お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2023-03-16
15:35
群馬 前橋工科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CNNに基づく知覚ハッシュの枝刈りによるモデル圧縮
三品翔大森住哲也木下宏揚神奈川大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2023-03-03
16:20
北海道 はこだて未来大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Collaborative Intelligence for Transformer-Based AI Systems
Monikka Roslianna BustoShohei EnomotoTakeharu EdaNTT SIC
 [more]
PRMU 2022-12-15
14:25
富山 富山国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
活性化関数の出力誤差に基づくDNN圧縮法
菅間幸司和田俊和和歌山大PRMU2022-38
Deep Neural Network(DNN)は機械学習の分野における主要技術の一つである.しかし,DNN を利用する... [more] PRMU2022-38
pp.34-39
PRMU 2022-12-16
14:10
富山 富山国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Data Pruningにおけるサンプリング戦略
東 遼太和田俊和和歌山大PRMU2022-48
Data Pruningは学習後の精度を維持するように訓練サンプル全体から一部を選択する手法である.識別モデルの学習では... [more] PRMU2022-48
pp.85-90
IBISML 2022-09-15
15:05
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数の参照解を利用したSafe Pattern Pruningにおける正則化パス計算の効率化
吉田拓未名工大)・花田博幸理研)・中川和也鈴村真矢Onur Boyar岩田和樹名工大)・志村 駿田中優次名大)・烏山昌幸名工大)・田地宏一名大)・津田宏治東大/理研)・竹内一郎名大/理研IBISML2022-38
高次元の特徴量を$L_1$正則化学習によって効率的にモデル化するための手法として Safe Screening や Sa... [more] IBISML2022-38
pp.39-46
PRMU 2022-09-14
16:00
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Convolutional Skip Connectionを用いた分岐構造を持つDNNの圧縮法
菅間幸司和田俊和和歌山大PRMU2022-16
Deep Neural Network(DNN)はコンピュータビジョンにおける主要技術の一つであるが,その計算コス トの... [more] PRMU2022-16
pp.37-42
PRMU 2022-09-15
10:00
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
One-cut Network Pruning at Initialization with Explainable Image Concepts
Yinan YangRits Univ.)・Ying JiNagoya Univ.)・Yu WangHitotsubashi Univ.)・Jien KatoRits Univ.PRMU2022-18
 [more] PRMU2022-18
pp.49-54
RECONF 2022-06-08
15:25
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
冗長計算分析とFPGA加速に基づいたコンパクトかつ高速なCNNの実現
李 祺李 恒毅孟 林立命館大RECONF2022-21
近年、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は優れた識別性能で幅広い範囲で応用され、注目されている。しかし、CNNモデ... [more] RECONF2022-21
pp.89-94
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-24
15:55
ONLINE オンライン開催 蒸留とレイヤー枝刈りによるエッジデバイス推論処理の高速化について
市川雄樹神宮司明良倉持亮佑中原啓貴東工大VLD2021-58 CPSY2021-27 RECONF2021-66
Deep Neural Network(DNN) はパラメータ数や計算量が多く,計算資源の限られるエッジデバイスでの活用... [more] VLD2021-58 CPSY2021-27 RECONF2021-66
pp.49-54
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
09:45
ONLINE オンライン開催 Sparsity-Gradientを用いた深層学習モデルの圧縮とVitis-AIへの実装
李 恒毅岳 学彬孟 林立命館大VLD2021-22 ICD2021-32 DC2021-28 RECONF2021-30
本論文は Sparsity-Gradientを用いたニューラルネットワークモデルのプルーニング手法を提案し、そして、Vi... [more] VLD2021-22 ICD2021-32 DC2021-28 RECONF2021-30
pp.31-36
MBE, NC
(併催)
2021-10-28
15:30
ONLINE オンライン開催 ニューロンの球面クラスタリングによる深層ニューラルネットワークモデル圧縮
坂本 慎置田真生伊野文彦阪大NC2021-22
本論文では,深層ニューラルネットワーク(DNN)推論モデルの精度を維持しながらメモリ使用量および 計算量を削減する手法と... [more] NC2021-22
pp.22-27
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
09:25
ONLINE オンライン開催 パリティチェックの配置による枝刈りを用いたPolar符号の逐次除去リスト復号
大木湧介柴田 凌八嶋弘幸東京理科大IT2020-112 ISEC2020-42 WBS2020-31
本研究では,送信情報の中に偶数パリティチェック条件を満たすようにpruning bitを加えPolar符号化を行い, 逐... [more] IT2020-112 ISEC2020-42 WBS2020-31
pp.1-6
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-22
17:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 畳み込みニューラルネットワークを用いた単眼深度推定のFPGA実装について
佐田悠生下田将之佐藤真平中原啓貴東工大VLD2019-66 CPSY2019-64 RECONF2019-56
深度推定は3次元のシーン解析に不可欠であり,ロボティクスや自動運転,ドローンなどで活用されている.
