お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2022-12-26
15:20
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]時間分解静電気力顕微鏡を用いた導電性有機薄膜の電荷追跡
松本卓也阪大OME2022-53
ナノ電子デバイス、太陽電池、触媒などで重要な電荷の動きを追跡する時間分解静電気力顕微鏡の技術と測定例を紹介する。AM-F... [more] OME2022-53
pp.13-18
IT 2013-05-24
13:35
福井 福井・あわら温泉 まつや千千 二次元積符号に対するSISO-OSDのブロックターボ復号の効率化
日下卓也菊元貴大岡山大IT2013-6
SISO-OSD は一般の線形符号に対して容易に実装可能ことが多いが, 二次元積符号のブロックターボ復号を多くのステージ... [more] IT2013-6
pp.23-28
IN 2011-06-16
17:05
愛知 愛知県立大学 [招待講演]社会の進化とオープンシステムディペンダビリティ(安心・安全) ~ 想定範囲が変わり続ける社会を支えるため情報ネットワークが担うべき役割 ~
齋藤孝文サイバー創研IN2011-38
技術革新は国土、経済、国家、生活など社会の様相を大きく進化させ、常に想定範囲を変え続けています。今回の大震災は、技術革新... [more] IN2011-38
pp.55-60
IT 2008-05-16
16:45
和歌山 和歌山大学 仮想アンテナを用いた情報伝送
末広直樹筑波大IT2008-7
仮想アンテナを用いた情報伝送を提案する.仮想アンテナを用いることにより,無線周波数利用効率が大幅に向上することを示す. [more] IT2008-7
pp.33-38
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-06
14:20
神奈川 YRP CR-OSDM伝送方式およびRayleigh Fadingチャネルでの性能
韓 承鎬橋本 猛電通大)・末広直樹筑波大RCS2007-222
OFDM技術は無線LANやディジタルTVなどに広く応用されているが,マルチパスチャネルにヌル点がある場合性能が著しく低下... [more] RCS2007-222
pp.217-222
NS, RCS
(併催)
2007-07-19
13:30
北海道 北見工業大 近似静的環境でのOSDM方式の研究
韓 承鎬電通大)・末広直樹筑波大)・橋本 猛電通大RCS2007-35
OFDM技術は高い無線周波数利用効率から無線LANやディジタルTVなどに広く応用されている.
しかし、OFDMシステム... [more]
RCS2007-35
pp.37-42
IN 2005-02-18
11:10
愛知 愛知工科大学 ATCAベースのオープンアーキテクチャルータ構成法と実現法の検討
宮坂武志青木道宏濱野貴文小川賢太郎葉原敬士茶木愼一郎NTT
近年のIPトラヒックの急激な増加,サービスの多様化により,これらを処理するルータに,経済的な大容量化や柔軟なサービス追加... [more] IN2004-189
pp.23-28
IT 2004-09-17
13:25
大阪 大阪産業大学 CRC及びOSD復号を用いたIrregular LDPC符号のエラーフロア低減法に関する一検討
郷内哲志大槻知明東京理科大
Irregular LDPC符号は低Eb/N0領域ではRegular LDPCよりも優れた性能を示すが,比較的高いエラー... [more] IT2004-43
pp.29-34
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会