お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-15
10:40
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
BLEビーコンを用いた病院施設内での行動履歴トレースシステムの開発に向けた位置補正手法の提案
岸添翔希篠宮紀彦創価大SeMI2022-39
本研究では,新型コロナウイルス発生時に感染者の行動履歴を把握する業務負担軽減を目的とし,BLEビーコンを用いて複数の受信... [more] SeMI2022-39
pp.83-86
IE, EMM, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2019-09-20
09:30
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 衛星測位と歩道情報に基づく歩行通路判定法
阿部裕文落合慶広瀬下仁志NTTLOIS2019-13 IE2019-26 EMM2019-70
人や車いす利用者のためのナビゲーションを行うためには,従来の通路単位の位置推定ではなく,通路の両側の歩道単位の位置推定が... [more] LOIS2019-13 IE2019-26 EMM2019-70
pp.53-58
CQ 2019-05-30
16:25
広島 広島市立大学 [招待講演]電波を用いた位置計測の特性
高橋 賢広島市大CQ2019-23
電波を用いた位置計測実験の結果を報告する.本報告は,ドップラレーダによる屋内2次元位置推定,船舶自動識別装置(AIS: ... [more] CQ2019-23
pp.57-62
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-22
16:10
香川 サンポートホール高松 屋内環境におけるBLEとカメラを用いた統合位置推定に関する一検討
酒井直樹衣斐信介三瓶政一阪大IT2017-82 SIP2017-90 RCS2017-296
本稿では,屋内環境において個人識別を行う際に活用する位置・個人情報取得のためにBLEとカメラを用いた統合位置推定手法につ... [more] IT2017-82 SIP2017-90 RCS2017-296
pp.161-166
IBISML 2017-11-10
13:00
東京 東京大学 エンタングルメント・エントロピーを用いた畳み込みニューラルネットワーク
江口 脩田中 勝福岡大IBISML2017-65
本稿では,エンタングルメント・エントロピーを用いて入力データの識別にとって不要な情報を削減する過程をもつCNNを提案する... [more] IBISML2017-65
pp.227-233
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-09
13:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 超指向性マイクロホンの収音位置同定手法
木村敏幸萩野広佑東北学院大EA2017-27
指向性マイクロホンと波面合成技術を用いた個人用三次元音場システムを実現するためには,超指向性マイクロホンを用いたマイクロ... [more] EA2017-27
pp.1-4
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
14:15
北海道 北海道大学 アクセスポイントへの接続の有無に着目した無線LAN位置特定システムの性能評価
宮林竜也間邊哲也埼玉大ITS2016-72 IE2016-130
本稿では無線LAN位置特定システムにおいて,アクセスポイント(AP)への接続の有無が位置特定性能に与える影響について実験... [more] ITS2016-72 IE2016-130
pp.393-398
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
10:45
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza テンソル分解に基づく音声表現とその言語識別・話者識別への応用
鈴木 颯齋藤大輔峯松信明東大EA2015-127 SIP2015-176 SP2015-155
本稿では、言語識別・話者識別を想定した音声の特徴量表現の新しい手法として、テンソル分解に基づく音声表現を提案する。近年、... [more] EA2015-127 SIP2015-176 SP2015-155
pp.341-346
SANE 2016-01-22
11:05
長崎 長崎県美術館 Polarimetric Circular SARを用いた船舶検出の基礎実験
徳武祐斗山口芳雄新潟大)・渡邉卓磨電中研)・山田寛喜佐藤亮一新潟大SANE2015-97
直線軌道で観測を行う SAR システムで取得された PolSAR 画像解析分野では,ビーム照射方向に対して 角度依存を持... [more] SANE2015-97
pp.87-92
ASN 2015-11-06
09:55
東京 NICT小金井本部 BLEタグを用いた屋内位置測位における周波数識別効果の評価
山口修平荒井大輔大岸智彦KDDI研ASN2015-69
O2O(Online to Offline)サービスの伸張に伴い,屋内においてスマートフォンの位置を安価かつ高精度に求め... [more] ASN2015-69
