お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2024-03-21
15:20
沖縄 沖縄科学技術大学院大学(OIST) OISTカンファレンスセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プライバシーに配慮した悪性通信検出手法のNII-SOCSベンチマークデータを用いた検討
小川剛史名大)・長谷川皓一NII)・山口由紀子嶋田 創名大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2023-03-14
10:50
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
悪性通信検知のためのプライバシーに配慮した通信ログ匿名加工の検討
小川剛史名大)・長谷川皓一NII)・山口由紀子嶋田 創名大ICSS2022-74
通信ログからの悪意のある通信の検出は利用者のネットワーク上での全活動を監視する関係上、プライバシー侵害の面が強い。一方で... [more] ICSS2022-74
pp.157-162
IA 2021-09-08
15:15
ONLINE オンライン開催 RPZを用いた不審なDNS外部クエリーの検知・遮断システムの一検討
一瀬 光金 勇東工大)・飯田勝吉北大IA2021-24
ボットの中でも組織内PCがDNSフルリゾルバを経由せずに直接外部にDNSクエリー(直接外部DNSクエリー)を送信するボッ... [more] IA2021-24
pp.59-64
IN, ICTSSL, NWS
(併催)
2016-10-20
13:55
大阪 大阪大学 中継トラフィックデータの類似性に着目した悪性WiFiアクセスポイントの検出
原田敏明森 達哉早大IN2016-52
現在モバイル端末ユーザの多くが公衆無線LANサービスを利用している.その一方で,正規の公衆サービスになりすまして,サービ... [more] IN2016-52
pp.19-24
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
10:50
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) DNSにおける直接外部クエリー分析と不正通信検知手法の検討
一瀬 光金 勇飯田勝吉東工大SITE2014-74 IA2014-106
組織の内部のいずれのPCもDNSリゾルバも把握していない外部のコンピュータへの直接DNS通信は不自然であり、ボットプログ... [more] SITE2014-74 IA2014-106
pp.173-178
ICSS 2013-03-25
13:00
神奈川 横浜国立大学 Finding Malicious Authoritative DNS Servers
Yin Minn Pa PaDaisuke MakitaKatsunari YoshiokaTsutomu MatsumotoYokohama National Univ.ICSS2012-61
This study proposes an approach to find authoritative DNS se... [more] ICSS2012-61
pp.25-30
NS, IN
(併催)
2012-03-09
09:30
宮崎 宮崎シーガイア IPヘッダのTTLによる悪意のある通信の識別
山田 亮戸部和洋後藤滋樹早大IN2011-176
パケットが宛先ホストに到達するまでに通過するルータの数は高々30であると言われている.ところが現実に稼働しているネットワ... [more] IN2011-176
pp.235-240
NS 2006-10-25
15:45
群馬 桐生市市民文化会館 [奨励講演]移動通信網における Malicious Traffic の分析
山下 仁近廣祐司杉山一雄NTTドコモNS2006-111
近年、インターネットにおけるネットワークセキュリティの分野で、端末のウィルス感染や傀儡化(ex.botnet)の影響が問... [more] NS2006-111
pp.69-72
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会