お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2023-11-11
16:20
香川 香川大学 幸町キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
メカトロ可視化装置における教育効果の検証
池部怜奈荒金匡德西田麻美東京国際工科専門職大ET2023-34
ものづくりの設計思想やプログラミング学習の需要は,年々増加し続けている.初学者向けのメカトロ教育は,専門知識を省きつつ内... [more] ET2023-34
pp.56-60
IMQ 2023-10-20
13:30
茨城 筑波大学(計算機科学センター) 7つの旋回軸を持つメカナムホイールロボットの制御に関する研究
中川雄斗筑波大)・以後直樹東京情報デザイン専門職大)・星野 聖明大/筑波大IMQ2023-8
メカナムホイールロボットは,各車軸に対して45度の角度で樽形小型ローラーが配置された4つの車輪を持つ.4輪を独立に制御す... [more] IMQ2023-8
pp.1-5
CPM 2023-02-28
13:00
東京 東京工科大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
人工細胞膜系と顕微鏡観察系の融合による特性膜容量評価手法の確立
陰山弘典小宮麻希馬 騰平野愛弓東北大CPM2022-95
細胞膜中に包埋された膜タンパク質であるイオンチャネルは,イオンを選択的に膜透過させる機能を担っている.近年,いくつかのチ... [more] CPM2022-95
pp.39-40
EE 2023-01-19
16:05
福岡 九州工業大学(戸畑キャンパス 附属図書館AVホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LLC電流共振形コンバータのPWM制御 について ~ ディジタルPID制御の検証 ~
柳本 崇佐藤輝被大分大EE2022-40
パルス周波数変調(Pulse Frequency Modulation:PFM)方式によって動作するLLC電流共振形DC... [more] EE2022-40
pp.78-82
ET 2022-12-10
15:50
石川 JAIST 金沢サテライト + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
メカトロ可視化教育システムを用いたPID制御の動作検証
池部怜奈荒金匡德西田麻美IPUTET2022-50
専門的知識のない初学者にメカトロニクス技術を習得させるため,DCモータとサーボモータを組み合わせたメカトロ教材システム装... [more] ET2022-50
pp.58-63
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-24
13:00
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
受粉システムにおけるドローン間中継に適した感染制御通信の提案制御
黒澤達也日本工大)・木村共孝同志社大)・伊藤暢彦清水博幸平栗健史日本工大CQ2022-50
ハチの群れの代わりに小型ドローンを用いてトマトの花の受粉を行うシステムの開発が進められている.このシステムを実現するため... [more] CQ2022-50
pp.19-22
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-16
10:00
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
小型ドローンの受粉制御のためのエピデミック通信の最適化
黒澤達也日本工大)・木村共孝同志社大)・清水博幸平栗健史日本工大CQ2022-38
本研究では,小型ドローンを用いた受粉システムの開発を進めている.受粉システムでは通信方式としてエピデミック通信を用いるこ... [more] CQ2022-38
pp.80-84
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
10:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 情報鮮度を考慮した情報フローティングに基づく情報配信制御方式
池田優子小畑博靖広島市大)・謝 済全村瀬 勉名大)・石田賢治広島市大CQ2021-128
大規模な災害時において通信インフラが正常に機能しないときでも,情報を配信可能な方式である情報フローティングが提案されてい... [more] CQ2021-128
pp.154-159
CPM 2021-03-03
14:40
ONLINE オンライン開催 個別化医療のためのhERGチャネル薬物副作用センサの構築
渡辺恭也横田澪央加藤美生佐藤まどか但木大介小宮麻希山本英明東北大)・庭野道夫東北福祉大)・平野愛弓東北大CPM2020-72
細胞膜でのイオン流入を制御するイオンチャネルは、生体情報伝達における重要な膜タンパク質である。心筋のK+チャネルであるh... [more] CPM2020-72
pp.62-63
IA 2019-11-14
15:30
東京 関西学院大学 東京丸の内キャンパス(サピアタワー) [ポスター講演]Orchestration of a PID Controller Mechanism for Vertical and Horizontal Elasticity
