お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2022-07-14
13:30
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NDNにおけるキャッシュノードを用いたルーチング
大久保翔平中里秀則早大CS2022-22
本論文では、Named Data NetworkingにおいてノードへのID付与及びコンテンツ名のハッシュとノードIDに... [more] CS2022-22
pp.42-43
CAS, CS
(共催)
2022-03-03
10:05
ONLINE オンライン開催 NDNにおけるNLSRによるキャッシュコンテンツ広告のトラヒックへの影響
御法川凌太中里秀則早大CAS2021-74 CS2021-76
Information Centric Networking (ICN)の一種である Named Data Networ... [more] CAS2021-74 CS2021-76
pp.1-6
CAS, CS
(共催)
2022-03-03
11:20
ONLINE オンライン開催 Hash-Collecting System:Named-Data NetworkingにおけるFreenet転送手法の導入およびコンテンツ収集の活発化
福田奈津子中里秀則早大CAS2021-77 CS2021-79
本論文では、Name Data NetworkingにおいてFreenetの転送手法を取り入れた「Hash-Collec... [more] CAS2021-77 CS2021-79
pp.19-24
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 提示順序の影響を取り除いた色弱度合い検査法
川合 優目黒光彦古市昌一日大
近年,学校保健安全法の改正により,希望制で色覚検査を行うようになった.しかし,希望者が少なく,検査を行う機会が減っている... [more]
WIT 2021-08-20
13:55
ONLINE オンライン開催 色覚異常を体験する間違い探しゲームの開発
本橋純平・○塩野目剛亮帝京大WIT2021-14
平成22・23年度における先天色覚異常の受診者に関する実態調査によると,高校3年の先天色覚異常者の推定受診率は 1.2%... [more] WIT2021-14
pp.5-10
SIS 2021-03-05
11:30
ONLINE オンライン開催 混同色線を用いた簡易色弱度合い検査法
川合 優目黒光彦古市昌一日大SIS2020-58
色覚異常とは,色覚正常者が見ている色とは違うように見えてしまう,いわゆる色盲,色弱のことである.近年,色覚検査は希望制で... [more] SIS2020-58
pp.126-131
IN, NS
(併催)
2021-03-05
14:30
ONLINE オンライン開催 NDNにおけるフィードバックを用いた輻輳制御方式
内田大成陳 春祥重安哲也県立広島大IN2020-93
NDN における輻輳制御ではキャッシュヒットによるボトルネックリンクの変化に注目する必要がある.そこで,隣接ノード間で輻... [more] IN2020-93
pp.232-237
CAS, CS
(共催)
2021-03-02
12:35
ONLINE オンライン開催 NDNにおけるSFC効率化のためのキャッシュ置換ポリシー
伊藤 快中里秀則早大CAS2020-80 CS2020-87
Information Centric Networking (ICN)の実装の一つであるNamed Data Netw... [more] CAS2020-80 CS2020-87
pp.47-52
HIP, VRSJ
(連催)
2021-02-19
16:25
ONLINE オンライン開催 高感度色覚検査システムの開発と応用
北口正敏露口紗弓橋爪実和加藤あゆ香内藤智之佐藤宏道阪大HIP2020-91
ジストロフィノパチーは、原因タンパク質ジストロフィン遺伝子の異常により、骨格筋の変性・壊死が起こる進行性難病であり、網膜... [more] HIP2020-91
pp.78-83
HIP 2020-12-22
14:00
ONLINE オンライン開催 高感度色覚検査システムの開発
北口正敏内藤智之佐藤宏道阪大HIP2020-58
本研究ではPCモニタ装置を用いて簡便に短時間に色相と輝度の違いを同時に検査できる2種類のシステムを開発した。健常人25人... [more] HIP2020-58
pp.25-28
CS 2020-07-17
11:50
北海道 りぷら(利尻富士町)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Named Data NetworkingへのFreenet転送手法の適用
福田奈津子中里秀則早大CS2020-28
コンテンツ指向ネットワークのルーティングに、P2P ネットワークの一種である Freenet の転送の考え方 を取り入れ... [more] CS2020-28
pp.51-52
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
NDNでの360度動画ストリーミングにおけるキャッシュヒットの影響について
小笠原 拓萬代雅希上智大)・山本 幹関西大NS2019-184
一般的に360度動画ストリーミングでは,クライアントは測定スループットをもとに動画の品質を決定する.コンテンツ指向ネット... [more] NS2019-184
pp.43-46
NS, IN
(併催)
2020-03-06
09:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
NDN網での位置関連コンテンツ検索におけるk-匿名性を用いたプライバシー保護手法
北 健太朗小泉佑揮長谷川 亨阪大IN2019-108
IoTの普及により,各地に設置されたIoTデバイスから位置に紐づくコンテンツを収集するシステムの需要が高まっている.その... [more] IN2019-108
pp.177-182
CS, CAS
(共催)
2020-02-27
09:30
熊本 崇城大学 NDNにおけるネットワーク遅延とキャッシュ容量に基づくキャッシュ方式
伊藤 快中里秀則早大CAS2019-99 CS2019-99
ICN(Information Centric Networking)の研究の中にあるNDN(Named Data Ne... [more] CAS2019-99 CS2019-99
pp.7-12
CS 2019-11-01
10:10
鹿児島 霧島ホテル Dockerによる仮想環境を用いたNDN-FCの設計
熊本洋平中里秀則早大CS2019-68
近年IoTデバイスが急増し,その結果IoTアプリケーションやサービスも発展している.ファクトリーオートメーションや自動運... [more] CS2019-68
pp.33-38
ICTSSL, IN
(連催)
2019-10-17
14:25
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 日欧ICNテストベッド上におけるNDNを用いた360度動画ストリーミング試験の考察
植田一暁田上敦士KDDI総合研究所ICTSSL2019-24 IN2019-38
360 度カメラやVR ゴーグルなどの新規デバイスの普及に伴い, 360 度動画の配信サービスが近年始まりつつある. 従... [more] ICTSSL2019-24 IN2019-38
pp.47-52
CS 2019-07-04
09:00
鹿児島 奄美市福祉協議会 奄美市社会福祉センター NDNにおいてユーザのコンテンツ取得傾向に基づく信頼値により攻撃者の行動を制限する方式
中野紘典加藤広野春田秀一郎吉田匡志笹瀬 巌慶大CS2019-13
本稿では,NDNにおいてユーザのコンテンツ取得傾向に基づく信頼値により攻撃者の行動を制限する方式を提案する.提案方... [more] CS2019-13
pp.1-6
CS 2019-07-05
11:50
鹿児島 奄美市福祉協議会 奄美市社会福祉センター NDNにおけるネットワーク遅延に基づいたキャッシングへのユーザ位置の反映
山口直樹早大CS2019-45
IPネットワークは設計当時現在トラヒックの大部分をコンテンツ要求が占めることが想定されていなかった.そのため,位置指向の... [more] CS2019-45
pp.147-152
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター 名前通信を用いた位置ベースサービスにおけるエッジコンピューティング機構の設計に関する一考察
栗原佳輝小泉佑揮長谷川 亨阪大IN2018-118
Internet of Things (IoT) デバイスが生成する大量のデータをクラウドに収集して計算するク... [more] IN2018-118
pp.205-210
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター NDNベースのアドホック網におけるDoS耐性のあるPublish/Subscribe通信プロトコルに関する一考察
村井穏永武政淳二小泉佑揮長谷川 亨阪大IN2018-119
非同期グループ通信は、災害対応などのミッションクリティカルな作業中のメンバへのメッセージ同報に有用であり、Named D... [more] IN2018-119
pp.211-216
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会