お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2023-01-27
10:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ダイナミックグルーピング型STEAM教育に関する研究 ~ GPS搭載タブレット端末を用いた効果検証 ~
小島亜耶木村秀明中部大EST2022-91
近年,計算機性能の加速度的進展によりサイバーフィジカルシステム(CPS),ディジタルツインコンピューティング(DTC)等... [more] EST2022-91
pp.88-91
ICTSSL, CAS
(共催)
2023-01-27
10:55
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
交通行動が居住地選択に及ぼす影響に関するシミュレーション分析
髙木詩麻森澤哲成伊藤 尚富山高専CAS2022-81 ICTSSL2022-45
現在,少子高齢化や人口減少が進むなか持続可能な都市形成が求められ,コンパクトシティ政策が導入されている.コンパクトシティ... [more] CAS2022-81 ICTSSL2022-45
pp.95-98
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
個人の購入行動と品不足に関するMASモデル ~ 情報が不確かな状況下におけるネットワーク上のマルチエージェント学習 ~
前田新太竹川高志工学院大
コロナ情勢下において,生活必需品の供給が減少するという情報が広く取り上げられた.その結果,通常より多くの生活必需品を購入... [more]
AI 2022-09-16
13:50
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチーエジェントシミュレーションに基づいた複合的な都市交通施策の効果検証
杉江直紀服部宏充立命館大AI2022-27
都市交通環境と人々の移動の相互作用が織り成す現象は複雑で、都市内の移動を効率化・最適化する問題の解決は容易ではない。筆者... [more] AI2022-27
pp.54-57
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
12:05
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
セルラー方式におけるマルチエージェント深層Q学習に基づいたセル間干渉制御
劉 昱辰張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-119
小セル方式においては,セル間干渉(ICI)が全体のシステム容量を大きく劣化させる可能性がある.このICIを軽減するために... [more] RCS2022-119
pp.126-131
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-19
10:10
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ダイナミックグルーピング型STEAM教育に関する研究
小島亜耶木村秀明中部大EMT2022-9 MW2022-33 OPE2022-12 EST2022-10 MWPTHz2022-7
近年,計算機性能の加速度的進展によりサイバーフィジカルシステム(CPS),ディジタルツインコンピューティング(DTC)等... [more] EMT2022-9 MW2022-33 OPE2022-12 EST2022-10 MWPTHz2022-7
pp.9-12
ICTSSL 2022-05-27
15:30
富山 富山大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチエージェントシミュレーションを活用した避難時の橋梁の必要性評価 ~ 福島県浪江町を事例として ~
井ノ口宗成壽崎成秋富山大ICTSSL2022-7
一般的に橋梁の必要性は費用便益比で評価される場合が多く,災害時の利用の重要性について十分に評価されていない.本研究では,... [more] ICTSSL2022-7
pp.34-38
AI, JSAI-SAI, JSAI-KBS, JSAI-DOCMAS, IPSJ-ICS
(併催)
2022-03-12
09:00
北海道 WSSIT2022
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
各車両のスケジュールと緊急度を考慮した道路交通信号制御システムの提案
張 桀碩岩瀬一彦武村知昭東川 瞬阿部晶子大久保友幸林 久志都立産技大AI2021-26
近年の道路交通信号制御システムでは,渋滞緩和のために様々な工夫をしている.しかしながら,各 車両のスケジュール(目的地と... [more] AI2021-26
pp.1-6
KBSE 2022-03-10
10:45
ONLINE オンライン開催 (Zoom) PBLにおけるスケジュール・リスク予測のためのマルチエージェントシミュレーション
粂野文洋日本工大KBSE2021-52
第三者からシステム開発の要請を受けて,システムの開発や運用をプロジェクト演習として行う形態のPBLは,現実の開発・運用実... [more] KBSE2021-52
pp.66-71
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2022-03-07
14:25
ONLINE オンライン開催 非バックトラック性を応用したセンサネットワークにおける合意制御
田谷昭仁青学大SeMI2021-86
