お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2024-03-04
10:22
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Robust segmentation approach over various training-to-test ratios for gross tumor volumes of lung cancer based on fused outputs
Yunhao CuiHidetaka ArimuraKyushu Univ.)・Yuko ShirakawaNational Hospital Organization Kyushu Cancer)・Tadamasa YoshitakeKyushu Univ.)・Yoshiyuki ShioyamaSaga HIMAT)・Hidetake YabuuchiKyushu Univ.MI2023-68
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] MI2023-68
pp.117-118
NS 2023-10-06
15:20
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
差分プライバシを適用した連合学習におけるプライバシ要求レベルを考慮したインセンティブメカニズムの提案
宮越奨太橘 拓至福井大NS2023-104
複数のデータ所有者がクライアントとして参加して機械学習を実行する連合学習では,各クライアントがローカル更新後に他者とモデ... [more] NS2023-104
pp.162-167
IBISML 2023-09-08 大阪 大阪公立大学(中百舌鳥キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
入力データの抽象化による機械学習における学習時間短縮アルゴリズムの提案
迫田 翼 IBISML2023-27
平均値を用いて, 学習データをクラスごとにまとめ, そのデータを学習に利用し, また平均値や分散と言った簡単な計算を組み... [more] IBISML2023-27
pp.12-15
ET 2023-03-14
11:45
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
戯曲読解を題材とした他者理解能力育成支援システムの開発と初期評価
岡本花奈乃阪府大)・林 佑樹瀬田和久阪公立大ET2022-68
社会生活における様々な場面で円滑な対人関係を形成,維持するためには他者の意図や感情といった心的状態を適切に理解する能力が... [more] ET2022-68
pp.49-56
TL 2023-03-11
14:15
ONLINE オンライン開催 文法的機械の創発的推論 ~ 演繹体系における連想知識の獲得 ~
原田康也早大TL2022-39
言語コミュニケーションの本質は「意味のやり取り」と「意味のあるやり取り」にある。近年の英語教育、特に大学英語教育において... [more] TL2022-39
pp.30-35
HCS 2023-03-03
13:10
静岡 常葉大学 草薙キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
深層強化学習とルールベースを用いた3者の協調運動におけるレジリエントな役割の検討
市川 淳静岡大)・筒井和詩藤井慶輔名大HCS2022-93
人は他者と取り組むことで単独では難しいタスクを遂行できる,あるいは単独よりも高いタスクパフォーマンスを達成できる.そのよ... [more] HCS2022-93
pp.100-105
SIS 2023-03-02
13:30
千葉 千葉工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
敵対的摂動を用いた電子透かしの一手法
高野 晟・○棟安実治吉田 壮関西大SIS2022-43
近年,CNN(Convolutional Neural Network)の性能が大きく向上しており,物体検出や画像分類な... [more] SIS2022-43
pp.15-20
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
移動課題における強化学習を通したエージェントの模範行動の創発
原田雄大竹内勇剛静岡大
人間は未知の課題やはじめて参入する環境において,これまでの経験を活かして行動したり,環境に存在する他者や集団の振舞いから... [more]
ET 2022-11-05
13:25
ONLINE オンライン開催 洗練活動を促すコード共有プラットフォームにおける戦略を基にしたコードの共有手法
前田新太郎古池謙人東本崇仁東京工芸大ET2022-34
プログラミング学習では,コードをより良いものへ近づける洗練活動が重要である.洗練活動の促進に,ロボットプログラミングのス... [more] ET2022-34
pp.25-28
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:40
ONLINE オンライン開催 クラウドネイティブ環境を想定したVNF/CNF間機能移行スケジューリングにおけるエンコーダ-デコーダ型RNNの適用可能性についての一検討
