お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 57件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-04
13:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ディジタルRF送受信機技術の進化と展望
末松憲治本良瑞樹亀田 卓東北大RCS2020-243 SR2020-82 SRW2020-72
USRPの出現により,SDR無線機が身近なものとなってきた。SDR無線機に求められる特性としては,マルチバンド,マルチモ... [more] RCS2020-243 SR2020-82 SRW2020-72
pp.177-181(RCS), pp.70-74(SR), pp.65-69(SRW)
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-30
13:10
東京 機械振興会館 [招待講演]MOSアナログLSI回路のサインオフ検証の適正化
小川公裕サクセスインターナショナルCAS2019-70 ICTSSL2019-39
MOSアナログ回路の設計歩留まりを保証するためのサインオフ検証では、デジタル回路のサインオフとは異なる検証方法が必要な事... [more] CAS2019-70 ICTSSL2019-39
pp.35-41
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
13:10
沖縄 宮古島マリンターミナル MOGAを用いたCMOSオペアンプの最適化
久保仁志静岡大)・二宮 洋湘南工科大)・浅井秀樹静岡大NLP2019-93
多目的遺伝的アルゴリズム(Multi-Objective Genetic Algorithm:MOGA)は遺伝的アルゴリ... [more] NLP2019-93
pp.45-48
SR 2018-10-31
14:35
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [招待講演]Direct digital RF transceiver technology for high-SHF fully digital Massive MIMO
Noriharu SuematsuMizuki MotoyoshiSuguru KamedaTohoku Univ.SR2018-96
 [more] SR2018-96
pp.103-107
SDM 2018-10-18
14:00
宮城 東北大学未来情報産業研究館5F ソースとドレインが非対称のMOSFETを用いた電気的特性ばらつきの統計的解析
市野真也寺本章伸黒田理人間脇武蔵諏訪智之須川成利東北大SDM2018-62
高精度アナログデバイス回路の実現に支障をきたす,しきい値電圧ばらつきやランダムテレグラフノイズ(RTN)といったMOSト... [more] SDM2018-62
pp.51-56
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
17:10
岩手 岩手大学 [特別講演]次世代高スループット衛星(HTS)用送受信機へのディジタルRF技術の適用
末松憲治東北大SAT2018-38 RCS2018-141
小型化・低コスト化が難しいRF/アナログ回路を,ディジタル信号処理回路で置き換えることによりディジタルリッチで小型化・低... [more] SAT2018-38 RCS2018-141
pp.49-54(SAT), pp.51-56(RCS)
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-14
11:40
沖縄 アートホテル石垣島 MOCCⅡを用いた電流モード低周波ユニバーサルフィルタの周波数特性改善に関する検討
松尾翔太松元藤彦大淵武史中村洋紀防衛大CAS2017-69 ICD2017-57 CPSY2017-66
2nd generation multiple output current conveyor(MOCCII)を用いたユ... [more] CAS2017-69 ICD2017-57 CPSY2017-66
pp.31-36
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-31
14:10
広島 みやじま杜の宿(広島) 数式ベースと遺伝的アルゴリズムの組み合わせによる演算増幅器の自動設計
鈴木研人高井伸和菅原誉士紀吉澤 慧大河内一登石井 司篠田沙樹福田雅史群馬大EMD2016-83 MR2016-55 SCE2016-61 EID2016-62 ED2016-126 CPM2016-127 SDM2016-126 ICD2016-114 OME2016-95
設計の自由度が大きいアナログ回路は依然として設計者が持つ経験や知識に基づいて、用途に合った回路を設計しており、最適な回路... [more] EMD2016-83 MR2016-55 SCE2016-61 EID2016-62 ED2016-126 CPM2016-127 SDM2016-126 ICD2016-114 OME2016-95
pp.69-74
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]光プローブ電流センサ向け光電流電圧変換CMOSアナログフロントエンド回路の検討と試作
小柳洸介宮地幸祐信州大ICD2016-74 CPSY2016-80
パワーエレクトロニクス向けに、磁気光学効果を用いた光プローブ電流センサが研究されている。従来の磁気ヨーク付きホール効果電... [more] ICD2016-74 CPSY2016-80
p.67
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-16
09:40
東京 東京工業大学 MOSFETのキャラクタライズ結果を用いたバイアス回路の自動設計
