お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-20
16:15
北海道 函館コミュニティプラザ 再帰呼び出しを持つC言語サブセットからMalbolgeへのコンパイラ
坂梨元軌河邉翔平酒井正彦西田直樹橋本健二名大SS2017-18 KBSE2017-18
難読プログラミング言語Malbolgeは,その解析困難性により知的財産権の保護などに役立つと考えられているが,命令が特殊... [more] SS2017-18 KBSE2017-18
pp.145-150
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2014-07-10
16:20
北海道 富良野文化会館 Malbolge低級アセンブラにおけるコード配置アドレスの決定法
加藤起騎酒井正彦坂部俊樹西田直樹名大SS2014-18 KBSE2014-21
Malbolgeは最も難解でプログラミングが困難な言語として知られている.
近年,Malbolge低級アセンブラが開発... [more]
SS2014-18 KBSE2014-21
pp.99-104
SS, KBSE
(共催)
2013-07-26
10:30
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) Malbolgeのワード長の拡大とそのプログラミング支援ツール
加藤起騎酒井正彦坂部俊樹草刈圭一朗西田直樹名大SS2013-25 KBSE2013-25
Malbolgeは最も難解なプログラミング言語として知られている.
近年,Malbolgeのための中間言語として低級ア... [more]
SS2013-25 KBSE2013-25
pp.73-78
SS 2013-01-10
15:15
沖縄 沖縄県石垣市民会館 Malbolge低級アセンブリプログラミングにおける制御命令の配置設計のためのSATソルバの利用
安藤 聡酒井正彦坂部俊樹草刈圭一朗西田直樹名大
Malbolgeは最も難解なプログラミング言語として知られている.低級アセンブリ言語の開発によりMalbolgeのループ... [more] SS2012-50
pp.25-30
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-01
10:25
広島 広島市立大学、講堂 小ホール 三値関数を実現するMalbolge命令列の発見のためのSATエンコーディング
安藤 聡酒井正彦坂部俊樹草刈圭一朗西田直樹名大SS2012-37
Malbolgeは最も難解なプログラミング言語として知られている.低級アセンブリ言語の開発によりMalbolgeのループ... [more] SS2012-37
pp.7-12
SS 2012-05-11
10:45
愛媛 愛媛大学 Malbolgeの高級アセンブリ言語への配列機能の追加
安藤 聡酒井正彦坂部俊樹草刈圭一朗西田直樹名大SS2012-8
Malbolgeは最も難解なプログラミング言語として知られている.高級アセンブリ言語の開発によりMalbolgeプログラ... [more] SS2012-8
pp.43-48
SS 2010-10-15
11:30
岩手 岩手県立大学 難解言語Malbolgeのチューリング完全性について
長坂 哲酒井正彦坂部俊樹草刈圭一朗西田直樹名大SS2010-37
Malbolge は最も難解なプログラミング言語として知られている.本研究では,飯澤らが提案したプログラミング手法に基づ... [more] SS2010-37
pp.55-60
SS 2005-06-24
11:15
長野 信州大学 太田国際記念館 難読プログラミング言語Malbolgeにおけるプログラム構成手法
飯澤 恒坂部俊樹酒井正彦草刈圭一朗西田直樹名大
プログラミング言語Malbolge は,意図的に言語仕様を難解に設計し,その言語上でのプログラムの作成や解読を困難にする... [more] SS2005-22
pp.25-30
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会