お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI
(連催) [詳細]
2023-02-22
13:20
富山 大学コンソーシアム富山
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自己音声への違和感は"不気味の谷”現象なのか? ~ 音声モーフィングを用いた検討 ~
長村秀一冨岡晟多田中太一朗小林耕太同志社大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
表情空間における任意方向のモーフィング構成とその心理物理次元に関する検証
塚本高大趙 晋輝中大
表情研究において,SchlossberやRussellらによる表情の心理空間の次元説と2次元部分空間における円環説が知ら... [more]
MVE, IPSJ-HCI, IPSJ-EC, VRSJ, ITE-HI, HI-SIG-DeMO, ITE-SIP
(連催) ※学会内は併催
2022-06-17
14:25
ONLINE オンライン開催(Zoom + Slack) 自己顔混合エージェントの笑顔と専門性がやる気に及ぼす影響の検討
岩田伸治名大)・吉田直人工学院大)・米澤朋子関西大)・間瀬健二榎掘 優名大MVE2022-8
高齢者の健康寿命延伸に向け,リハビリ等の運動の意欲向上が求められている.リハビリ等の運動課題のトレーナーとして,今後,人... [more] MVE2022-8
pp.42-48
HIP 2021-09-17
10:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 自分と他人の声の境界は変化するか
中川優奈田中章浩東京女子大HIP2021-26
私たちは,自分の顔や声を知覚すると「自分のものである」という所有感を感じる。他人の顔を自分の顔のように感じる錯覚があるよ... [more] HIP2021-26
pp.25-30
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 高次元モーフィングによる複数表情間における表情合成と表情空間への応用
野瀬英明趙 晋輝中大
近年, 人間の二表情画像の間に連続表情を合成するために, モーフィング技術が広く使われている. モーフィングは, 任意二... [more]
EA, ASJ-H
(共催)
2017-11-30
15:15
海外 オークランド大学(ニュージーランド) Spatial sound morphing by using a miniature head simulator array
Takashi MiyauraReika UchimiTokyo City Univ.)・Kaoru AshiharaAIST)・Shogo KiryuTokyo City Univ.EA2017-68
It has been reported that the miniature head simulator syste... [more] EA2017-68
pp.55-60
CNR 2014-06-16
10:55
神奈川 慶應義塾大学 来往舎シンポジウムスペース(日吉キャンパス) ヒューマン・シャドウインタラクション
久保政斗尾形正泰金井祐輔今井倫太慶大CNR2014-2
リアルタイムに影をCG映像として再現し(以下,デジタルシャドウ)映像効果を加える映像エンターテイメントシステムを開発する... [more] CNR2014-2
pp.7-10
SP 2014-01-24
14:00
愛知 名城大学 文章音声の好感度評価と属性別モーフィングを用いた要因の検討について
吉元照貴西村竜一入野俊夫河原英紀和歌山大SP2013-104
著者らが新しく定式化した時変多属性任意事例数音声モーフィングアルゴリズムを利用した音声の好感度の評価と制御法の検討を提案... [more] SP2013-104
pp.49-54
EA 2013-12-14
13:00
石川 金沢大学サテライトプラザ 頭部伝達関数算出のための2次元画像に基づいた3次元頭部モデルモーフィングの検討
糸川雄紀大谷 真橋本昌己香山瑞恵伊東一典信州大EA2013-97
近年の計算機性能と3次元形状計測技術の向上により,頭部の3次元モデルに基づいた数値シミュレーションによって頭部伝達関数
... [more]
EA2013-97
pp.55-60
HCS 2012-10-13
13:10
東京 東京電機大学(東京千住) [ポスター講演]自分の顔のイメージは鏡像か?
