸井洋子阪樟蔭女子大HCS2015-62
本研究は,自分や他者の内面に言及した心的状態語の発達について日本語話者を対象に検討したデータより,3歳児齢(3;0)の心... [more] HCS2015-62
pp.19-24
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2013-12-20
16:40
東京 筑波大学文京キャンパス OJADを支える音声合成技術 ~ 音声を合成しない音声合成技術の使い方 ~
峯松信明中村新芽橋本浩弥広瀬啓吉東大SP2013-95
日本語の韻律教育を支援すべく,自然言語処理技術,音声言語処理技術を用いたオンラインアクセント辞書(Online Japa... [more] SP2013-95
pp.129-134
SP 2013-02-28
13:10
愛知 大同大学 日本語韻律教育の支援を目的としたオンラインアクセント辞書と読み上げチューターの開発
峯松信明中村新芽鈴木雅之東大)・平野宏子吉林外学院)・中川千恵子早大)・中村則子慶大)・田川恭識早大)・橋本浩弥廣瀬啓吉東大SP2012-115
日本語の韻律教育を支援すべく,日本語教師と協力して自然言語処理技術,音声言語処理技術を用いたオンラインアクセント辞書と読... [more] SP2012-115
pp.1-6
KBSE, SS
(共催)
2011-07-29
11:00
北海道 北海道情報大学 日本語特性に着目した日本語GTA(J-GTA)の提案
金田重郎永田 健同志社大SS2011-13 KBSE2011-10
看護学研究のため,グレーザー\&ストラウスによって提案された分析手法GTA (Grounded Theory Appro... [more] SS2011-13 KBSE2011-10
pp.1-6
TL 2010-08-05
13:35
東京 機械振興会館 第二言語の動詞学習における意味推論のための手がかり ~ 中国語を母語とする日本語学習者を対象として ~
坂本杏子広島大)・中石ゆうこ学振/広島大)・龍 盛艶酒井 弘広島大TL2010-12
本研究では、格助詞のない中国語を母語とする成人日本語学習者が、第二言語(L2)の動詞を学習する際に格助詞を用いて正しく意... [more] TL2010-12
pp.7-12
KBSE 2007-09-10
12:00
海外 クアラルンプール JADプログラムにおける日本語学習進捗状況共有システムの提案及びその実装方法
佐々木良造マラヤ大)・尾沼玄也日本国際教育大学連合)・八重樫理人芝浦工大KBSE2007-14
JADプログラム(Japan Associate Degree Program)は,マレイシアで日本の大学教育の一部を学... [more] KBSE2007-14
pp.1-6
ET 2005-10-15
13:50
広島 広島市立大 中国語母語話者のための漢字学習ポイントチェッカーの設計と開発
盧 颯山下直子富永浩之林 敏浩山崎敏範香川大
国際化の進展に伴い,近年,日本語を学習する中国人が増加している.同じ漢字圏であるという点で,学習を促進する共通点がある一... [more] ET2005-44
pp.35-40
ET 2005-03-05
16:15
徳島 徳島大学工学部 中国語母語話者のための日本語学習システム ~ 日本語学習教材の分析と整理 ~
盧 颯山下直子富永浩之林 敏浩山崎敏範香川大
中日交流の進展頻繁化に伴い,中国語を母語とする日本語学習者の数は年々増え続けている.漢字圏の学習者の日本語学習は,非漢字... [more] ET2004-115
pp.79-84
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会