お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2024-01-19
15:15
宮城 電子航法研 岩沼分室および名取市文化会館 会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
交通インフラシステム向け24GHz帯多周波ステップ レーダの開発
坪田 光京三製作所)・稲葉敬之稲葉レーダ技術ラボ)・板垣朋範京三製作所SANE2023-101
交通システムにおいても脱炭素・省エネルギー・安全安心向上のための高度インフラシステムの開発が求められている.本論文では,... [more] SANE2023-101
pp.63-68
RCC, ITS, WBS
(共催)
2022-12-14
13:15
滋賀 立命館大学BKC
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
警報中の踏切進入抑止のための情報提示システム
河村裕介竹内恵一羽山和紀鉄道総研WBS2022-57 ITS2022-33 RCC2022-57
警報中の踏切への自動車の進入を抑止する方策の1つとして,自動車のドライバーに対し,踏切の存在や踏切警報の鳴動予告等の状態... [more] WBS2022-57 ITS2022-33 RCC2022-57
pp.124-129
DC 2021-12-10
15:45
香川 国民宿舎小豆島(ふるさと荘交流センター)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習による踏切遮断かん折損検知に関する考察
志田 洋NESCO)・白石倫之JR四国)・高橋 寛愛媛大DC2021-62
踏切道は鉄道と道路が唯一交差する部分であり,踏切遮断機は列車接近時に鉄道と道路を遮断し,踏切を通行する一般公衆・自動車及... [more] DC2021-62
pp.38-43
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-04
11:35
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]レベル交差回数に基づく深層学習を用いたフェージング変動推定に関する検討
河内幸四郎新保薫子菅沼碩文前原文明早大RCS2020-233 SR2020-72 SRW2020-62
第5世代移動通信システム(5G)では,高速・大容量に加えて,多数同時接続,超低遅延といった多様なユーザニーズの実現が期待... [more] RCS2020-233 SR2020-72 SRW2020-62
pp.155-156(RCS), pp.48-49(SR), pp.43-44(SRW)
R 2018-12-15
13:00
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 踏切交通量に基づく踏切・列車群制御手法の適用効果に関する一考察
厚田和也熊澤一将北野隆康岩田浩司鉄道総研R2018-43
踏切の制御手法については,列車の走行制御による踏切警報時間の短縮手法が提案されてきたが,列車運行への影響については十分に... [more] R2018-43
pp.1-6
SSS 2018-08-14
16:05
京都 京都リサーチパーク1号館 A会議室 踏切警報音へのボイスの付加による直前横断抑止効果の検証
秋保直弘鏑木俊暁遠藤広晴鈴木大輔榎並祥太水上直樹小美濃幸司鉄道総研)・石毛隆晴佐藤和敏日本信号SSS2018-18
踏切警報音変更による踏切鳴動後の歩行者の横断抑止効果を検証する目的で心理実験を行った。被験者には、様々な警報音が鳴る踏切... [more] SSS2018-18
pp.21-24
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
16:40
北海道 函館アリーナ MU-MIMO-OFDM THPのオーダリング削減法へのレベル交差に基づく遅延スプレッド推定法の適用効果に関する一検討
新保薫子菅沼碩文前原文明早大RCS2018-129
広帯域移動通信では,マルチパスに起因する周波数選択性フェージングが伝送特性に大きな影響を与える
ことから,周波数選択性... [more]
RCS2018-129
pp.249-254
R 2018-06-15
14:00
東京 機械振興会館 踏切交通量に基づいた踏切・列車群制御手法の一検討
厚田和也熊澤一将北野隆康岩田浩司鉄道総研R2018-7
踏切の制御手法についてはこれまで,列車の走行制御による踏切警報時間の短縮手法が提案されてきたが,列車運行への影響について... [more] R2018-7
pp.1-6
SAT, WBS
(併催)
2018-05-25
