お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 312件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2023-02-17
14:35
沖縄 シャボン玉石けんくくる糸満
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
波長/偏波多重信号光ファイバー伝送を記述する非線形伝搬方程式
井上 恭五十嵐浩司阪大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NC, NLP
(共催)
2023-01-28
10:40
北海道 公立はこだて未来大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
再帰性定量化分析における最小斜め線長さの影響に関する調査
スヴィリドヴァ ニーナ池口 徹東京理科大NLP2022-83 NC2022-67
リカレンスプロット(RP)は、複雑な多次元システムのダイナミクスを2次元の2値画像として可視化するものである。RPに対す... [more] NLP2022-83 NC2022-67
pp.11-15
NLP 2022-11-25
14:15
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
伝送遅延を含んだ非線形サンプル値結合システムの同期
三沢拓也小口俊樹都立大NLP2022-76
本報告では,システム間の伝送遅延時間を考慮した非線形サンプル値システムの同期問題を検討する. まず, サンプル値出力をシ... [more] NLP2022-76
pp.87-90
NLP 2022-11-25
15:40
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クープマンモード分解に基づく非線形システムの寄与率評価に関する検討
高道健史阪府大)・薄 良彦京大)・Marcos NettoNREL)・石亀篤司阪府大NLP2022-79
寄与率評価とは,線形時不変システムにおける状態変数とモードの相互関係の解析である.本報告では, 非線形システムに関するク... [more] NLP2022-79
pp.103-108
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-15
11:25
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]多項式デジタルプリディストータを用いる帯域内全二重の理論解析
小松和暉松村 武NICTRCS2022-159
帯域内全二重は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.自己干渉は送信機や受信機の増幅器... [more] RCS2022-159
pp.25-30
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-17
15:00
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
等利得フィルタを適用した非線形過負荷MIMO通信方式
杉本 匠田野 哲侯 亜飛岡山大RCS2022-182
近年,スマートフォンやタブレット端末などの無線通信機器の普及,第 5 世代移動通信システム (5G) 等の仕様からもわか... [more] RCS2022-182
pp.155-160
MW 2022-11-15
17:15
長崎 福江文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
受信後非線形補償による送受信機の線形性向上の効果
山尾 泰電通大MW2022-120
5G以降で用いられる無線信号の送受信では広帯域に渡る高品質な信号伝送が必要であるが,送信機の非線形特性は信号品質を劣化さ... [more] MW2022-120
pp.61-66
RCS 2022-10-27
14:45
愛媛 愛媛大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]ブラインド受信非線形補償器と周波数領域等化器を用いた送信機メモリ非線形の受信後補償に関する検討
山尾 泰谷口哲樹電通大RCS2022-136
5G 以降で用いられる無線信号の送受信では広帯域に渡る高品質な信号伝送が必要であるが,送信機の非線形特性は信号品質を劣化... [more] RCS2022-136
pp.29-34
OPE, OCS, LQE
(共催)
2022-10-21
10:25
愛媛 松山市民会館 小ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]PPLN波長変換器を介したC帯送受信機によるS帯WDM伝送
加藤智行村中秀史田中 有秋山祐一星田剛司富士通)・清水新平小林孝行風間拓志梅木毅伺渡辺 啓宮本 裕NTTOCS2022-30 OPE2022-76 LQE2022-39
開発済みのリアルタイム光送受信機と波長変換器を組み合わせることで,光送受信機の新規開発を待たずにC+L帯を超えたマルチバ... [more] OCS2022-30 OPE2022-76 LQE2022-39
pp.70-75
OPE, OCS, LQE
(共催)
2022-10-21
11:05
愛媛 松山市民会館 小ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
分散制御したSi導波路を用いた広帯域な波長変換特性評価
岡田 峻村中秀史加藤智行木村徳治田中 有山本剛之富士通)・Isaac SackeyGregor RonnigerCarsten Schmidt-LanghorstRobert ElschnerColja SchubertHHI)・星田剛司富士通OCS2022-31 OPE2022-77 LQE2022-40
