お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
09:50
ONLINE オンライン開催 マルチパスの遅延と到来方向推定に基づくミリ波帯チャネル予測に関する研究
望月大瑚西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大IT2021-63 SIP2021-71 RCS2021-231
基地局で下り回線のチャネル情報を用いることにより,マルチユーザMIMO システムを実現して大容量の通信を行うことが可能で... [more] IT2021-63 SIP2021-71 RCS2021-231
pp.195-200
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
13:00
ONLINE オンライン開催 散乱線測定を導入したDual-Energy X線CTの再構成精度
近藤尚弥戸田尚宏愛知県立大MBE2020-38
X 線CT の再構成問題において散乱線は断層像画像上におけるアーティファクトやカッピングの発生といった悪影響を及ぼす原因... [more] MBE2020-38
pp.1-6
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
15:10
ONLINE オンライン開催 誤り訂正符号と秘密分散法に基づくステガノグラフィの検討
大沼海仁宮田純子芝浦工大CS2020-44
近年,インターネットで情報を扱う機会が増加し,セキュリティの関心が高まっている.そのような中で,安全に情報のやり取りをす... [more] CS2020-44
pp.47-52
RCS 2015-10-02
16:20
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]早稲田大学における第5世代移動通信に関する研究
太田現一郎古賀康之津田俊隆朴 容震佐藤拓朗早大RCS2015-188
早稲田大学における第5世代移動通信に関する多分野の研究について述べる.2005年頃から、無線アクセス系のみならず、ネット... [more] RCS2015-188
pp.161-166
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-19
16:35
沖縄 沖縄産業支援センター Acting Based System Prototyping Workshop Design
草野孔希大野健彦NTT)・角 康之公立はこだて未来大HCS2015-13 HIP2015-13
本研究では,システムを利用する様子を演じることでユーザー要求やシステムの制約を抽出する手法:Acting Based S... [more] HCS2015-13 HIP2015-13
pp.103-108
SITE, IPSJ-CE
(連催)
2009-12-12
09:30
広島 広島大学 情報倫理教育における情報フルーエンシー
辰己丈夫東京農工大SITE2009-42
1998年に、アメリカ学術会議 National Research Council が公表した Being Fluent... [more] SITE2009-42
pp.61-64
MBE 2009-05-22
13:50
富山 富山大学 脳波のフラクタル性を用いた感性・心理計測
安倍大介中川匡弘長岡技科大MBE2009-6
世の中には,人間が移動する手段として自動車や電車など様々な交通機関が存在する.技術的な進歩により機械
的要因での事故は... [more]
MBE2009-6
pp.27-31
IA, SITE
(共催)
2009-03-06
11:00
熊本 阿蘇山(熊本県) 情報科教育法における情報倫理とモラル
辰己丈夫東京農工大SITE2008-92 IA2008-115
筆者は情報科教育法における「情報モラル」という概念の在り方について議論を重ねてきた。本来のモラルの存在は初等教育で重視さ... [more] SITE2008-92 IA2008-115
pp.283-287
NC 2007-06-14
11:45
沖縄 沖縄科学技術研究基盤整備機構 最近傍分類器の分類誤差を用いた遺伝子グループの有意性検定に関する一考察
竹内一郎林 真太郎三重大)・勝呂 幸瀬戸加大愛知県がんセンターNC2007-13
マイクロアレイによる発現解析データを生物情報データベースと関連づけて解釈することの重要性が認識されつつある. そのような... [more] NC2007-13
pp.29-34
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会