近年の畳み込みニュ... [more]
VLD2019-66 CPSY2019-64 RECONF2019-56
pp.73-78
PRMU 2019-10-18
10:45
東京 東京大学 [ショートペーパー]An attribution-based pruning method for single object detection network
Rui ShiTianxing LiYasushi YamaguchiUTokyoPRMU2019-34
 [more] PRMU2019-34
pp.17-20
EMM, IT
(共催)
2019-05-24
14:20
北海道 旭川市国際会議場 Parity CheckによるList Pruningを用いたPolar符号の逐次除去リスト復号の高速化
大木湧介柴田 凌細谷 剛八嶋弘幸東京理科大IT2019-14 EMM2019-14
本研究では, 送信情報の中に偶数パリティチェック条件を満たすように pruning bit を加えPolar符号化を行い... [more] IT2019-14 EMM2019-14
pp.73-78
RECONF 2019-05-10
10:00
東京 東工大蔵前会館 マルチパス構造を持つ意味的領域分割モデルのFPGA実装
佐田悠生下田将之佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2019-10
畳み込みニューラルネットワークは高い認識精度を持ち,様々な画像認識アプリケーションを組み込み機器へ応用することが期待され... [more] RECONF2019-10
pp.49-54
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
09:55
東京 電気通信大学 活性値を考慮したニューラルネットワークのニューロン削除手法
山田雅大萩原将文慶大NC2018-64
本論文では,活性値を考慮したニューラルネットワークのニューロン削除手法を提案する.本手法で
は,ニューロンを削除(Pr... [more]
NC2018-64
pp.111-116
IA, IN
(併催)
2018-12-13
14:45
広島 広島大学 東千田未来創生センター ネットワーク構成情報を考慮したネットワークログ因果解析の検討
小林 諭NII)・大友一樹東大)・福田健介NIIIA2018-40
大規模ネットワークの障害における原因究明支援の実現には、運用データから文脈的情報を自動抽出する必要がある。これを実現する... [more] IA2018-40
pp.1-8
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-05
10:20
広島 サテライトキャンパスひろしま Intel OpenCLを用いた3状態YOLOv2のFPGA実装について
佐田悠生下田将之佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2018-35
畳み込みニューラルネットワークは高い認識精度を持ち,様々な画像認識アプリケーションを組み込み機器へ応用することが期待され... [more] RECONF2018-35
pp.7-12
ISEC 2018-09-07
12:00
東京 機械振興会館 [招待講演]Extreme Pruningを用いた格子点探索アルゴリズムにおける計算量の下限について (from Crypto 2018)
青野良範NICT)・Phong Q. Nguyen東大)・清藤武暢日本銀行)・四方順司横浜国大ISEC2018-56
Crypto2018において発表した同タイトルの論文の解説を行う.2010年のEurocryptにおいてGama,Ngu... [more] ISEC2018-56
p.29
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会