将来ネットワークの伝送容量拡大に向けて複数波長帯を用いた広帯域伝送システムの検討が行われている.我々は波長変換技術を用い... [more] OCS2022-31 OPE2022-77 LQE2022-40
pp.76-81
CAS, NLP
(共催)
2022-10-20
15:20
新潟 新潟大学駅南キャンパスときめいと
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
落雷電流波形解析で確認された非線形緩和過程とその数理的理解
石山文彦NTTCAS2022-24 NLP2022-44
解析対象が線形であれば、解析結果は指数関数の一次結合の形で得られ、特徴量が固有値として得られるのに対し、非線形な場合には... [more] CAS2022-24 NLP2022-44
pp.25-28
PN 2022-08-29
10:20
北海道 ハイランドふらの
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光学非線形歪み補償に用いるディープニューラルネットワークによる非線形イコライザの補償性能に関する検討
中村迅也生田 海茂田井大輔中村守里也明大PN2022-10
3層ニューラルネットワーク(ANN)及び4層ディープニューラルネットワーク(DNN)を用いた非線形イコライザの光学非線形... [more] PN2022-10
pp.10-14
SIP 2022-08-26
09:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
非線形時系列データからの非線形トレンド抽出手法
石山文彦NTTSIP2022-60
解析対象が線形であれば、解析結果は指数関数の一次結合の形で得られ、特徴量が固有値として得られるのに対し、非線形な場合には... [more] SIP2022-60
pp.56-59
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
10:30
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スパイク間隔からの力学系再構成によるスパイク列間の因果性検出
澤田和弥東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大CCS2022-36
本稿では,遅延座標系による力学系再構成を応用した非線形因果性検出手法をスパイク列などの点過程に拡張した手法を提案する.観... [more] CCS2022-36
pp.48-53
NLP 2022-08-02
10:15
ONLINE オンライン開催 新たな非線形連立方程式の解法 ~ ニュートン・ラフソン法とW4法 ~
大川博督早大NLP2022-29
非線形連立方程式を解く万能な手法は今のところ無い。ニュートン・ラフソン法は方程式の線形化をもとにした反復解法であり、古く... [more] NLP2022-29
pp.15-19
NLP 2022-08-02
11:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Koopman作用素論に基づく力学系の次元縮約と非線形リズムへの応用
中尾裕也東工大NLP2022-31
Koopman作用素論に基づく非線形力学系の次元縮約法と,その非線形リズム現象への応用について紹介する.近年注目されてい... [more] NLP2022-31
pp.24-26
AP
(第二種研究会)
2022-06-10
14:50
北海道 根室総合文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]5G用DPD搭載Sub6GHz帯超多素子アクティブアンテナを用いたDown Link SINRの劣化成分に関する特異性解析 ~ Down Link SINRの劣化成分を構成するPower合成成分とVector合成成分の比率と送信機数増加によるDown Link SINR改善についての特徴 ~
望月拓志NEC
5G向けMassive-MIMO用Active Antenna Systemを最大定格出力から任意の出力まで下げて放射し... [more]
SDM, ED, CPM
(共催)
2022-05-27
15:50
ONLINE オンライン開催 物理リザバー計算系のための半導体非線形ダイナミックノードの検討
葛西誠也齋藤俊介北大ED2022-12 CPM2022-6 SDM2022-19
ニューラルネットを用いた時系列機械学習の枠組みの一つであるリザバー計算は,ネットワーク内部の設計や調整が不要でかつ要素ば... [more] ED2022-12 CPM2022-6 SDM2022-19
pp.21-24
PN 2022-03-01
16:10
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]非線形スペクトル変化によるシリコン導波路の内部構造モデリング手法の感度の向上
倉橋朋也牧野将之上川涼平小西 毅阪大PN2021-64
シリコン導波路デバイスをはじめ微細加工技術を用いた光デバイスの製造評価には内部構造のモデリングが重要であり,伝搬軸に沿っ... [more] PN2021-64
pp.60-64
ED, THz
(共催)
2021-12-20
14:55
宮城 東北大学・電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]マイクロ光コムを利用した低位相雑音テラヘルツ波発生
鐵本智大NICT)・永妻忠夫阪大)・Martin Fermannイムラアメリカ)・Gabriele NavickaiteMichael Geiselmannライジェンテック)・Antoine RollandイムラアメリカED2021-51
無線通信の継続的な利用周波数拡大等の要求に応えるため,300 GHz帯における低位相雑音発振器の必要性が増している.10... [more] ED2021-51
pp.16-19
 312件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会