お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-22
15:35
ONLINE オンライン開催 ヒト走行挙動を模擬するバウンシング型モデルの構築に向けて ~ パラメータ同定法の提案 ~
大坪拓斗山仲芳和吉田勝俊宇都宮大NLP2021-114 MICT2021-89 MBE2021-75
両脚が同時に滞空する歩容を有し,斜面の動力エネルギーのみを利用して斜面を走行する方法を受動走行という.その 1 つの具体... [more] NLP2021-114 MICT2021-89 MBE2021-75
pp.199-204
EE 2021-01-25
10:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 性能計測情報を用いたプロセッサ電力推定におけるオンラインパラメータ決定手法
河口進一神奈工EE2020-26
運用中の計算機でのプロセッサは低負荷となる時間が多くを占める。このため低負荷時も含めた広い負荷範囲での電源効率化が求めら... [more] EE2020-26
pp.16-21
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-30
13:30
ONLINE オンライン開催 離散カオスシステムを用いた高次のIIR適応フィルタのパラメータ同定に関する基礎検討
荒井祐太朗杉田泰則坪根 正長岡技科大CAS2020-15 NLP2020-36
高次のIIR適応フィルタのパラメータ同定で誤差関数を最小にする戦略をとる場合,その誤差関数の構造が多峰性であることが多い... [more] CAS2020-15 NLP2020-36
pp.21-24
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
12:10
京都 京都テルサ ヒステリシス特性を有するアクセルペダルのモデル化に向けた検討
大沼研太山仲芳和宇都宮大)・高松秀樹トヨタ自動車)・吉田勝俊宇都宮大NLP2018-45 CCS2018-18
ドライバーにストレスや疲労を与えない操作系が必要とされている.その1つであるアクセルペダルでは,ペダル踏力とペダルストロ... [more] NLP2018-45 CCS2018-18
pp.97-101
ICM 2018-03-08
10:00
沖縄 沖縄青年会館 ネットワーク監視システムにおけるパラメータ設定の自動化
朱 韵成竹島由晃宮本啓生日立ICM2017-58
大規模業務システムの安定稼働のために,ネットワークトラフィック分析技術を活用したネットワーク監視システムが存在する.しか... [more] ICM2017-58
pp.19-24
EMM 2016-03-03
13:00
鹿児島 屋久島環境文化村センター Methods for Concavity Detection in Singular Spectrum
Jessada KarnjanaMasashi UnokiJAISTEMM2015-94
 [more] EMM2015-94
pp.105-110
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2015-05-21
14:45
大分 別府国際コンベンションセンター SE生産性向上に向けたサーバ構成情報と定数設計値との差分可視化技術の提案
横井直明鹿野裕明日立ICM2015-4
ITシステムの構築時における設定ミス発見のため,通常,SEは実機に導入されたソフトウェアのパラメータ設定が,設計値と一致... [more] ICM2015-4
pp.95-100
EMCJ 2015-04-28
15:00
栃木 宇都宮大 電力変換回路の伝導妨害波予測を目的とした線形等価回路モデルの検討 ~ スイッチング周波数変動影響の考察 ~
下司弘樹五百旗頭健吾岡山大)・渡辺哲史岡山県工技センター)・豊田啓孝岡山大EMCJ2015-5
電力変換回路における効率的な伝導妨害波低減設計実現を目的として,設計段階で伝導妨害波を予測する線形等価回路モデルを開発し... [more] EMCJ2015-5
pp.19-24
WIT, ASJ-H
(共催)
2015-02-13
15:30
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メルケプストラムによる収音距離を考慮した話者変化検知
立野真士上岡英史芝浦工大
モバイルデバイス環境下において高精度な話者識別を実現する為,声道特性の話者性をケプストラム情報から算出する手法が提案され... [more] WIT2014-76
pp.21-26
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-12
13:25
大阪 立命館大学 一般化平均二乗誤差最小化短時間振幅スペクトル推定法におけるパラメータのブラインド推定
脇坂 龍猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・高谷智哉トヨタ自動車EA2011-8 SIP2011-8 SP2011-8
本稿では,一般化平均二乗誤差最小化短時間振幅スペクトル(MMSE STSA)推定法において
ゲインの決定に必要なパラメ... [more]
EA2011-8 SIP2011-8 SP2011-8
pp.43-48
PRMU 2008-02-21
10:30
茨城 筑波大学 アフィン不変量を用いた欧文印刷住所画像の同定方式に関する提案
秋山達勇近藤克彦西脇大輔NECPRMU2007-215
アフィン不変量を用いた欧文印刷住所画像の同定方式を提案する.本方式においては,画像中の連結成分から抽出された重心の座標を... [more] PRMU2007-215
pp.7-12
SDM, VLD
(共催)
2006-09-26
10:50
東京 機械振興会館 ばらつき因子の大域的な同定と統計的ワーストケースモデルの生成方法について
永久克己岡垣 健谷沢元昭石川清志土屋 修ルネサステクノロジ
コンパクトモデルパラメータ抽出を含む新しいワーストモデル生成手法を提案する。本手法によれば、開発早期段階においてコンカレ... [more] VLD2006-41 SDM2006-162
pp.13-18
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会