10:30
鹿児島 鹿児島大学 レベル交差を用いた周波数選択性及び時間選択性の推定法に関する一検討
新保薫子菅沼碩文前原文明早大WBS2018-4
広帯域移動通信では,マルチパスに起因する周波数選択性と端末移動性に起因する時間選択性の度合いが伝送特性に大きな影響を与え... [more] WBS2018-4
pp.19-24
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-14
10:40
沖縄 アートホテル石垣島 統計的コンパレータを用いたレベルクロス検出手法の性能解析
杉山泰基飯塚哲也東大)・山口隆弘アドバンテスト研)・名倉 徹浅田邦博東大CAS2017-66 ICD2017-54 CPSY2017-63
レベルクロス検出手法にもとづくADCでは電圧ではなく時間を量子化する。クロック周波数を2倍としたとき、通常のADCではS... [more] CAS2017-66 ICD2017-54 CPSY2017-63
pp.15-20
NS, RCS
(併催)
2016-12-22
09:15
石川 金沢勤労者プラザ 同時送信におけるうなり特性の踏切率と平均フェージング期間の分析
廖 椿豪鈴木 誠森川博之東大RCS2016-222
 [more] RCS2016-222
pp.75-80
DC 2016-12-16
16:05
山形 酒田市 総合文化センター(山形県酒田市) 情報通信技術を活用した鉄軌道・道路交通間における安全性向上のための支援システムの検討
竹内俊裕廣瀬道雄長谷川智紀工藤 希伊藤 昇交通安全環境研)・水間 毅東大DC2016-71
鉄道と道路の接点である踏切における事故の防止や道路を共用する路面電車と自動車間の事故の防止は重要な課題の一つである。
... [more]
DC2016-71
pp.37-40
SSS 2016-06-21
13:00
東京 機械振興会館 知識の測定方法の比較検討 ~ 車での踏切横断時の知識を例として ~
村越暁子宮地由芽子畠山 直板谷創平鉄道総研SSS2016-7
車での踏切横断時の知識を例として、「知識有無の自己報告」「正誤判定」「自由記述」の3つの確認方法を比較した。その結果、「... [more] SSS2016-7
pp.1-4
MWP 2013-11-29
14:05
東京 (公)鉄道総合技術研究所 [招待講演]鉄道におけるミリ波通信
立石幸也服部鉄範JR東日本)・川崎邦弘鉄道総研MWP2013-48
鉄道では,列車の運行や旅客サービスのために様々な無線通信システムが利用されている.近年,さらなる安全性・安定性の向上,あ... [more] MWP2013-48
pp.7-12
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2012-11-15
16:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 近赤外線LEDと画像認識を用いた鉄道信号設備の視認性検査手法
長峯 望鵜飼正人鉄道総研IE2012-87
踏切支障等を運転士に伝えるために,異常時のみ発光する特殊信号発光機がある。特殊信号発光機が点滅した際に,運転士が正しく認... [more] IE2012-87
pp.29-34
SSS 2012-09-20
14:20
東京 機械振興会館 自動車ドライバーによる踏切通過時のヒヤリハットに関する考察
畠山 直鉄道総研SSS2012-13
踏切における鉄道事故は年々減少しているものの、依然として鉄道事故全体の4割近くを占め、鉄道事業者にとっては、現在でも大き... [more] SSS2012-13
pp.9-12
NLP, CAS
(共催)
2008-10-14
12:05
宮城 石巻専修大学 ニューラルネットワークの手法を用いた断熱的量子計算における計算能力に関する考察
小野亜衣子佐藤茂雄東北大)・金城光永琉球大)・中島康治東北大CAS2008-36 NLP2008-48
量子計算アルゴリズムは非決定性多項式時間問題(NP問題)を従来の方法より少ない計算時間で解く可能性を持ちます。2001 ... [more] CAS2008-36 NLP2008-48
pp.13-18
RCS, AP
(併催)
2007-11-08
15:25
東京 電通大 180度分配器を用いて交差レベルとサイドローブレベルを制御した1層構造ポスト壁導波路バトラーマトリックス
森本圭一広川二郎安藤 真東工大AP2007-113
4分岐バトラーマトリックスに180度分配器を用いた付加回路を接続して、交差レベルとサイドローブレベルを制御するビーム切り... [more] AP2007-113
pp.63-68
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会