お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, MVE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2024-03-14
16:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
会話中に低下したVRエージェントの道徳的信頼感に物理的なタッチインタラクションが与える影響
松本篤弥鈴木嵩茂葛岡英明東大IMQ2023-50 IE2023-105 MVE2023-79
会話エージェントの道徳的に不適切な発言などによりユーザからの信頼感が低下することが課題となっている.従来の研究では,人間... [more] IMQ2023-50 IE2023-105 MVE2023-79
pp.202-207
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2024-03-14
10:10
沖縄 宮古島市未来創造センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]情報倫理教育のこれまでとこれから ~ デジタル・シティズンシップの視点から ~
今度珠美メディア教育研究室SITE2023-110 IA2023-116
本稿では,デジタル・シティズンシップの定義とその構成要素,実践のポイントを解説する.日本の情報モラルとの比較と関係につい... [more] SITE2023-110 IA2023-116
pp.267-270
HCS 2023-01-22
16:00
京都 京都工芸繊維大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Attention-based RNN with encoder-decoderによるサイレント日本語単語脳波の解読
山﨑敏正徳永由布子伊藤智恵子九工大HCS2022-74
頭皮脳波を利用したSSBCIJ(silent speech Brain-Computer Interface in Ja... [more] HCS2022-74
pp.108-111
TL 2022-12-11
14:40
ONLINE オンライン開催 教職志望学生は授業観察において何を捉えているのか ~ 道徳科に着目して ~
野中陽一朗高知大TL2022-30
本研究の目的は,教職志望学生の主体性を活かす準正課活動として,道徳科の授業観察に関する実践報告を行うことである.また,教... [more] TL2022-30
pp.21-25
HIP 2021-12-23
15:45
ONLINE オンライン開催 道徳的エピソードにおける日本人の意思決定傾向の検討
田島悠介白井理沙子石井辰典杉本海里早大)・山本和彦杉浦繁貴コンポン研)・渡邊克巳早大HIP2021-53
本研究では,和訳したEMCS (Everyday Moral Conflict Situation) を用いて,日常的な... [more] HIP2021-53
pp.27-32
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2020-12-02
17:50
ONLINE オンライン開催 日本語ポピュラーソングにおける閉音節化について
小山菜帆子・○西口純代小樽商科大NLC2020-17 SP2020-20
日本語はモーラ言語であり、拗音を除いてかな1文字が1拍の長さをもつ。つまり、かな1文字が1つの音符に対応するはずである。... [more] NLC2020-17 SP2020-20
pp.25-27
TL 2019-07-14
12:00
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 アニメにおける善悪観の変遷についての構造分析 ~ 言語分析の一方法論として ~
﨑本遥華高田明典フェリス女学院大TL2019-2
アニメやコミックなどのいわゆる娯楽系表現制作物の訴求構造を知ることによって,その視聴者がもつ価値観を知ることができると考... [more] TL2019-2
pp.7-12
MBE 2019-05-19
09:50
新潟 新潟大学 円板状半月板をもつ膝関節における大腿骨顆部形状の定量評価
平野健流林 豊彦新潟大)・渡邊 聡新潟医療センターMBE2019-3
膝関節にかかる負荷を分散させるために,脛骨関節面上の内外側に半月板が軟部組織として配置されている.正常な半月板は三日月状... [more] MBE2019-3
pp.13-18
EMM 2019-03-14
09:15
沖縄 沖縄県青年会館 [招待講演]YouTuberはパクられてなんぼ! ~ コピー制御に頼らないUGC時代の著作権保護技術 ~
稲村勝樹東京電機大EMM2018-111
UGC(User Generated Content:ユーザ生成コンテンツ)の概念が登場し,一般のユーザがコンテンツを作... [more] EMM2018-111
pp.105-110
ET 2019-01-26
14:35
大阪 関西大学 (梅田キャンパス) 道徳的読解における読み手の信念とヒューリスティックの効果
沖林洋平藤永啓吾久保田高嶺松岡敬興山口大ET2018-82
本研究では,大学生60名を対象に,道徳的な読解に影響する要因として,読み手のヒューリスティックと読解に対する信念を取り上... [more] ET2018-82
pp.31-34
TL 2017-07-22
16:40
東京 国立国語研究所 Mora-based control for the length effect -- A self-paced reading study in Japanese --
Kiyoshi IshikawaHosei Univ.)・Ryo Yamashita,○So IshiiHosei Univ.TL2017-25
 [more] TL2017-25
pp.63-66