pp.103-108
RCS 2015-04-16
20:15
大分 湯布院・湯布郷館 [依頼講演]総務省 SIP自動走行 歩車間通信技術開発:中間報告
青山恭弘パナソニック)・南田智昭パナソニック システムネットワークス開発研RCS2015-7
歩行者事故削減のため、歩行者やドライバーに対して適切な状況・タイミングで注意喚起を行うことができる直接通信型歩車間通信シ... [more] RCS2015-7
p.33
PRMU, CNR
(共催)
2015-02-20
09:00
宮城 東北大学 位置情報に基づく加速度センサ端末の所有者同定
塩見昌裕萩田紀博ATRPRMU2014-135 CNR2014-50
本研究では,加速度センサを備えた端末を所有する人物を,環境内に存在する人々の中から同定する手法を提案する.具体的には,端... [more] PRMU2014-135 CNR2014-50
pp.103-106
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 赤外線画像認識によりユーザ位置を識別するテーブルトップシステム
須藤翔太渋沢 進茨城大
テーブルトップシステムは対面での協調作業を支援するシステムである. テーブルトップシステムにおいて, ユーザ位置の識別の... [more]
WBS 2012-10-26
13:25
京都 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 総合研究8号館(旧工学部8号館)3階Sホール OFDMのパイロット信号を活用した位置検出に関する一検討
松山智彦阪大)・東野武史奈良先端大)・塚本勝俊阪工大)・小牧省三マレーシア工科大WBS2012-30
本稿では,漏洩同軸ケーブル(LCX: Leaky Coaxial Cable)をアンテナとして用いて送受信するOFDM(... [more] WBS2012-30
pp.25-30
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-19
10:25
福岡 福岡大学 パッシブ型RFIDタグ位置推定のための再検知型通信境界法の提案
藤本まなと稲田充希和田友孝関西大)・六浦光一信州大)・岡田博美関西大USN2012-47
近年,ユビキタス社会を実現するための新たな識別情報源としてRFIDが注目されている.ユーザはRFIDタグの固有IDにより... [more] USN2012-47
pp.107-112
SAT, WBS
(併催)
2012-05-25
13:00
岩手 岩手県立大学 準天頂衛星を用いたロケーション・ショートメッセージ双方向通信システムのための無線アクセス方式の基礎検討
亀田 卓末松憲治東北大)・山形文啓釧路高専)・小熊 博富山高専)・高木 直坪内和夫東北大SAT2012-7
準天頂衛星はこれまで高精度な測位を実現するミッションのみを想定してきたが,東日本大震災を契機に,災害時にも対応できるロケ... [more] SAT2012-7
pp.35-40
NS 2012-01-27
16:00
沖縄 琉球大学 [奨励講演]MDTにおけるカバレッジホール統計的推定
泉川晴紀松中隆志岸 洋司KDDI研NS2011-175
筆者らは,セルラシステムなどの無線システムのカバレッジマップ/カバレッジホールマップを,受信信号強度や受信信号品質といっ... [more] NS2011-175
pp.175-178
EMCJ 2011-11-25
14:20
東京 電気通信大学 ケーブル接続された送受信機器のモード等価回路と同定 (その3)
豊田啓孝瀬島孝太五百旗頭健吾古賀隆治岡山大)・渡辺哲史岡山県工技センターEMCJ2011-91
我々は, モード等価回路による表現に着目し, モード変換に伴い生じる問題の発生メカニズムを明確にし, さらに, 効果的な... [more] EMCJ2011-91
pp.19-24
SANE 2011-10-19
10:15
海外 Udayana University, Bali, Indonesia Assessment of Variability in Target Scattering Mechanism Contribution in SAR Polarimetric Decomposition
Bindi Pradip ShastriCEPT University)・Ram Lal MehtaDr. Shiv MohanSAC, ISRO)・Professor Anjana VyasCEPT UniversitySANE2011-111
In the present study, full polarimetric L-band ALOS PALSAR c... [more] SANE2011-111
pp.259-268
IN 2011-06-16
12:30
愛知 愛知県立大学 パッシブRFIDタグ位置推定におけるデュアル型通信境界法
小田悠有希稲田充希中森絵美藤本まなと和田友孝関西大)・六浦光一信州大)・岡田博美関西大IN2011-29
近年,ユビキタス社会を実現するための新たな識別情報源として,RFID(Radio Frequency Identific... [more] IN2011-29
pp.1-6
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会