渡邊伸行齋藤展三金沢工大HCS2012-53
本研究は,自分の顔のイメージは証明写真のような正像か,あるいは鏡に映った像(鏡像)なのか,調べることを目的とした。実験参... [more] HCS2012-53
pp.31-34
MI 2012-01-19
15:40
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 生成型学習を用いた臓器の統計的形状モデルの構築
斉藤 篤中田美沙希渡部秀文清水昭伸小畑秀文東京農工大)・縄野 繁国際医療福祉大MI2011-110
臓器の統計的形状モデル構築にしばしば用いられるLevel setは,一般に特徴空間上での分布が非線形の多様体となる.その... [more] MI2011-110
pp.179-184
SP 2011-03-04
15:15
東京 東京大学工学部 母語干渉が外国語発声の韻律的自然性に与える影響に関する知覚的検討
加藤集平ショート グレッグ峯松信明広瀬啓吉東大SP2010-118
多くの日本語学習者は自然な発音で日本語を話したいという欲求がある一方で,母語の影響により不自然な発音となる場合が多い.当... [more] SP2010-118
pp.19-24
SP 2010-11-19
11:30
愛知 愛知県立大学 PARCOR係数補間による母音モーフィングに関する検討
廣瀬良文釜井孝浩パナソニックSP2010-82
声道形状パラメータを用いてモーフィングを行なう声質変換法を検討している。音声モーフィングを行なうためには、フォルマントピ... [more] SP2010-82
pp.77-82
SIS 2010-03-05
10:30
神奈川 神奈川工科大学 情報棟3F 305室 [ポスター講演]自己組織化マップを用いた複数画像系列内挿のための一方法
白石勝明河野英昭前田 博生駒哲一九工大SIS2009-65
ある形状から別の形状へ徐々に変化していく様子を動画で表現するために,その中間を補うための画像を生成する技術にモーフィング... [more] SIS2009-65
pp.89-93
ITE-ME, ITE-AIT, ITE-BCT, IE
(共催)
2009-11-19
16:20
福岡 九州産業大学 景観ウォークスルー用曲がり角での補間画像生成手法
小窪大道賀向井信彦小杉 信東京都市大IE2009-107
コンピュータグラフィックス(CG)モデルを作成して景観ウォークスルーを実現するには,多大な処理時間を要する.一方,少ない... [more] IE2009-107
pp.49-54
SP 2009-06-25
11:15
北海道 北海道大学クラーク会館 声道長の正規化に基づく簡易モーフィング音声の品質改良について
浅香佳希西田沙織赤桐隼人西村竜一入野俊夫河原英紀和歌山大SP2009-35
手作業による参照点の付与が必要であることは、現在の音声モーフィングの大きな問題となっている。この手作業が不要となる音声モ... [more] SP2009-35
pp.69-74
SP 2009-03-06
11:15
東京 東京工科大 TANDEM-STRAIGHTおよび時変モーフィングのための研究用インタフェースの開発について
河原英紀和歌山大)・森勢将雅関西学院大)・高橋 徹京大)・坂野秀樹名城大)・西村竜一入野俊夫和歌山大SP2008-151
TANDEM-STRAIGHTは、STRAIGHTの全アルゴリズムを基礎から置き換え、プログラムを見通しと実行効率の良い... [more] SP2008-151
pp.51-56
PRMU, IE, MI
(共催)
2008-05-22
10:30
愛知 愛知工科大学 モーフィングによる交差点鳥瞰映像の生成および事故現場検証への応用
関山宜孝加藤ジェーン渡邉豊英名大IE2008-15 PRMU2008-1 MI2008-1
本稿ではモーフィングを用いて,交差点内の車両を追従する視点の生成手法に関して提案する.本手法では交差点内の高所に設置され... [more] IE2008-15 PRMU2008-1 MI2008-1
pp.1-6
PRMU, IE
(共催)
2008-03-11
15:25
石川 北陸先端大 多視点映像の切替え提示による注目対象誘導のための視点間画像補間による滑らかな視点切替えの一手法
東海彰吾樋口翔太長谷博行福井大IE2007-326 PRMU2007-310
多視点映像の切替え提示において,被写体の画面構成を制御し,連続性を持たせた画像に加工した上で切替え提示することことで映像... [more] IE2007-326 PRMU2007-310
pp.425-430
ITE-HI, ITE-AIT, ITE-ME, IE, ITS
(共催)
2008-02-19
11:15
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 モーフィングに基づくフレーム補間に関する一検討 ~ 適応的な対応点推定における領域分割の高精度化 ~
山本貴史長谷山美紀北大ITS2007-65 IE2007-248
本稿では,適応的な対応点推定に基づくモーフィングを用いたフレーム補間法を提案する.提案手法では,フレーム補間を行う処理対... [more] ITS2007-65 IE2007-248
pp.19-24
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会