お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2023-01-25
16:40
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス (大阪府)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Integrating Data Science and Open Data in Prostate Cancer Decision Support Platform Case study on Songklanagarind Hospital Statisticians
Nattawut ThongpimFaculty of Medicine, Prince of Songkla Univ.)・Sorawit KhumnaewnakChidchanok ChoksuchatFaculty of Science, Prince of Songkla Univ.)・Tanan BejranandaFaculty of Medicine, Prince of Songkla Univ.)・Korakot Wichitsa-nguan JetwannaSirima KanghaeFaculty of Science, Prince of Songkla Univ.)・Sureena MatayongFaculty of Engineering, Prince of Songkla Univ.IA2022-75
There are an increasing number of new cases’ prostate cancer... [more] IA2022-75
pp.49-53
PN 2021-03-02
14:55
ONLINE オンライン開催 SD-EONにおけるトラフィック状況を考慮した経路制御手法
吉山大翔馬場健一工学院大PN2020-58
年々増大するインターネットトラフィックを効率よく収容する技術として,エラスティック光ネットワー
クが注目されている.ま... [more]
PN2020-58
pp.92-97
ET 2020-03-07
11:25
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
中学生向けのリバーシの戦略学習プログラム
田中裕也宮武明義香川高専ET2019-99
2020年に,小学校でプログラミング教育が必修化される.それほど現代社会においてプログラミングは重要視されている.そこで... [more] ET2019-99
pp.131-134
IMQ, HIP
(共催)
2019-07-19
14:25
北海道 札幌市立大学 サテライトキャンパス 画角の異なる多視点映像からの人物同定法の検討
岸田嵩平・○堀田裕弘富山大IMQ2019-1 HIP2019-29
エリアデータを活用して都市の新たな付加価値創造を考えるためには,ICT利活用によるターゲットエリアの状態やニーズを収集す... [more] IMQ2019-1 HIP2019-29
pp.1-5
DC, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-06-12
13:20
鹿児島 指宿温泉 休暇村 指宿 Xilinx SDAccelによるART法の高速化
岡本泰明天野英晴慶大CPSY2019-14 DC2019-14
筑波大学により開発された宇宙輻射輸送計算用プログラムARGOTは、原始銀河形成のシミュレーションに用いられている。 AR... [more] CPSY2019-14 DC2019-14
pp.117-121
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:45
東京 電気通信大学 振り返り支援のための深層学習に基づく物体認識と手の移動軌跡に基づいた生活行動認識の検討
兒島宏樹阪工大)・大井 翔立命館大)・佐野睦夫阪工大BioX2018-51 PRMU2018-155
本研究室では高次脳機能障害者や高齢者に料理や掃除などの日常生活行動をベースとした認知リハビリテーション方式について研究を... [more] BioX2018-51 PRMU2018-155
pp.131-136
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
11:05
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 異なる画角を持つ多視点映像からの個人識別
岸田嵩平堀田裕弘富山大IMQ2018-61 IE2018-145 MVE2018-92
エリアデータを活用して都市の新たな付加価値創造を考えるためには,ICT 利活用によるターゲットエ リアの状態やニース... [more] IMQ2018-61 IE2018-145 MVE2018-92
pp.213-218
MW 2018-12-13
11:10
神奈川 神奈川大学 オープンスタブを用いた広帯域帯域阻止フィルタの設計
尤 天羽宋 安馬 哲旺大平昌敬埼玉大MW2018-117
本研究では、オープンスタブを用いた広帯域帯域阻止フィルタ(BSF)について、まずオープンスタブの数および配置方法によるフ... [more] MW2018-117
pp.19-24
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-05
10:20
広島 サテライトキャンパスひろしま Intel OpenCLを用いた3状態YOLOv2のFPGA実装について
佐田悠生下田将之佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2018-35
畳み込みニューラルネットワークは高い認識精度を持ち,様々な画像認識アプリケーションを組み込み機器へ応用することが期待され... [more] RECONF2018-35
pp.7-12
KBSE, SC
(共催)
2018-11-10
10:00