平山孝弘地引昌弘宮澤高也ベド カフレNICTIN2021-35
第5世代(5G)およびBeyond 5G(B5G)モバイル通信ネットワークでは、大容量、高信頼性、低遅延、低消費電力など... [more] IN2021-35
pp.25-30
ET 2022-03-04
14:30
ONLINE オンライン開催 人狼ゲームにおける振り返り活動を通じた自責的思考を促す支援システムの開発と評価
石井翔大古池謙人東本崇仁東京工芸大ET2021-73
自身の学びにおいては,他者に原因を求める他責的思考と比べ,自身に原因を求める自責的思考が有用である.本研究では,人狼ゲー... [more] ET2021-73
pp.123-128
MBE, NC
(併催)
2022-03-04
11:00
ONLINE オンライン開催 自己位置と他者位置を符号化する嗅内皮質-海馬スパイキングニューラルネットワークを用いた観察学習
千口克也立野勝巳髙田健介九工大NC2021-72
本研究では,自己位置と他者位置を符号化する嗅内皮質−海馬スパイキングニューラルネットワーク(SNN)を考案し,観察T迷路... [more] NC2021-72
p.138
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-16
15:35
沖縄 沖縄産業支援センター コンセプトマップを用いた協同学習ペアの説明活動に関する実験的検討 ~ 学習パフォーマンスにおける理解度と異なる視点の発現に着目した分析 ~
下條志厳林 勇吾立命館大HCS2019-13 HIP2019-13
認知科学における協同学習研究では,協同学習のメリットとして,他者とのインタラクションを通じて異なる視点に基づいて考えるこ... [more] HCS2019-13 HIP2019-13
pp.87-91
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2019-03-07
16:15
徳島 グランドエクシブ鳴門 情報理論的尺度に基づく家族的類似クラスターの順序関係の学習可能性について ~ ベイジアン逆強化学習の報酬を家族的類似度と見做すこととは何か? ~
森住哲也神奈川大SITE2018-76 IA2018-68
本論文では,<私>という視点を人工知能的システムに組み込むアプローチを示す.「それぞれの<私>が他者性を如何に解釈するか... [more] SITE2018-76 IA2018-68
pp.133-140
HCS 2019-02-02
14:40
新潟 新潟日報メディアシップ 3-5歳児は出身地の方言話者から学ぼうとするか? ~ 東京方言と岡山方言の比較 ~
金重利典針生悦子東大)・奥村優子小林哲生NTTHCS2018-61
本研究では,東京都,岡山県の3,4,5歳児に対して,東京方言の話者と岡山方言の話者を呈示し,ラベルや生態学的特徴をどちら... [more] HCS2018-61
pp.77-82
PRMU 2018-12-14
16:20
宮城 東北大学 頑健な動作認識のためのアンサンブルLSTMとCRFの結合手法
安部 永早川裕太東工大)・日野拓也杉原幹英池谷浩樹コマツ)・下坂正倫東工大PRMU2018-94
建機の作業操作の定量化は操縦者の技量評価や生産性改善に向けた指導に有用である.作業操作の定量化を自動化するには,建機に装... [more] PRMU2018-94
pp.103-108
SITE 2018-12-06
11:45
東京 日本大学 駿河台キャンパス1号館 確率測度的テクストと決定論的テクストを循環させる逆強化学習システムの倫理とは何か
森住哲也神奈川大SITE2018-62
インターネットに於いて,システムは決定論に基づく論理学的視点によって設計・運用されている.確かに決定論的にシステムを設計... [more] SITE2018-62
pp.17-23
IE 2018-06-29
10:20
沖縄 沖縄セルラー電話 残差学習に基づくディープネットワークを用いた画像の雨すじ除去
松井拓郎池原雅章藤沢貴典慶大IE2018-23
屋外で使われるカメラは天候の影響を受けてしまう.本論文では,単一画像から雨すじを除去する問題について扱う.雨すじ除去の先... [more] IE2018-23
pp.13-18
IMQ, HIP
(共催)
2017-07-21
16:55
北海道 札幌市立大学サテライトキャンパス 色統計量による自然画像の分類
北口正敏若林正浩佐藤宏道内藤智之阪大IMQ2017-12 HIP2017-54
風景内の色情報は、風景の認識に重要な役割を果たしていると考えられる。しかし、風景内の色情報が時空間的にどのように変化する... [more] IMQ2017-12 HIP2017-54
pp.33-37
HCS 2017-01-28
12:50
福岡 なみきスクウェア 5歳児及び7歳児における言語レジスターの選択ミスに対する感受性
池田彩夏京大)・小林哲生NTT)・板倉昭二京大HCS2016-81
私たちは、自分が置かれた状況に適した言動、いわゆるTPOをわきまえた言動を取ることを求められている。その行動調整の1つが... [more] HCS2016-81
pp.127-132
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会