鈴木研人高井伸和菅原誉士紀大河内一登吉澤 慧石井 司篠田沙樹福田雅史群馬大ICD2016-91 CPSY2016-97
アナログ回路は設計の自由度が大きく最適な回路を短時間で設計するのは困難である。アナログ回路において、バイアス回路はトラン... [more] ICD2016-91 CPSY2016-97
pp.119-122
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2016-08-02
09:45
大阪 中央電気倶楽部 [招待講演]AI時代に向けたCMOSアナログ集積回路技術
松岡俊匡阪大SDM2016-55 ICD2016-23
本発表では,デジタル支援アナログ回路技術を基盤として,
AI時代に向けて,遺伝的アルゴリズムによる無線送信ICの特性向... [more]
SDM2016-55 ICD2016-23
pp.59-61
ICD, MW
(共催)
2016-03-04
14:20
広島 広島大学 多出力ニューロンMOSカレントミラーに用いるキャリブレーション回路の検討
中山恭綺野口卓朗佐賀大)・清水暁生有明高専)・深井澄夫佐賀大MW2015-211 ICD2015-134
我々の研究室では低電源電圧で動作する14 bitカレントステアリング型D/A変換器(DAC)に関する研究を行っており,電... [more] MW2015-211 ICD2015-134
pp.211-215
ICD, MW
(共催)
2016-03-04
15:10
広島 広島大学 遺伝的アルゴリズムによる無線送信集積回路の送信特性向上手法の検討
勇 正大鎌田隆嗣裵 正男谷 貞宏王 軍大原賢治松岡俊匡阪大MW2015-213 ICD2015-136
QPSK変調方式を有する無線送信集積回路において, 12ビットのデジタルコードで表現される送信信号の正弦波形を遺伝的アル... [more] MW2015-213 ICD2015-136
pp.223-227
ICD, ITE-IST
(連催)
2015-07-03
10:30
神奈川 防衛大学校 [招待講演]オールデジタルAD変換器TADによる微細化のための「センサ/RF回路のデジタル化」
渡辺高元山内重徳田口信幸寺澤智仁デンソーICD2015-19
自動運転の実現には,多数のセンサと高度な通信技術が必要となる.またIoTアプリケーションの拡大発展には,多様なセンサノー... [more] ICD2015-19
pp.27-32
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-EMB, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2015-03-07
08:55
鹿児島 奄美市社会福祉協議会 会議室(2F・4F) CMOSアナログ回路におけるバイアス回路制御方式の改良と性能評価
堀 遼平立命館大)・熊本敏夫阪産大)・白畑正芳藤野 毅立命館大CPSY2014-175 DC2014-101
消費電力の小さいセンサノードデバイスの実現のため,ノーマリオフ(Noff)・コンピューティング技術を活用したデバイス制御... [more] CPSY2014-175 DC2014-101
pp.77-82
SANE 2013-12-02
15:30
海外 VAST/VNSC(1日目) & Melia Hotel, Hanoi(2日目) Cryogenic CMOS analog switch for far-infrared image sensors
Koichi NagaseSOKENDAI)・Takehiko WadaHirokazu IkedaJAXA)・Yasuo AraiKEK)・Morifumi OhnoAISTSANE2013-89
We are developing far-infrared image sensors for astronomica... [more] SANE2013-89
pp.105-108
SR 2013-10-24
13:00
大阪 大阪大学 [技術展示]Time-Based型ADC(TAD)を用いたRF受信IC
寺澤智仁神谷有志川島宏之今井謙一郎鈴木正信渡辺高元田口信幸澤田 学デンソー)・Hou Yu廣岡慶之Ninh Hong Phuc宮原正也松澤 昭東工大SR2013-62
広帯域Gmセルを用いたパッシブミキサによってダイレクトコンバージョン方式を実現するRF部と、Time-Based型A/D... [more] SR2013-62
pp.49-54
MW 2013-03-08
11:20
広島 広島大学 [特別招待講演]アナログ・RF CMOS集積回路技術の現状と今後の動向
松澤 昭東工大MW2012-185
無線通信や信号センシングなどに用いられるアナログ・RFCMOS集積回路技術の現状と今後の動向について概観する。中核となる... [more] MW2012-185
p.147
SDM, ED
(共催)
2013-02-28
09:00
北海道 北海道大学(百年記念会館) 室温動作単電子トランジスタとCMOS1-bitアナログセレクタの集積化
鈴木龍太野末喬城更屋拓也平本俊郎東大ED2012-137 SDM2012-166
あらまし 本研究では、室温動作シリコン単電子トランジスタ(SET)の作製プロセスの改良により、同時に作製されるMOSF... [more] ED2012-137 SDM2012-166
pp.47-52
NC, NLP
(共催)
2013-01-24
17:20
北海道 北海道大学百年記念会館 電圧・電流サンプリング方式によるしきい値結合カオス回路の設計
上ノ原誠二厚地泰輔松坂建治森江 隆九工大)・合原一幸東大NLP2012-122 NC2012-112
本研究では,CMOS集積回路による大規模結合非線形ダイナミカルシステム実現のために,素子ばらつきに頑健なしきい値結合アレ... [more] NLP2012-122 NC2012-112
pp.105-110
 57件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会