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 IoTアプリケーションのGPUオフロード時の並列処理部抽出とデータ転送回数低減手法
山登庸次野口博史片岡 操磯田卓万出水達也NTTKBSE2018-37 SC2018-32
私達は,オープンIoTに向け,ユーザが必要なデータを持つデバイスを動的に発見し,利用する,Tacit Computing... [more] KBSE2018-37 SC2018-32
pp.53-58
SP 2018-08-27
11:00
京都 京都大学 余弦級数包絡の複素wavelet分析に基づく簡易なGCI, GOIの検出法について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大SP2018-22
信号の位相の分析を目的に設計した余弦級数を包絡とする解析信号をマザーウェーブレットとする複素 analysis wave... [more] SP2018-22
pp.1-5
SC 2018-06-02
09:00
福島 会津大学 UBIC 3D Theater オープンIoTに向けたGPU自動オフロード技術の検討
山登庸次出水達也野口博史片岡 操NTTSC2018-10
近年,IoT技術が進展している.多彩なサービスを実現するために,デバイスとサービスを水平分離的に相互に利活用する,オープ... [more] SC2018-10
pp.53-58
PN 2018-03-05
17:05
鹿児島 南種子町商工会館 [招待講演]データセンタ間通信網における海底光ケーブル利用効率の向上方式
藤澤慎介竹下仁士柳町成行ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエルNECPN2017-100
クラウドサービスの普及によりグローバルに配置されたデータセンタ (DC) 間の通信トラヒックは継続的に増加傾向にある。グ... [more] PN2017-100
pp.61-66
DC 2018-02-20
09:30
東京 機械振興会館 2パターンテストにおける重み付き故障カバレージに関する一考察
新井雅之日大)・岩崎一彦首都大東京DC2017-77
半導体製造技術の微細化・高集積化に伴い,欠陥レベルの事前見積り値と実製品に対する値との乖離が問題となっている.著者らは,... [more] DC2017-77
pp.1-6
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-17
14:35
香川 高松センタービル 複数経路マルチキャストを利用した一対多ファイル転送へのゴシッピング導入
平良憲司鶴 正人九工大ICM2017-31
近年,クラウド化の進展によりデータセンタ間のデータの移動やコピーによるトラヒック量増加が問題となっている.
そのため,... [more]
ICM2017-31
pp.57-62
NS 2017-01-27
14:15
鹿児島 鹿児島市町村自治会館 複数経路マルチキャストを利用した一対多ファイル転送のスケジュール探索
岩本健志小川恭平鶴 正人九工大NS2016-153
クラウド化の進展に伴い,データセンタ間におけるデータやアプリケーションの分散重複配置等のための一対多ファイル転送の必要性... [more] NS2016-153
pp.71-76
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
12:40
宮城 東北大学 Feasibility Verification of Cycle Based Traffic Balancing Algorithm Using OpenDaylight
Mitsunobu HommaNorihiko ShinomiyaSoka Univ.NS2016-84
 [more] NS2016-84
pp.57-60
IE, EMM, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN
(共催)
(連催) [詳細]
2016-09-16
14:00
愛知 愛知県立大学(長久手キャンパス) LODのプロパティを考慮したマルチプルラベル伝搬アルゴリズムの検討
槇 俊孝髙橋和生若原俊彦山口明宏福岡工大)・小舘亮之津田塾大)・小林 透長崎大)・曽根原 登NIILOIS2016-24 IE2016-61 EMM2016-50
ラベル伝搬とは,隣接ノードは同じクラスに属するという仮定の下でノードにラベルを付与しクラス分類を行う半教師あり学習のこと... [more] LOIS2016-24 IE2016-61 EMM2016-50
pp.49-54
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2016-05-13
14:10
東京 東京大学駒場IIキャンパス An棟4階 中セミナー室1 CityDataのLODを対象としたマルチプルラベル伝搬アルゴリズムの適用手法
槇 俊孝髙橋和生若原俊彦山口明宏福岡工大)・一藤 裕長崎大)・曽根原 登NIILOIS2016-10
近年,行政や大学を中心にオープンデータに関する活動が活発化しており,特にLinked Open Data (LOD) が... [more] LOIS2016-10
pp.101-106
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-03
13:50
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) Implementing Multicasting Openflow Controller Based on Heuristic algorithm
Alaa AllakanyKoji OkamuraKyushu Univ.SITE2015-60 IA2015-92
Many group communication applications require multipoint com... [more] SITE2015-60 IA2015-92
pp.67-71
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会