お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-12-16
11:45
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
General 5-component Scattering Power Decomposition with Unitary Transformation
Yoshio YamaguchiNiigata Univ.)・Gulab SinghIITB, India)・Ryu SugimotoAISTSANE2022-80
 [more] SANE2022-80
pp.85-90
SANE 2022-12-16
13:15
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Scattering power decomposition of dual-polarization SAR data: application to deforestation detection in tropical rainforests
Ryu SugimotoRyosuke NakamuraChiaki TsutsumiAIST)・Yoshio YamaguchiNiigata Univ.SANE2022-81
Polarimetric SAR (POLSAR) data acquired in a quad-polarizati... [more] SANE2022-81
pp.91-94
SANE 2022-12-16
13:55
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Study on Volume Scattering Model in Scattering Power Decomposition for PolSAR Data
Masato KawadaYamada HiroyoshiRyoichi SatoNiigata Univ.SANE2022-82
近年,マイクロ波リモートセンシングにおいて偏波合成開口レーダ(PolSAR) データを用いた地表面の分類が期待されている... [more] SANE2022-82
pp.95-99
AP 2022-10-19
09:30
岐阜 岐阜市文化センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]PolSARデータを用いた散乱電力分解法における市街地領域の誤分類改善に関する基礎検討
川田雅人山田寛喜佐藤亮一新潟大AP2022-108
近年,マイクロ波リモートセンシングにおいて偏波合成開口レーダ(PolSAR)データを用いた地表面の分類が期待されている.... [more] AP2022-108
pp.65-69
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
10:15
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
定振幅化・非直交多元接続OFDM無線通信システム
王 梓函張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-115
無線通信において,複数のユーザ信号を多重して送信する非直交多元接続(NOMA)は,周波数利用効率を大幅に改善できる.NO... [more] RCS2022-115
pp.102-107
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
12:40
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PolSARデータを用いた散乱電力分解法における市街地領域の誤分類に関する検討
鈴木雄大山田寛喜佐藤亮一新潟大AP2022-37 SANE2022-22 SAT2022-18
近年,マイクロ波リモートセンシングにおいて偏波合成開口レーダ(PolSAR)データを用いた地表面の分類が期待されている.... [more] AP2022-37 SANE2022-22 SAT2022-18
pp.17-21(AP), pp.1-5(SANE), pp.7-11(SAT)
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-07
13:15
ONLINE オンライン開催 [記念講演]An Accuracy Reconfigurable Vector Accelerator based on Approximate Logarithmic Multipliers
Lingxiao HouYutaka MasudaTohru IshiharaNagoya Univ.VLD2021-83 HWS2021-60
 [more] VLD2021-83 HWS2021-60
p.43
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-04
15:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]偏波SARデータを用いた散乱電力分解法の基礎について
佐藤亮一山口芳雄山田寛喜新潟大EMT2021-35
本報告では,偏波SARデータ利用の分野において,広く利用されている散乱電力分解法について紹介する. Freemanらが提... [more] EMT2021-35
pp.36-40
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
11:05
北海道 北海道大学 A Study on PAPR Reduction for MU-MIMO using Blind Selected Mapping
Amnart BoonkajayFumiyuki AdachiTohoku Univ.RCS2017-135
 [more] RCS2017-135
pp.215-220
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2017-05-19
13:20
海外 南洋理工大学 [招待講演]2.5D Method of Modeling and Simulation for Signal/Power Integrity of High Speed Electronics
En-Xiao LiuSiping GaoHui Min LeeA*STAR IHPCEMCJ2017-19
Electromagnetic characteristics related to signal integrity ... [more] EMCJ2017-19
p.67
SANE 2016-10-21
10:40
大阪 大阪工業大うめきたナレッジセンター Web Archive for Polarimetric Scattering Decomposition Images
Yoshio YamaguchiNiigata Univ.SANE2016-44
 [more] SANE2016-44
pp.29-34
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-21
11:10
北海道 小樽マリーナ 2016年熊本地震におけるALOS2データを用いた多偏波画像解析
石黒敬典山口芳雄山田寛喜佐藤亮一新潟大SANE2016-24
合成開口レーダ (Synthetic Aparture Radar : SAR) を用いたリモートセンシングは, 昼夜・... [more] SANE2016-24
pp.15-20
PN 2016-03-07
15:00
沖縄 沖縄県青年会館 [奨励講演]機械学習制御に基づくルータの低消費電力化
川瀬弘嗣森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大PN2015-111
本稿では,大規模IPルータの低消費電力化へ向けた,ルータ性能の動的性能制御手法を提案する.提案手法は,機械学習手法の一つ... [more] PN2015-111
pp.47-51
SANE 2015-10-30
11:25
大阪 大阪工業大うめきたナレッジセンター 全偏波SARデータを用いた土砂災害の調査
柴山卓史山口芳雄山田寛喜新潟大SANE2015-42
現在,複数の人工衛星搭載型合成開口レーダ(SAR)が運用されており,観測データは地球科学的な諸現象の調査・研究に用いられ... [more] SANE2015-42
pp.7-12
PN 2015-09-01
09:00
北海道 旭岳万世閣ホテルベアモンテ 機械学習制御に基づくルータの低消費電力化
川瀬弘嗣森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大PN2015-16
本稿では,大規模IPルータの低消費電力化へ向けた,ルータ性能の動的性能制御手法を提案する.提案手法は,機械学習手法の一つ... [more] PN2015-16
pp.31-35
EE, WPT
(併催)
2014-11-18
10:50
京都 同志社大学 電磁界共振式ワイヤレス給電のためのLC共振器最適配置同定法の実験検証
土井達也足利工大WPT2014-52
筆者は,磁界共振式ワイヤレス給電システムにおいて目的とする給電空間生成ためのLC共振器最適配置同定法を提案し,等価回路を... [more] WPT2014-52
pp.13-16
RCS 2014-06-17
16:30
沖縄 沖縄県青年会館(那覇) MIMO-SVDにおけるアンテナ毎電力制約条件下での総送信電力最小化
熊谷慎也東北大)・安達宏一Sumei SunI2R)・安達文幸東北大RCS2014-54
本報告では,Multiple-Input Multiple-Output (MIMO)伝送において,所要レートを満たしつ... [more] RCS2014-54
pp.125-130
SANE, SAT
(併催)
2013-02-22
14:45
沖縄 沖縄県青年会館 A New Model-Based Scattering Power Decomposition Method for Polarimetric SAR Data
Yi CuiYoshio YamaguchiHirokazu KobayashiSang-Eun ParkNiigata Univ.SANE2012-162
In this report, we will introduce a new model-based scatteri... [more] SANE2012-162
pp.79-86
SANE 2012-08-24
14:10
新潟 新潟大学(ときめいと) [特別講演]偏波レーダデータの散乱電力分解について
山口芳雄新潟大
偏波レーダでは散乱行列が取得されるのでターゲットから得られる情報量が多い.今まで,いかに全ての偏波情報を利用するかという... [more]
SANE 2012-05-18
15:20
神奈川 防衛大学校 Three-Component Power Decomposition for Polarimetric SAR Data Based on Adaptive Volume Scattering Model
Yi CuiYoshio YamaguchiHirokazu KobayashiSang-Eun ParkGulab SinghNiigata Univ.SANE2012-18
In this paper, the three-component power decomposition for p... [more] SANE2012-18
pp.41-46
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会