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
10:15
東京 内田洋行東京本社ショールーム 学校教育に求められる著作権教育に関する研究
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・我妻潤子臼井洋子シュヴァン)・大谷卓史吉備国際大)・小野永貴日大)・鈴木二正慶應幼稚舎)・高瀬浩之和名ケ谷中)・塚本初恵ICT情報工房)・豊福晋平国際大)・中駄康博富士ソフト)・西尾琢郎桜台小)・森棟隆一白百合中高)・三輪吉和学習開発研)・工藤紗貴子文理)・渡辺光輝お茶の水女子大附属中ISEC2017-28 SITE2017-20 ICSS2017-27 EMM2017-31
昨今の著作権を巡る状況は激変している。時代に適した法やライセンシング体制等の整備は急務の課題である。初中等教育においても... [more] ISEC2017-28 SITE2017-20 ICSS2017-27 EMM2017-31
pp.205-210
KBSE 2017-03-03
16:00
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 道徳教育支援システム化に向けたモラルジレンマの試行実験
阿部敬一郎東筑紫短/放送大)・辰己丈夫放送大)・村上祐子東北大)・中谷多哉子放送大KBSE2016-44
本研究は,道徳性を発達させる教育支援システム開発を目指している.大学生をターゲットにし,道徳性を効果的にかつ目に見える形... [more] KBSE2016-44
pp.31-36
SP 2017-01-21
11:00
東京 東京大学 [ポスター講演]スマートフォンを用いた日本語特殊拍の対話型発音試験システムとその検討
佐々木 勝三輪譲二岩手大SP2016-68
本報告では、拗音を含む単語音声中の特殊拍を対象とする自律学習支援と対話型発音試験のシステムを提案し、その検討を行う。この... [more] SP2016-68
pp.23-28
ET 2016-12-10
15:40
大阪 近畿大学東大阪キャンパス 情報モラル教育に活用できる聴覚障害の特性を踏まえた自己学習教材の開発 ~ 聴覚障害生徒を対象とする合理的配慮に基づく手話動画とスライド資料 ~
内野智仁筑波大附属聴覚特別支援学校ET2016-75
本研究は,聴覚障害生徒のインターネット・リテラシーを向上させる効果が示唆された情報モラル教育用の提示教材を基にして,生徒... [more] ET2016-75
pp.51-54
TL 2016-10-09
14:00
兵庫 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオ 音韻性ディスレクシアにみる共時調音同期現象について
片田 房早大TL2016-31
発達性ディスレクシアとは、読み書きの能力に限定して生じる学習障害のことである。これには音韻処理能力に関する何らかの欠如が... [more] TL2016-31
pp.29-34
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-14
13:50
山口 中市コミュニティーホール Nac 情報安全教育のシンプルモデルに関する研究 ~ 従来の情報モラル教育モデルからの脱却 ~
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・五十嵐晶子内田洋行)・西岡勝郎ウチダ人材開発センタISEC2016-20 SITE2016-14 ICSS2016-20 EMM2016-28
初中等教育では1990年代から「情報社会の影への対応」として、いわゆる「情報モラル教育」を推進してきた。しかし、近年、情... [more] ISEC2016-20 SITE2016-14 ICSS2016-20 EMM2016-28
pp.37-40
ET, SITE
(共催)
IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(併催)
(連催) [詳細]
2015-12-05
16:15
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA6階 601(ABC)研修室 複数の視点から事例を見る情報モラル指導用教材の提案
門口 礼上田 浩森 幹彦喜多 一京大SITE2015-54 ET2015-82
従来の情報モラル指導用教材は,情報モラル事例(物語)に登場する人物の「被害」や「被害者の心情」が物語の中心に描かれていて... [more] SITE2015-54 ET2015-82
pp.137-142
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
14:40
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 著作者人格権の侵害場面を用いた教材の開発とその試行
鍋島尚子宮寺庸造櫨山淳雄田中喜美学芸大ISEC2015-18 SITE2015-16 ICSS2015-28 EMM2015-26
情報化社会の進展に伴い,著作権教育が重視されている.本研究では,より効果的な教材開発に向けて,著作者人格権の侵害行為が登... [more] ISEC2015-18 SITE2015-16 ICSS2015-28 EMM2015-26
pp.93-100
MBE 2015-01-23
13:25
熊本 熊本大学 大腿義足における動的特性計測システム開発に関する研究 ~ 股関節部上下動を考慮した歩行動作の検討 ~
飯野浩之敦賀健志高島昭彦吉田 協安田義幸早川康之野坂利也北海道科学大MBE2014-112
大腿義足を構成している部品の性能を評価するためには,従来被験者の協力が必要不可欠である.しかし,被験者による歩行では疲労... [more] MBE2014-112
pp.101-104
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会