本稿ではセンサネットワークにおけるマルチエージェント合意制御を対象に,バックトラックによる効率低下について考察し,改善手... [more] SeMI2021-86
pp.19-24
ICTSSL, CAS
(共催)
2022-01-21
15:40
ONLINE オンライン開催 マルチエージェントシミュレーションを用いた地域間所得格差に関する研究
村上彰洋伊藤 尚富山高専CAS2021-72 ICTSSL2021-49
近年,世界的に地域間所得格差が大きな問題となっている.地域間所得格差の拡大は経済成長を低下させるという調査結果も出ている... [more] CAS2021-72 ICTSSL2021-49
pp.84-88
NLP, MSS
(併催)
2021-03-16
09:40
ONLINE オンライン開催 ネットワーク構造が有向非巡回グラフであるクアッドロータ群のピニング合意制御
坂口聡範潮 俊光阪大MSS2020-50
本研究では,ヘテロジニアスな複数台のクアッドロータが有向非巡回グラフで接続されるクアッドロータ群に対して,単一クアッドロ... [more] MSS2020-50
pp.33-36
KBSE 2021-03-06
13:00
ONLINE オンライン開催 UAVを用いた山間部における効率的な災害避難支援の研究
多胡 樹神林 靖日本工大KBSE2020-43
われわれは各地で様々な自然災害を目の当たりにしてきた.津波に注目が集まっているが,山間部での地すべりも深刻な問題である.... [more] KBSE2020-43
pp.54-59
AI 2020-12-11
09:05
静岡 オンライン+アクトシティ浜松研修交流センター401会議室(楽器博物館の建物の4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチエージェント深層強化学習を利用した微視的道路交通における自動運転方策の提案
諏訪凌太菅原俊治早大AI2020-7
本研究では,強化学習を用いた自動運転において,マルチエージェント深層強化学習を用いた微視的道路交通における相互作用を考慮... [more] AI2020-7
pp.34-38
AI 2020-12-11
10:20
静岡 オンライン+アクトシティ浜松研修交流センター401会議室(楽器博物館の建物の4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチエージェント強化学習を用いたトラフィックの変化に対応した通信先匿名化手法の実現
杉山慶多福田直樹静岡大AI2020-10
本論文では,ネットワーク仮想化に対するマルチエージェント技術の応用の一つとして,マルチエージェント強化学習を利用した通信... [more] AI2020-10
pp.46-51
KBSE, SC
(共催)
2020-11-14
09:00
ONLINE オンライン開催+機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
社会実装型PBLにおけるリスク予測手法の研究
粂野文洋日本工大KBSE2020-23 SC2020-27
第三者のステークホルダからシステム開発の要請を受け,その開発・提供および保守を演習テーマとする形態のPBL(Projec... [more] KBSE2020-23 SC2020-27
pp.41-46
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-31
15:40
東京 機械振興会館 大型商業施設における避難行動シミュレーション
大代浩一朗高田 響中村紀香伊藤 尚富山高専CAS2019-93 ICTSSL2019-62
本研究において,避難行動マルチエージェントシミュレーションモデルを用いて,誘導者の有無が避難時間に与える影響を調査する.... [more] CAS2019-93 ICTSSL2019-62
pp.149-152
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-31
16:00
東京 機械振興会館 ミクロ経済をベースとしたマルチエージェント経済シミュレーションモデルの検討
中村朋希村上彰洋伊藤 尚富山高専CAS2019-94 ICTSSL2019-63
本研究の目的は,マルチエージェントシミュレーションを用いて地域通貨としての減価通貨が経済に及ぼす影響を評価することである... [more] CAS2019-94 ICTSSL2019-63
pp.153-156
ICTSSL, IN
(連催) ※学会内は併催
2019-10-17
10:50
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 固定発信源と移動発信源による避難情報伝達の効率性の比較
小林直輝山﨑達也新潟大)・佐藤翔輔東北大ICTSSL2019-18 IN2019-32
災害時に迅速な避難を実現するためには,適切な情報を確実に避難者へ伝達する必要がある.特に,都市部においては観光客などの地... [more] ICTSSL2019-18 IN2019-32
pp.11-16
CQ 2019-08-28
16:10
北海道 函館アリーナ VANETを利用した災害時避難情報拡散手法 ~ 東日本大震災の経験を踏まえた避難情報の迅速共有の重要性 ~
市川公太ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大CQ2019-87
近年, 車両アドホックネットワーク(Vehicular Ad-hoc NETwork:VANET)の災害時への利用の期... [more] CQ2019-87
pp.153-157
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会