Shaikh Mohammad FarabiKSU)・Khairul E FahimECITIA2019-32
The popularity of the cloud computing has been increased exp... [more] IA2019-32
pp.47-53
ICTSSL, IN
(連催) ※学会内は併催
2019-10-17
10:25
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 格子状道路網の情報フローティングにおける送信可能エリアの動的制御に関する考察
宮北和之成田郁也中野敬介新潟大ICTSSL2019-17 IN2019-31
情報フローティング(Information Floating: IF)は,エピデミック通信における情報送信を送信可能エリ... [more] ICTSSL2019-17 IN2019-31
pp.5-9
OFT 2019-10-11
12:20
新潟 駅まえオフィス貸会議室(新潟) 脂質膜を固定化したヘテロコア光ファイバの化学センシングへの応用
細木 藍国立遺伝学研)・西山道子久米川宣一渡辺一弘創価大)・矢田部 塁田原祐助小野寺 武杉山暁史九大)・櫻井 望国立遺伝学研OFT2019-38
本研究では、土壌中の根の近傍における化合物の検知を可能とするセンサデバイスの開発を目指す.根の周囲といった微小空間での化... [more] OFT2019-38
pp.33-36
EE, IEE-SPC
(連催)
2019-07-24
11:00
広島 広島工業大学 予測制御を用いたディジタル制御コンバータについて
住田令央佐藤輝被大分大EE2019-18
本論文では,ディジタル制御DC/DCコンバータにおける出力電圧を1次関数〜6次関数を用いて予測する制御アルゴリズムを提案... [more] EE2019-18
pp.7-12
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター Delay Tolerant Networkingにおけるバッテリ残量に基づく送信制御方式
小板橋由誉井上勇気内山翔太水野 修工学院大IN2018-106
移動端末のみを用いた通信方式としてDelay Tolerant Networking(DTN)が提案されている.DTNに... [more] IN2018-106
pp.133-138
CQ 2018-07-20
13:25
宮城 東北大学 TCP/AQMネットワークにおけるバッファ容量を考慮したキュー長制御アルゴリズムの検討
堀地亮佑久保亮吾慶大CQ2018-39
インターネットが普及し多くのデバイスが常に通信するようになった近年,通信トラヒックの総量は加速度的に増加しており,トラヒ... [more] CQ2018-39
pp.45-50
ICTSSL 2018-07-18
10:50
東京 NTT武蔵野研究開発センター [記念講演]情報フローティングと交通制御に関する研究
宮北和之中野敬介新潟大ICTSSL2018-24
エピデミック通信とは,移動端末間の直接無線通信と端末の移動により情報を拡散して宛先に情報を伝える手法である.情報フローテ... [more] ICTSSL2018-24
pp.45-50
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]コヒーレント量子PIDフィードバック制御
野尻裕紀山本直樹慶大
量子増幅器を用いると, 量子信号に対する能動的な微分器(Differentiator)と積分器(Integrator)を... [more]
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2018-03-05
15:20
栃木 鬼怒川温泉ホテル DTNにおける抑制的エピデミックルーティングの提案
佐藤裕真川端奈津子山崎康広大崎博之関西学院大SITE2017-69 IA2017-80
DTN ルーティングを高速化・高効率化するためには、メッセージを迅速に宛先
ノードに配送するとともに、配送が完了したメ... [more]
SITE2017-69 IA2017-80
pp.127-132
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-15
11:30
北海道 北海道大学 Stochastic Discrete Event Simulation Environment for Autonomous Cart Fleet for Artificial Intelligent Training and Reinforcement Learning Algorithms
Naohisa HashimotoAli BoyaliShin KatoAIST)・Takao OtsukaKazuhisa MizushimaManabu OmaeKeio UnivITS2017-66 IE2017-98
 [more] ITS2017-66 IE2017-98
pp.29-33
ICTSSL 2017-03-02
13:55
新潟 新潟大学 情報フローティングによる交通制御に関する考察
宮北和之中野敬介新潟大ICTSSL2016-70
エピデミック通信における移動端末同士の直接通信を限られた領域(送信可能領域:TA)だけで行わせることにより,特定の領域に... [more] ICTSSL2016-70
pp.5-10
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会