お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2019-03-15
15:15
徳島 鳴門教育大学 研究活動支援システムにおける活動経緯を付与すべき期間に関する調査
廣村槙太郎信州大)・國宗永佳千葉工大)・新村正明信州大ET2018-104
本研究室では,自己調整活動を取り入れ研究活動の円滑な遂行を支援する研究活動支援システムを開発・運用している.本システムで... [more] ET2018-104
pp.99-104
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
11:15
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス 最適灌水アルゴリズム構築に向けた灌水戦略分析のための土壌水分量推定手法
小田紘介繁田 亮川原圭博東大ASN2018-54
農業において灌水の意思決定は生産性を左右する重要な要素であり,熟練農家は経験的に準最適な灌水戦略を発見している.しかし,... [more] ASN2018-54
pp.13-18
IA 2017-11-15
14:15
海外 KMITL, タイ・バンコク Design and implementation of NS record history database for detecting DNS-based botnet communication
Hikaru IchiseTokyo Tech./Hokkaido Univ.)・Yong JinTokyo Tech.)・Katsuyoshi IidaTokyo Tech./Hokkaido Univ.IA2017-31
 [more] IA2017-31
pp.7-11
KBSE 2017-11-11
10:30
静岡 熱海第一ビル5階C会議室 細粒度履歴を用いたプログラムの変更の方略推測支援ツール
髙山源貴山田善隆橋浦弘明日本工大)・田中昂文東京農工大)・櫨山淳雄学芸大)・高瀬浩史日本工大KBSE2017-29
ソフトウェア開発は複数人によるプロジェクトを組んで行われる.開発が終了するとプロジェクトは解散してしまうため,保守や改良... [more] KBSE2017-29
pp.19-24
EMM, IE, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2017-09-05
10:25
京都 京都大学 百周年時計台記念館 危機対応における情報共有と組織間連携のためのシステム運用に関する検討
小阪尚子小山 晃倉 恒子吉田芳浩岸 晃司NTT)・丸山公禎高松幸一第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会LOIS2017-20 IE2017-41 EMM2017-49
危機対応に関わる組織において,当該危機事象に関わる他組織や組織全体の状況を把握することや,状況に応じて他組織との連携を臨... [more] LOIS2017-20 IE2017-41 EMM2017-49
pp.57-62
MBE, NC
(併催)
2015-11-20
16:00
宮城 東北大学 [招待講演]MRIによる全脳神経活動履歴計測 ~ 原理から応用まで ~
小山内 実東北大MBE2015-55 NC2015-39
近年脳・神経系の機能解析を目指した Ca^{2+} イメージングが盛んに行われている。これは活動電位に伴い神経細胞内に ... [more] MBE2015-55 NC2015-39
p.15(MBE), p.19(NC)
SIS 2014-03-06
13:40
大阪 関西大学うめきたラボラトリ 視野の重なりを用いた携帯端末群の方位センサ情報からのシーン状況抽出
森岡貴義東海彰吾長谷博行福井大SIS2013-61
開発を進めている携帯端末群による多視点撮影システムでは,各携帯端末によって撮影される映像だけでなく,各端末に搭載されるセ... [more] SIS2013-61
pp.31-36
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
15:50
福岡 福岡工業大学 看護師向け指さし呼称確認システムの試作
浦島 智中村正樹鳥山朋二富山県立大)・大島淳一中川美都子野村忠雄高志リハビリ病院IMQ2012-66 IE2012-170 MVE2012-127 WIT2012-76
病院における薬液取り違え等の医療事故の大きな割合をヒューマンエラーが占めており,防止のため様々な対策が行われている.看護... [more] IMQ2012-66 IE2012-170 MVE2012-127 WIT2012-76
pp.181-186
SANE 2011-12-16
10:45
埼玉 日本工業大学 ZigBeeを用いた位置情報の取得及びデータ転送システムの提案
杉下卓也高瀬浩史平栗健史日本工大)・相河 聡兵庫県立大SANE2011-129
本論文では,ZigBeeで利用されているLQI(受信電力)の値を用いて,端末の位置情報取得と移動中の端末がセンサーデータ... [more] SANE2011-129
pp.13-17
ISEC, LOIS
(共催)
2010-11-18
11:15
茨城 筑波大学 レシート蓄積による消費者向けライフログサービスの考察
徳永清輝柗本真佑中村匡秀神戸大ISEC2010-63 LOIS2010-42
従来,消費者の購買履歴は,トレンド分析や販売戦略決定など,販売者・供給者向けのツールやサービスに用いられてきた.本稿では... [more] ISEC2010-63 LOIS2010-42
pp.95-100
ET 2010-10-30
11:00
岡山 岡山理科大学 Moodleにおけるプログラム穴埋め問題の生成と活用に関する検討
新開純子早勢欣和富山高専)・宮地 功岡山理科大ET2010-42
eラーニングの形成的テストは,学習者が学習内容の理解度を確認するための主体的学習に利用されている.また,その学習履歴デー... [more] ET2010-42
pp.7-10
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2010-06-10
16:15
宮城 東北大学電気通信研究所 [招待講演]次世代コンテンツの動向と記録メディアへの期待
青木輝勝東北大MR2010-6
本稿では、次世代コンテンツの原理、歴史、技術動向について3D映像、五感コンテンツを対象として概観するとともに、それらのコ... [more] MR2010-6
pp.37-44
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会